SEOコンサルタント募集中

GoogleアナリティクスにSearch Consoleを連動させる方法

GoogleアナリティクスにSearch Console

Googleが運営するGoogleアナリティクスにウェブマスター用のサイト管理を行うSearch Consoleを連動させる方法をご紹介しています。

  • Googleアナリティクス→ウェブサイトの流入を分析するツール
  • Search Consoleの検索クエリ→Googleの検索エンジンの情報を分析するツール

この2つを掛け合わせることによってGoogleアナリティクスにはない、Googleの検索エンジン上のクリック率(CTR)等と連動させることによってより自社(自身)のウェブサイト分析を楽に、そして多角的に分析できるようにします。Search Consoleが分からない方は、「Search Console使い方・マニュアル」も一度確認してください。

【目次】

それでは始めていきます。

 

SPONSORED LINK

1.登録を行う

登録を行う

GoogleアナリティクスにSearch Consoleを連動させるメリットは以下の通りです。

  • Googleでの検索サイト掲載順位の向上に役立つ(SEO分析に有効)
  • 検索上のクリック率(CTR)が高いものが分かる
  • 検索上のクリック率(CTR)が低いものが分かる
  • クリック率が低いウェブサイトのキーワードが分かる

それでは、登録を行っていきますが、Googleアナリティクスに登録を行い、Search Consoleに自社(自身)ウェブサイトを登録しなければ連動はありません。おそらくですが、このページを確認いただいている方は不要だと思いますが、以下2つのサイトは登録しておきましょう。

 

1-1.Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクス

Googleアカウントがあればすぐに始められます。Googleアナリティクスのコードを自社(自身)ウェブサイトに適用する形となります。Googleアナリティクス公式サイトはこちら

 

1-2.Search Consoleの登録

Googleサーチコンソール

こちらもGoogleアカウントがあればすぐに始めることが可能です。Search Consoleでウェブサイトを認証する作業になります。両方とも当たり前ですが、サイト管理者でなければ登録できませんので、ご注意ください。Google Search Consoleの公式サイトはこちら

 

2.Googleアナリティクスから連動させる

Googleアナリティクスにログインを行いSearch Consoleと連動させます。

 

2-1.Googleアナリティクスの「検索クエリ」をチェックする

検索クエリ

GoogleアナリティクスTOP>集客>検索エンジンの最適化>検索クエリ

上記画像のようなページにまず行く必要があります。「Search Consoleのデータの共有の設定」のボタンをクリックして、次のページに行きます。

 

2-2.プロパティの設定から「Search Consoleを調整」をクリックする

プロパティの設定

「Search Consoleを調整」をクリックすると、初めに上画像のプロパティの設定のページに飛んでいきます。その一番下にある「Search Consoleを調整」(下画像)をクリックしてきます。

Search Consoleを調整

 

2-3.Search Console の設定

Search Console の設定

上画像のSearch Console の設定の画面に移動し、Googleアナリティクスから以下の文面が表示されます。

Search Console のサイト
ウェブ プロパティが Search Console で確認されたウェブサイトであり、そのウェブサイトの所有者であれば、ここで Search Console のデータを関連付けることができます。Google アナリティクスでは一部のレポートでそのデータを表示することができます。

その下にある(編集)のボタンをクリックすると、Search Consoleにログインしていない場合はログイン画面へ、ログインしている場合は以下のような選択画面に画面が移動します。

サーチクローム選択画面

※赤枠の部分にアナリティクスに登録したサイト名が出ていることを確認しておきましょう。またSearch Consoleにウェブサイトを承認していない場合はアカウントを持っていても表示はありません。

 

2-4.Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する

Google アナリティクスで Search Console のデータを使用

ここで、アナリティクスの設定を行っているドメインとSearch Consoleで設定したウェブサイトのドメインの関連付けを行います。(複数のウェブサイトを運営している場合は間違わないように、注意しておきましょう。)

Search Console画面で連動するドメインにチェックを入れて「保存」をクリックします。

関連付けさせる

初めて関連付けさせる場合も以下の文章が出ますので、「OKボタン」をクリックします。

新しい関連付けを保存しようとしています。このウェブ プロパティに対する既存の Search Console の関連付けは削除されます。

 

2-5.Googleアナリティクスの「Search Console の設定」に戻り「完了」

「Search Console の設定」に戻り「完了」をクリック

Search Consoleの関連付けが終了したら、Googleアナリティクスの「Search Console の設定」に戻り「完了」をクリックします。

再度「Search Consoleの調整」をクリックして連動しているかを確認してみましょう。

連動しているかを確認

 

2-6.設定を保存する

最後にGoogleアナリティクスの「プロパティ設定」を「保存」してSearch Consoleとの関連付けが完了します。

「プロパティ設定」を「保存」する
 

3.Search Consoleとの連動を確認する

Search Consoleとの連動を確認

改めてページを確認してみます。

Googleアナリティクス>検索エンジンの最適化>検索クエリ

上画像のような画面が出ていれば設定完了となります。この検索クエリはGoogleの検索エンジン上で表示されている検索キーワードについて分析することができるツールです。

 

4.検索クエリの分析方法

検索クエリ分析

検索クエリはユーザーが検索してキーワードを軸に以下のことが分かります。

  • 表示回数:Googleの検索上に表示があった総数
  • クリック率:Googleの検索ページから登録しているドメインにクリックがあった数
  • 平均掲載順位:そのキーワードの平均的な掲載順位を表す
  • CTR:クリック率のこと(クリック率÷表示回数×100)

このGoogleアナリティクスと連動した結果得た「検索クエリ」の一番確認したいことは、自社(自身)のウェブページと関連するキーワードが取得できる点にあるといえます。SEOで上位表示を狙っているキーワードがある場合は、関連キーワードをチェックすることに役立ちます。

 

4-1.ランディングページのレポート

ランディングページのレポート

ランディングページのレポートでは、キーワードだけではなく、ウェブページ(URL)に対してのCTRや平均順位を確認することが可能になります。

CTRの割合が低いページは上位表示されていない、適正なTitleの設定・ディスクリプションの設定ができていない、ページの内容が悪いなど様々な問題はありますが、SEOの改善する余地があるページを発見することができます。

 

【低いCTRの場合のページチェック項目】

  • Titleタグの設定は適切か、またはクリックされるような魅力的な内容か
  • ディスクリプションの設定は適切か、またはクリックされるような魅力的な内容か
  • ウェブページ内のコンテンツの品質は良いか
  • 検索キーワードのニーズにページの内容が合っているか

上記のような項目がチェック項目となります。CTRが高いページ、またはCTRが低いページから見直してみてください。

※別途「地域別サマリー」のページがありますが、ワールドワイドすぎるので、全世界からの流入データが分かります。こちらは省略しておきます。

 

まとめ

まとめ

SEOのテクニックがあまり使えない昨今では、自社(自身)のウェブサイトを分析することが売上やコンバージョンを上げるために必要な要素となります。

基本的・初歩的なことですが、GoogleアナリティクスにSearch Consoleを連動をさせること、またSearch Consoleにウェブサイトを登録することは必ず行っておきましょう。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*