看護師の転職準備

一度辞めてから?看護師が働きながら転職活動をするコツや注意点!

看護師として病院や施設に勤務し、働きながら転職活動することは可能だといえ、一般的に行っている看護師が多いと言えます。

また、働きながら転職活動を行うことで、不利にも有利にもなることはありません。

看護師のアンケート結果や転職活動を行うコツ、働きながら転職活動を行う注意点、メリット・デメリットを説明していきます。

おすすめの転職サイト3選
順位転職サイト名評価登録
おすすめ1位 看護のお仕事 3.9無料登録
おすすめ2位マイナビ看護師3.8無料登録
おすすめ3位ナースではたらこ3.7無料登録

働きながら看護師転職する実態

働きながら看護師転職する実態

看護師として病院・施設等に勤務しながら、働きながら転職することは可能です。

しかし、中には「働きながら転職することは難しい」「働きながらは転職することは辛い」「無理だ」という声も良く聞かれます。

看護師転職活動時の退職状況関係性データ

転職を経験した看護師202名に「働きながら看護師転職を行った経験がありますか?」という独自のアンケート調査では以下のような回答でした。

働きながら看護師転職を行った経験がありますか?

働きながら転職を行った経験がある74.2%(150名)
一度、辞めてから転職した25.8%(52名)
  • 調査期間:2021年11月
  • 対象:転職経験がある看護師免許保有者
  • 調査実施:株式会社peko(はたらきナース運営)
  • 有効回答数:202件

約7割以上の看護師が働きながら転職活動を行った経験があります。

また、同時に「一度の転職先が決まりましたか?」という回答に対しては、「一度辞めてから転職した」看護師は89.2%で転職先が決定し、「働きながら転職活動を行った看護師」は、82.5%で転職先が決定しています。

転職先が決定しなかった理由としては、

  • 現在の勤務先で働き続けることにした
  • 正社員ではなくパート・アルバイトや派遣で働くことにした
  • しばらく休むことにした

以上のような回答となりました。

一度勤務先を辞めてから看護師転職を行った方が、転職先が決定する確率が高くなりますが「現在の勤務先で働き続けることにする」という選択肢がない結果だと言えます。

つまり、働きながら看護師転職しても、一度辞めてから転職しても変わりはないと言うことになります。

病院・施設の採用担当者にはどう思われる?

病院・施設の採用担当者にも、もちろんよりますが、一般的には勤務中に応募し、仕事と転職活動の両立で、働きながら行っている看護師の方が多いため、悪い印象は一切ありません

そのため、一度辞めていても、働きながら転職しても応募先施設に与える印象は変わらないでしょう。

しかし、辞めてからの空白の期間が長い場合(2、3ヶ月以上)、彩桜担当者は、以下のような懸念を持つ場合があり、注意しましょう。

  • 空白の期間が長いけどどうしたのだろう
  • 看護師として働く意識は大丈夫だろうか
  • 職場でトラブルがあったのではないか

以上のことを疑われる可能性がありえます。

また、新人看護師の転職や、臨床経験が3年未満の転職の場合は、一度辞めてから転職を行った方が印象は良いと言えます。

理由として、臨床経験3年未満の場合は、何かしらのトラブルがあったと思われるからであり、トラブルを抱えたまま転職活動を行っていると疑われるためです。

働きながらの看護師転職は難しい?

働きながら看護師転職を行う場合、勤務をしながら転職を行うため、プライベートの時間に転職活動を行わなければならず、忙しくなります。

そのため以下、看護師が働きながら転職活動をする難しさだと言えます。

  • 夜勤が多くプライベートの時間を取ることが出来ない
  • 退職することに時間が掛かりそうで難しい
  • 面接などのスケジュール調整が大変になる
  • 子育てしている場合には仕事・家庭・転職の3つになり難しい

看護師として勤務している場合には、時間が取れないため、働きながら看護師転職するのは難しくなります。

働きながら転職活動を行う場合は、看護師転職サイト(看護師転職エージェント)を利用している看護師が全体の49.4%となっており、約5割以上の看護師が利用しています。

どの求人媒体を利用して転職活動しましたか?

一方、辞めてから転職する看護師の利用率は34.3%となっており約30%差がありました。

そのため、働きながら看護師転職を行う場合は、看護師の希望条件による求人の提案・紹介、面接時のアポイント設定、面接対策・同行、入職手続き代行などを行ってくれる看護師転職サイトの利用が必須とも言えます。

おすすめの看護師転職サイト5選

働きながら看護師転職するメリット・デメリット

【看護師が感じたメリット】

  • 生活費などの経済的な心配が少ない
  • 転職を辞めても良いのでゆっくり検討できる
  • 空白の期間がないので履歴書の職務経歴が困らない
  • 面接での印象が良かった
  • 上司の引き止めに合いにくかった
  • 仕事時間が切れずにモチベーションが保つことが出来た

【看護師が感じたデメリット】

  • 上司から引き止めに合い困った
  • とにかく忙しく仕事に転職にと、とてもハードだった
  • 休日しか時間を割くことができず大変だった
  • 在職している病院に少なからず迷惑をかけた
  • 引き継ぎの時間が少なく大変だった
  • 病院を調べたりする時間があまり取れなかった

働きながら看護師が転職する場合は、なるべく円満に退職することがコツです。

また、看護師不足のため内定を貰ってから勤務先に退職の報告をした場合、引き止められる場合も多いと言えるでしょう。

思わず、内定先が決まっていることを報告する場合と、転職するかわ分からないと伝えている場合とでは、メリット・デメリットの状況が違うようです。

上司へ退職理由を伝えることも働きながら転職する場合には重要になります。

そのため、働きながら転職活動を考える場合は、報告を行ってから、退職予定日がいつになるのかを確認し転職活動のスケジュールを立てることが大切です。

看護師転職するスケジュールと期間

辞めてから看護師転職するメリット・デメリット

【看護師が感じたメリット】

  • 自分のペースで転職活動が進められました
  • 仕事を一度辞めたことでリフレッシュできました
  • 採用されたらすぐに働くことができた
  • 転職活動に時間を掛けられました
  • ハローワークで失業手当を貰うのもありかなと思い、のんびり転職活動できました

【看護師が感じたデメリット】

  • 生活費を稼がないといけないので少し転職に焦りが出た
  • 雇用保険や年金の手続きもあり大変だった
  • 半年ぐらいゆっくりしていたので、面接で説明することにとまどった

辞めてから転職する場合でも、看護師は人材不足も影響して資格を利用すれば、そこまで「内定が取れないかもしれない」という不安は少ないと言えます。

デメリットとして、一番多かった意見は「お金」や「税金・保険関係」の手続きの面となります。

働きながら看護師転職するコツと注意点

働きながら看護師転職するコツと注意点

スケジュールには余裕をもつこと

働きながら転職活動を行った場合のスケジュール例は以下の通りです。

看護師転職するスケジュールと期間

ポイントは、自分の都合で決定することが難しい「面接」と「退職」です。

上画像は、3ヶ月程度で転職するスケジュールですが、思ったより時間がないことが分かります。

そのため、不安な方は4ヶ月から5ヶ月程度で転職のスケジュールを組むと良いでしょう。

さらに詳しくは以下を確認してください。

看護師の転職6つの準備・スケジュール

転職までの期限を決めておくこと

働きながら看護師転職活動を行う場合、強い希望があれば別ですが、日々の忙しさのあまり転職活動が長引いてしまう場合があります。

そのため、「3ヶ月後には退職希望を伝え、5ヶ月後には転職する」等の自分なりの目標を決めておくと良いでしょう。

ただし、感情的に転職したいという思いから行動してしまうことは、おすすめできません。

冷静に活動を行いましょう。

面接日はできる限りまとめて行うこと

働きながら転職する場合、面接日を詰め込んでしまうと忙しくなると思わるかもしれませんが、逆となります。

面接日を出来る限りまとめて行う理由としては、「病院・施設の内定を選択することができる」からです。

看護師の場合、面接後1週間以内に合否がおそらく分かります。

内定の返事は2,3日で返答しなければならず、待ってくれた場合でも1週間や2週間程度となります。

また、病院・施設の内定選択の中で、退職日も決める必要があるため注意しましょう。

内定から入職まで待ってもらう場合でも最大2ヶ月程度だと思っておきましょう。

有給休暇を利用すること

このタイミングで有給休暇を利用して、転職活動を行いましょう。

特に、面接日などに有給休暇を使い、1日に2件から3件程度面接のアポイントを入れることがおすすめです。

職場の人間に退職・転職を伝えないこと

働きながら看護師転職する場合、あなたが忙しくしている姿を見て、同僚から心配され、つい転職のことを話してしまう場合があります

出来れば、仲の良い同僚にも伝えることは避け、転職時に起こるトラブルは回避しておきましょう。

ご存知の通り、特に病院内の噂は広がりやすく、転職活動に支障が出る恐れがあります。

現在の勤務先に迷惑をかけないこと

働きながら転職活動を行うことは悪いことではありません。

しかし、現在の勤務先に迷惑をなるべくかけないよう、通常通りの仕事を行いましょう。

また、上司に退職が決まった場合には以下のことを注意しましょう。

  • 同僚への報告は上司の許可を貰ってから伝えること
  • 引継ぎは、100%指示に従い行うこと

さらに詳しくは以下を確認しておきましょう。

看護師の円満退職ガイド

関連リンク

看護師の転職準備

良くある質問

不利にも有利にもなりません。

働きながら転職活動を行う看護師も多く、採用担当者の印象も変わりません。

ただ、臨床経験が3年未満の新人看護師の場合などは、一度退職してから転職活動を行った方が印象は良いでしょう。

 

スケジュールがスムーズに言った場合で3ヶ月ぐらいの期間です。

そのため、4ヶ月から5ヶ月ほど見ておくと良いでしょう。

看護師で病院等に勤務している場合、退職を伝えてからどれぐらいで辞められるかによって、転職スケジュールが大きく変わります。

まとめ

働きながら看護師転職する方は多く、看護師たちのメリット・デメリット、転職活動を行うコツを確認しながら行いましょう。

また、転職のスケジュールを立てることや、転職するための目的を明確にする自己分析などは行っておきましょう。

辞めてから転職する場合も、働きながら転職する場合も焦らず、妥協しない転職を行うように心がけましょう。

お世話になった勤務中の病院・施設を配慮しながら、効率的な転職活動を行いましょう。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師転職求人

看護師転職サイト

看護師の履歴書

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師転職後の悩みやトラブル

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

勤務先別の看護師転職

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。