看護師の円満退職ガイド

看護師の退職理由の伝え方!うまく上司(師長)に伝える方法と例文集

勤務先の上司(師長)に退職理由を説明し、退職希望日を伝えることはとても勇気が必要です。そのため、退職の意志を伝える注意点から、伝えてはいけないこと、円満に退職できる退職理由、伝え方の例文集を説明していきます。

また面接時の退職理由については「看護師面接時の退職理由はどう伝える?好印象の伝え方<例文集>」を確認してください。

おすすめの転職サイト3選
順位転職サイト名評価登録
おすすめ1位 看護のお仕事 3.9無料登録
おすすめ2位マイナビ看護師3.8無料登録
おすすめ3位ナースではたらこ3.7無料登録

上司(師長)へ退職の意向を伝える注意点

上司(師長等)に看護師が退職の意向を伝える場合は、以下のことを注意しましょう。

NG上司を呼び止めた後すぐに退職の話をすること
NG立ち話で退職の意向を伝えること
NG上司の都合を無視して自分の時間で話すこと
NG退職希望月の勤務表を作成後に伝えること
NG上司に話す前に他のスタッフに退職を伝えること
NG相手が感情的になったからと言って感情的にならないこと

注意点を詳しく説明していきます。

上司を呼び止めた後すぐに退職の話をしないこと

NG「師長、実は退職の相談をしたくて・・・」
OK「ご相談があるのですが・・・」又は「折り入ってお話したいことがあるのですが・・・」

上司(師長)を呼び止めた後、すぐに退職を伝えるのはよくありません。

「師長、実は退職の相談をしたくて・・・」と声をかける看護師を見かけますが、まずは「ご相談があるのですが・・・」「折り入ってお話したいことがあるのですが・・・」と声をかけるようにします。

立ち話ではなく個室で話すこと

声をかけたときに、上司(師長)が「今空いているよ」と時間をくれたとしても、そのまま立ち話で退職の意向を伝えることは避けてください。

さらに、上司(師長)にも込み入った話であることを理解させる必要があります。

そのため、必ず別室で話したいことを伝え、ゆっくり話ができる個室などを用意しましょう。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

退職は自分自身にとっては前向きな希望のある話であっても、他の看護師は良い気持ちがしないこともあるからです。(他の看護師や患者の耳に入ってしまうことで、よからぬ噂が広がる可能性もあります。)

上司の都合を確認し時間をつくってもらうこと

上司(師長)によっては、上記のように「今空いているよ」と言ってくれますが、退職の意向を伝えるときには、ゆっくり話ができる時間が必要です。

上司(師長)は管理者会議などで病棟を不在にすることもあります。

そのような予定が控えているときに話しをしても、時間が気になってしっかりと意向を伝える時間が取れません。

そのため、ゆとりのある日で師長が前後の時間を気にせず話せる時間を改めてつくってもらいましょう。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

「1時間ほどお時間をいただけますか?」と確認することが出来ればベストです。

また、真剣な面持ちで相談することも忘れないようにしましょう。

退職希望月の勤務表を作成する前に伝えること

職場の規則(就業規則)では、「1ヶ月前までに」や「2週間前までに」というように退職を伝える時期が決められています。

しかし、実際は勤務表を作成してしまってからの変更は職場に大変迷惑がかかります。

多くの病院では師長が勤務表を作成していることもあり、師長に退職の意向を伝えた時点で嫌な雰囲気になってしまう可能性もあります。

退職の意向を伝えてからもしばらくは働くことになるので、できる限り勤務表を作成しはじめる前に退職の意向を伝えるようにしましょう。

円満退職のスケジュールへ

上司に話す前に他のスタッフには話さないこと

職場には仲の良い先輩や同僚もいるので、上司(師長)よりも先に相談することもあります。

しかし、退職の意思が固まったら、一番に上司(師長)に伝えるようにしてください。

信頼できるスタッフであれば、相談をすることや退職の意向を知っても他には漏らさないかもしれませんが、万が一話が漏れたときに、直接ではなく間接的に師長に退職の意向があることが伝わってしまう恐れがあります。

先に他の人から上司に伝わったことでスムーズに退職することが出来なくなってしまう可能性もあります。

もし、相談したくてスタッフに話すのであれば、特定の人のみにするなど慎重に相談するようにしましょう。

感情的にならないこと

難しいかもしれませんが、上司(師長)との退職の相談時に例え相手が感情的になった場合でも、冷静に対応することが必要です。

上司(師長)が感情的になったり、怒ったりする場合は「あなたの本音を聞き出したい」という目的がある場合が多いためです。

そのため、感情的に対応すると仕事の不平や不満が吹き出してしまい、退職止めに合いやすくなります。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

時に涙してしまう場合もありますが、心は冷静に対応し、自分の中で強く退職したいという志を持っておくことが大切です。

上司(師長)に伝えてはいけないこと

NG病院・施設等の勤務先への不満
NG職場内の人間関係への問題や不満
NG上司の都合を無視して自分の時間で話すこと
NG今の仕事が合わない・好きではないという不満
NGその他、不平・不満を口に出すこと

上記のことを退職理由にすることは完全にNGです。また、メインで伝える退職理由ではない場合でも、面談や話の中で一切伝えないようにしましょう。

以上のことを伝えた場合には、上司は「引き止める理由が沢山ある」「不平・不満はやる気の表れだ」と感じる場合が多く、過度な引き止めに合うケースがあります。

上司(師長)が行いそうな想定質問を確認しておく

上司(師長)との退職理由を伝える場合、退職理由を説明して終了とはなりません。

様々なことを確認され、なんとか引き止めようとするものです。

そのため、上司(師長)が行いそうな想定質問を確認し、回答を準備しておくようにしましょう。

退職相談時の上司(師長)からの想定質問

円満に退職できる退職理由を考える

看護師がトラブルなく円満退職するためには、誰もが納得できる退職理由やポジティブな退職理由を明確に伝えることが大切です。

誰しもが納得できる看護師の退職理由としては、以下の通りです。

1スキルアップ等の目的での退職(転職)理由
2家庭の事情での退職理由(結婚・妊娠・夫の転勤など)
3親の介護が退職理由
4体調不良が退職理由

2から4に当てはまらない方は、以下の本音からポジティブな退職理由を導き出すようにしましょう。

本音の退職理由から伝える理由を導き出す

例えば人間関係・待遇・仕事内容への不満が本音だとしても表向きはそれを出さない方がスムーズに退職できます。

本音当時働いていたのはICUで、過緊張が強く精神的なストレスが高かったので産後育児をしながらこの職場で働くのはつらい
理由在宅看護に興味を持ち、訪問看護に挑戦してみたいと考えた(産後育児をしながら働ける職場)
本音大学病院だったため、他の病棟に異動したとしても忙しくて残業も多い
理由これまで十分にできなかった家族を含めた看護が行いたい考えた(現在の勤務先では難しい看護)
本音もっと時間的にも精神的にも余裕を持って仕事ができる環境がいいと感じた
理由違う分野の精神科に興味を持ち、チャレンジしたと感じた

退職したい本音をそのまま伝えてしまうと、看護師としての努力を求められることや、勤務時間の短縮などで対応を行われてしまうので、退職理由は新たな目標を設定することがおすすめです。

そのため、本音を上手く変換して伝えることで、嘘ではなく本当の自分の気持ちで退職理由を説明することが可能です。

また、すでに転職先が決まっている看護師の方はその病院・施設で行いたいことを考えてみることで、とてもポジティブな退職理由が見つかります。

退職理由に嘘をつく場合

看護師の退職理由として人に伝えたくない理由や引き止めに合うような理由の場合は、嘘の退職理由を伝える場合があります。

法律的な観点からも退職理由に嘘をついても問題はないことが伝えられていますが、すぐにバレる嘘をつかないこと、他人を巻き込まないことが大切です。

詳しくは以下の詳細を確認してください。

看護師が嘘の退職理由で辞める・退職しても良い?

嘘の退職理由で辞める・退職しても良い?

退職理由の伝え方例文

スキルアップが退職理由

例文1

私は当院で楽しく働いているうちに少しずつがん専門看護師の資格を取得したいと強く思うようになりました。
当院で〇年の看護経験を積んだ今、がんの専門病院である〇〇病院に転職してがん患者に向き合い、高度な専門性を身に着けスキルアップをしたいと思っております。
4月から新しい職場でのスタートを希望しておりますので、3月いっぱいで退職することを希望します。引継ぎなど積極的にしたいと考えております。宜しくお願い致します。

例文2

私は○年間この職場に勤務し、プリセプターをするなど貴重な経験を与えていただきました。○月までには新人も独り立ちできるようになる見込みです。
その頃に合わせて私も新たな分野に新人になったつもりでチャレンジしたいと思っております。それは以前から志望していました循環器専門病院での看護です。
転職して専門性を身に着けスキルアップしたいと考えております。4月からの入職を考えておりますので、新人の独り立ちが完了した3月末で退職を希望いたします。

例文3

私は○年間この職場で多くの経験を与えていただきましたが、勤務をするうちに学生の時より目標としていた○○科の看護師として働きたいと思うようになりました。
今現在この職場が人手不足であることは承知しておりますが、○月から○○科に力を入れています新しい職場に入職したいと思っております。
まだ退職まで6ヶ月の時間がありますので、それまでに代わりのスタッフを探していただきたいです。
他の看護師に迷惑をかけないよう必要な引継ぎや退職までの自分の業務はしっかりと責任を持って終わらせ、退職日まで業務にも精一杯取り組んで参りますので、どうか宜しくお願い致します。私事でご迷惑をおかけし申し訳ございません。

ポイント解説

具体的に何を学びたいから転職をするのか、いつまで勤務できるのか、引継ぎはしっかりと行っていくという旨を十分に師長に伝えるようにしましょう。

基本的には1ヶ月~2ヶ月前までに退職を申し出ることになっている職場が多いですが、自分が退職した後の業務を残りの人数でこなすことを考えてみると、一人ひとりの業務量が増えることが想定できるので、早めに退職を申し出ると職場にとっては管理者にとって有難く、さらに辞めやすくなります

退職理由もスキルアップというポジティブな理由である為、職場側にとって退職されることは非常に惜しいが応援したいという気持ちになるでしょう。
看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

自分が今の職場経験を生かしてどのようなことを学びたいか、スキルアップをしていきたいかを具体的に話すことで、退職を受け入れる側にとっては引き止めたい気持ちはあるものの、退職理由を納得し応援して送り出したいと思ってもらうように伝えましょう。

新人看護師の場合の例文

例文

自分なりに色々と考えてみましたが、看護師になろうと思ったのは「手に職をつけたいから」「生涯、食べるのに困らなそうだから」という浅はかな理由がきっかけでした。実際働いてみて医療の厳しさを目の当たりにして、そんな軽い気持ちで目指すものじゃなかったと痛感しています。
また最近は、病院(職場)へ行こうとするだけで涙が止まらなくなり、ご飯もろくに喉を通らなくなってしまいました。
こんな心持ちや体調で患者さんと関わるのも失礼ですし、大きなミスを起こしてしまう前に一旦退職させていただいて看護師として働いていきたいのかをもう一度見つめ直そうと思います。

ポイント解説

新人看護師は同期などと比較し、自分に嫌気がさして「この病棟が向いていない」「もっと楽なところで働けばいいか」などの理由で退職を希望することが多いでしょう。

しかし、このような退職理由では、退職どころかお説教されて終わってしまいます

そのため、職場の皆さんには感謝しているものの「自分の適性として看護師の仕事が向いていない」と感じていることを強調していくようにしましょう(実際のところがどうであれ)。

退職を希望する新人看護師の中には、先輩看護師からの厳しい指導に耐えられなくなってしまった人もいるでしょう。

また、はたから見たら「いじめ」のような仕打ちをうけていた人もいるかもしれません。

ただ、たとえこのような「事実」があったとしても、そのことを退職理由にするのはNGです。「新人看護師なのに何言っているの?」とかえって当たりが強くなってしまうことも考えられますので、あくまで「退職理由は自分自身にある」という姿勢で退職希望を伝えましょう。

新しい分野チャレンジする退職理由例文

例文

私はこれまでこの職場で毎日充実して勤務することができました。勤務しているうちに私の趣味であるエステに行ってきれいになることを、仕事で患者に行いたいと思うようになり、美容クリニックで働きたいという気持ちが強くなりました。
美容クリニックは働く年齢が重視されるところもあり、○歳になる前の今、チャレンジしたいと思っています。大変残念ではありますが、○月末で退職をさせてください。退職までの必要業務は必ず責任を持って精一杯行っていきます。

ポイント解説

看護師として美容皮膚科、美容外科の分野や現在の勤務先にない診療科など新しい分野にチャレンジしたい退職理由はスムーズに進む場合が多いです。

こちらもポイントとしては、職場への不満をそのままはっきり申し出ることは避け、お互いにとってプラスに思えるような納得してもらえる理由を上手く自分の中で導いていくことが大切です。

体調不良が退職理由の例文

例文

兼ねてより仕事に対するモチベーションの急激な低下、無気力などを感じていました。最近になり、通勤しようとすると吐き気がするなどの身体症状が出現し、また自宅に帰ってからは涙が止まらなくなることもよくありました。
ここ1ヶ月、ずっとこんな感じだったので、メンタルクリニックに受診してみたところ「適応障害」と診断されてしまいました。
このまま仕事を続けていく自信もなく、他のメンバーにも迷惑をかけてしまうため、治療に専念しようと考え退職したいと思います。

ポイント・解説

体調不良による退職は、比較的退職しやすいです。なぜなら、医師より診断書をもらい「勤務は難しい」と記載があれば、休暇か退職かの2択になるからです。

そのため、体調不良が原因で退職を希望する際は、必ず診断書も一緒に提出するようにしてください。

看護師の仕事は、夜勤などによる不規則な勤務や人の生死に関わる精神的負担、自分よりも重たい患者の対応による身体的負担など、様々な負担の中働いています。

そのため、ヘルニアなどの身体的疾患や精神的疾患などになる看護師も多いです。上司(師長)としてもこうした体調不良を訴える看護師を無理矢理働かせることはできないはずです。

結婚が退職理由の例文

例文:転勤予定の場合

結婚相手の会社は転勤が多く、今はいつ転勤が言い渡されてもおかしくない状況とのことでした。
また、転勤となった場合、ここから通うことは困難なため、皆様にご迷惑をおかけしないうちに退職させていただければと思います。

例文:結婚した場合

私は○年間この職場で毎日充実して勤務してまいりましたが、この度結婚をすることになりました。彼の職場が○○で○月までにはその周辺に転居する予定です。現在この職場では人手不足であることは十分承知しておりますが、ここまでの通勤は非常に遠く、通うことが不可能だと考えています。大変申し訳ございませんが、3ヶ月後である○月には退職をしたい為、それまでに代わりのスタッフを探していただきたいです。退職までに必要な業務は責任を持って行い、引継ぎもしっかり行います。私事でご迷惑をおかけ致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

ポイント・解説

看護師の結婚退職の場合、転勤などで遠くに引っ越すというのが一番退職理由としては通りやすいです。

そのため、結婚を機に退職したいのであれば、「転勤」や「引っ越し」というフレーズを引き合いに出しましょう。

看護師が結婚で退職するのは、実はあまり歓迎されません。

看護師の中には結婚していない人や離婚した人も多く、結婚で退職することをそのまま伝えると嫌な顔をされる場合もあるため注意が必要です。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

人手不足であることを十分に理解した上で、「職場に迷惑をかけないように」という気持ちと、「自分の業務に責任を持って引継ぎもしっかりする」という意志も伝えているようにしましょう。

家族の介護が退職理由の例文

例文:家庭で介護が必要な場合

以前師長にはお話していましたが、父が癌になってしまい通院や日常生活の介助も今まで母を中心に行ってきました。しかし、母も介護による疲れから体調を壊しがちになってしまいました。仕事はいつでも出来ると思うので、今は退職して、父や母のサポートを行いたいと考えています。
ご迷惑をおかけしますが、2ヶ月後の●月●日を最終出勤日として退職したいと考えています。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

例文:実家で介護が必要な場合

この度母親が体調を崩してしまい、長期の入院が必要になってしまいました。しばらく実家に帰り、母親の身の回りの世話や家のことを長女である私が行っていこうと考えております。
当院での仕事は毎日充実しており、長い期間続けたいと考えておりましたが、実家が○○県である為、ここまで通勤することは非常に厳しいと思います。
残念ではありますが、2ヶ月後の●月●日を最終出勤日として退職させてください。
家庭の事情でやむを得ず申し訳ございません。

ポイント・解説

家庭の事情で通勤が困難になるとの理由の場合、職場側は引き止めたい気持ちは十分にあったとしても引き止めることはなかなかできないケースが多いです。

これはやむを得ない理由である為、そのような場合は正直に自分の言葉でしっかり伝えるようにしましょう。

地元に帰る場合の退職理由例文

例文

3年間こちらの病院で勤務してきましたが、1人暮らしをしながら仕事を両立させることが私には難しく、家と職場の行き来しかほとんどなく、この地域にも馴染むことが出来ませんでした。一方で、実家に帰省すると安心感があり、自分らしくいられるように感じました。
都会に憧れて出てきたものの、毎日目まぐるしいくらいに救急車が訪れ、何件もの入院、病棟の忙しい業務についていけませんでした。
皆さんにお世話になったにもかかわらず、こういった形で退職希望を伝えて申し訳ございません。
実家の母も心配しており心労を掛けたくないため2ヶ月後の●月●日を最終出社日として退職させてください。

ポイント・解説

地方から出てきた看護師の中には、実家に帰らずに就職した地域で結婚し、そのまま住み続ける人もいますが、やはり田舎がいいと帰省する看護師もたくさんいます。

田舎に帰省したくて退職するという看護師は、田舎に帰る理由は人それぞれですが、素直な気持ちを伝え納得してもらうように心がけてください。

また、田舎の家族のことが心配などの理由も添えると良いでしょう。

人には向き不向きがあるため、その点をしっかりと伝えると相手にも納得してもらいやすくなります。

関連リンク

看護師の退職

まとめ

看護師は比較的転職する方が多く、家庭の事情、スキルアップ、寿退社など、さまざまな理由で退職する日が来ます。

しかし、いざ退職する意思が固まっても、どのように退職理由を伝えたら良いか悩む場合も多いのではないでしょうか。

退職理由が何であれ、辞める時に引き留めに合わない方法としては「はっきりと退職の意思を伝える」ことが大切です。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師転職求人

看護師転職サイト

看護師の履歴書

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師転職後の悩みやトラブル

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

勤務先別の看護師転職

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。