SEOコンサルタント募集中

Googleのキーワードプランナーが使えない?アドワーズ広告で支払が少ない広告主は制限がかかる

Googleのキーワードプランナーが使えない

ウェブサイトやウェブページを作成する際に、キーワードの発掘はSEOにとって非常に重要な部分を占めます。意図的なSEOを行っていなくても、やはりユーザーのことを思うと、検索するであろうキーワードを置いた方が良いです。

そのために、Googleアカウント(クレジットの登録含む)さえあれば、利用できていた「Googleキーワードプランナー」に制限がかかります。

なぜ、キーワードプランナーに制限がかかってしまうのか?また、そのようなニュースが流れたのかと言いますと、以下のアドワーズコミュニティでGoogleの社員である「CassieH」さんが、アナウンスをしました。

SPONSORED LINK

アドワーズコミュニティのアナウンス

アドワーズコミュニティ

(カタコトですみませんが、以下翻訳です。)

心にとめておくべきいくつかの重要なアップデートを行います。

  • 広告主の場合は通常通りキーワードプランナーが表示される
  • 広告主ではない、または支払が少ない広告主は限られたデータになる
  • 限られたデータとは1〜100、100〜1000、1000〜1万、1万〜10万、10万〜100万、100万以上などのアバウトな数字となる
  • トラフィック予測データは閲覧できる

上記のような回答となっております。

完全につかなくなるのではなく、限られたデータしか確認できなくなるということです。例えば以下のような形になります。

キーワード 本来のデータ 限られたデータ
SEO対策 222,000 10万~100万
SEO対策とは 2,400 1,000~1万
SEOとは 6,600 1,000~1万
SEO 会社 880 100~1000
SEO 対策 会社 320 100~1000

 

見ていただいて分かるように、どれぐらいの検索ボリュームがあるのかがある程度不明確です。6,600と2,400の月間平均ボリュームが同じ値になってしまいますね。以下が英語ですが、制限がかかったキーワードプランナーの映像です。

Google Keyword Planner(参照:Google Keyword Planner Removes Valuable Data For Potential Advertisers

やはり、広告主になっていないと、正確には分かりませんね。Google側も重要なアップデートの更新があると述べているので実行されるのは確定でしょう。

 

キーワードプランナー制限の不明点

現時点でキーワードプランナー制限の不明点は以下の通りです。

  • 制限がかかっているアカウントの方もすでに日本でも存在する
  • いつから全体に導入されていくのか不明
  • 広告主の最低費用も不明

1年ほど前にアドセンス広告を利用していたアカウントで「予算オーダーが終了しています」という表示が出ているアカウントですが、以前と変わらない形でキーワードプランナーが見えれています。

おそらくですすが、アドワーズの広告主として最低費用は明かされないかもしれませんね。ただ、リスティング広告を請け負っている会社は「Yahoo!とGoogleのリスティングをどちらから始めるか」という問いには”Google”と答える人が増えそうです。

そういった意味ではGoogleの戦略は合っているのかも・・・

 

まとめ:所感

私ごと(弊社の話)ですが、SEOを行う成熟したウェブサイトの場合は、あまりにキーワードプランナーを利用していませんね。また、新規のサイトも「検索語句」や「関連性の高いキーワード」の項目が確認できれば、特に問題ないとも考えています。(細かくやる場合は必要ですが・・・)

音声検索も入ってきますし、以前から騒がれているAMPも表示が増える可能性が大いにあります。

何を対処していくのか、どうやってウェブサイトを運用するか、今一度検討する必要がありそうですね。最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*