SEOコンサルティングサービス

Google+が2019年8月末に閉鎖!「+1」ボタンは廃止される

Google+が2019年8月末に閉鎖!「+1」ボタンは廃止される

米Googleはセキュリティの問題で、Google+を2019年8月に閉鎖することを伝えた。Google+は2011年に開始され、約7年間で幕切れとなった。(参照:Project Strobe: Protecting your data, improving our third-party APIs, and sunsetting consumer Google+

Googleは2018年10月8日に、Google+がソフト上の欠陥があり(外部のソフトウェア開発会社がサービス内の個人情報にアクセスできるようになっていた)、約50万人の個人情報流出の恐れがあるとし、現時点で実際の情報流出や個人情報不正の形跡はないと発表した。

Googleは今年の春に個人情報流出の恐れが分かっていたにもかかわらず、批判を恐れて公表せずにいたと、米国内ではGoogleの情報隠しの批判も出ているようだ。

個人向けのGoogle+は来年8月に閉鎖し、企業向けに再編する予定だ。

SPONSORED LINK

Google+の「+1」ボタンの廃止

Google+の閉鎖に伴い、シェアボタンである「+1」ボタンも廃止となる。

現在、利用しているブログやコミュニティは少なくなっているが、廃止に伴い撤去しなければならない。

廃止によるSEOの影響

現時点で、Google+や「+1」ボタン廃止に伴い、SEOに与える影響は少ないと考える。

Google+によって、Author Rank(オーサーランク)が表示されていたのが2016年頃になるが、その際もランキング要因にはならないことが告知されていた。

そのため、廃止によるSEOは限りなく少ないと言える。

今後の注意点

「Google+」によって設定される「Googleマップ(Googleローカル)」は、飲食店や実店舗を保有している企業に使われており、廃止されることはない。

また、「MAP SEO」などとも呼ばれている、Googleのローカル検索は健在だ。

そのため、「Googleマップ(Googleローカル)」の設定が今後どうなるかを確認しておく必要がある。

まとめ

Googleが閉鎖しているサービスは数多く、様々なサービスがインターネット上から消えている。(「Google+」だけじゃない! これまでに終了したグーグルの17のサービス)今回、50万人分の顧客情報流出の可能性があった点で、多くのメディアに取り上げられた。

ウェブサイトを運営者にとっては、サービス終了の2019年8月末までに、動向を確認しておく必要がある。

また、シェアボタンはすでに外すような修正が必要だ。

【ご協力お願いします】この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。 こちら→「https://seopeko.net/」の無料相談フォーラムも最近運営しています。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*