SEOコンサルタント募集中

2016年女子高生に人気のスマホアプリ4つをご紹介!流行は女子高生から始まる?!

2016年女子高生に人気のスマホアプリ

2016年が終わり、2017年が始まってしまいました。私(ゆぅゆ)も、ライターを始めて1年が過ぎようとしています。2016年といえば、PPAPでおなじみのピコ太郎さんが大ブレークしていました。

大ブレークしたきっかけは、ピコ太郎さんがYouTubeあげたPPAPの動画を見たジャスティンビーバーさんが、Twitterで紹介したことで、全世界に広まったという話が濃厚なのです。ですが、実は、ジャスティンビーバーさんが紹介する前に、このPPAP動画は、日本の高校生の中で話題になっていたのです。

PPAPをご存知でない方はこちらをどうぞ

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)」(引用:YouTube)

このPPAPの動画を見た女子高校生たちが、自分たちでPPAPを真似した動画をSNSなどにアップしていたのです。

世界中で大ブレークし、その後に日本でも流行ったと言った形ではありますが、もともとは日本の女子高校生の間で流行っていたことなのです。

PPAPだけに限らず、女子高生から始まっている流行はたくさんあります。そこで、今回は2016年に女子高生に人気のあったスマホアプリについて考えてみたいと思います。

SPONSORED LINK

1.Simeji:日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボードアプリ

Shimeji

女子高生のスマホユーザであれば、誰でも知っているアプリがSimejiです。Simejiは、スマホのキーボードの見た目や使い勝手を自分でカスタマイズできるというアプリです。

 

おしゃれな女子高生に大人気

おしゃれな女子高生に大人気

Simejiでは、スマホのキーボードの背景を自分の好きなアイドルや、キャラクター、家族や恋人の写真などにしていたり、キーボードのボタンの色を好きな色に変えたりできます。そのため、おしゃれに敏感な女子高生には大人気です。

 

恋愛・勉強・部活に忙しい女子高生に嬉しい予測変換

女子高生に嬉しい予測変換

スマホで文字を入力していると、入力途中であっても、キーボードに変換予測が出てきます。長い単語や文章などを打つ時に大変便利な機能です。その予測変換の候補の量が、Simejiは通常のスマホの機能よりも多いのです。

候補がたくさん出てくるため、入力速度が上がりやすく、恋愛、勉強、部活に忙しい女子高校生にとってありがたい機能なのです。

 

「なう」と入れるとその日の日付が出る

Simejiの文字変換予測のすごいところは、現在の若者言葉にも適応されているところなのです。例えば、「今」という意味で若者達が使用している「なう」という言葉ですが、これをSimejiで入力すると、なんと、文字変換に(20〇〇年〇月〇日現在時間)とその日の日付と現在時間が現れるのです。

この機能に感動した女子高校生がTwitterなどのSNSでSimejiの変換機能について投稿し、そこから、自分も試してみたい。やってみたい。とアプリが広まっていきました。

 

絵文字が豊富で可愛い

Simejiには、多くの絵文字が入っており、その絵文字も女子高生が喜びそうな可愛いものから、専門家が作成したような芸術的な絵文字まで幅広くなっています。

芸能人も多数使用しており、有名芸能人がSNSの投稿で、Simejiにしかない絵文字を使用していて、「この絵文字どうやって打ったら出てくるの」「この可愛い絵文字どこのアプリの」「私も〇〇さんが使用してる絵文字使いたい」と芸能人の利用はやはりアプリを広めていきます。

 

Simejiはさらに進化中

Simejiはさらに進化中

上記で紹介したものの他にも、Simejiには多くの便利機能があり、現在も進化し続けています。スマホのキーボードをおしゃれにしてみたい方やスマホの予測変換のボキャブラリーを増やしたい方にはオススメのスマホアプリです。

 
 

2.「恋して」BeenTogether:リア充のためのスマホアプリ

恋して Been Together

リア充な高校生カップルが多く使用しているのが「恋して」というスマホアプリです。「恋して」は、忘れがちな記念日などがひと目でわかるリア充のためのスマホアプリです。

※リア充とは、恋人がおり、日常が充実している人々のことを言います。

 

彼氏・彼女との記念日や大切な日を教えてくれる

記念日や大切な日を教えてくれる

「恋して」では、カップルが付き合った日付やお互いの誕生日などを登録しておくだけで、付き合って何日経ったか、記念日や誕生日までの日数をおしらせしてくれるのです。これで、彼氏や彼女に怒られることはありませんね。

 

フリーの人も使える?!

リア充のアプリですが、使い方次第ではフリーの人も使えます。使い方は、フリーになった日を登録するだけです。フリーになって何日目か教えてくれます。片思いして何日めかを数えている女子高生もいるようで、リア充だけでなく、いろいろな人が楽しめそうです。

 
 

3.ブサイクカメラ:一回やってみたらハマります

ブサイクカメラ

女子高生のスマホを覗くとやっぱり多いのが、写真を加工するアプリです。これまでは、目を大きくしたり、顔を小顔にしたり、美肌にできたりといったいわゆる写真や画像を美化するアプリが人気でしたが(現在でも大変人気なのですが)、2016年に女子高生に流行ったスマホアプリは、これまでとは反対に、ブサイクになってしまう「ブサイクカメラ」というスマホアプリです。

 

 美女もイケメンもブサイクにして大盛り上がり

イケメンもブサイクにして大盛り上がり

「ブサイクカメラ」は名前の通り、自分や友達、家族、恋人の顔が「ブサイク」になってしまうのです。このブサイクさが女子高生の中でハマるらしく、撮った写真をTwitterやInstagramで共有する女子高生も多くいました。ハッシュタグ「#ブサイクカメラ」で検索してみると、ブサイクカメラを使用して撮った写真がたくさん出てきますので、見てみてください。女子会や学校の休み時間、家族や恋人と楽しむという声も多く聞かれました。

※ハッシュタグについては「インスタグラムでの集客に効果的なハッシュタグの付け方とは?

」をごらんください。

 
 

4.スノーSNOW:全世界1億人以上がダウンロードしたスマホアプリ

スノーSNOW

2016年はやったスマホアプリといえば、スノー SNOW (自撮り、顔認識スタンプ、ウケるカメラ)です。芸能人も多く使用し話題になっていました。

 

スノーで誰とでも顔が交換できる?!

スノーが人気になった一つに、スノーの機能で、一緒に写っている人同士で顔を入れ替えることができるというなんとも不思議な機能がありました。実際に入れ替わるのは、顔のパーツ(目、鼻、口、眉)で、相手の輪郭の中に自分の顔のパーツが入り、自分の輪郭に、相手の顔パーツが入るというものです。パーツを入れ替えるだけで、イケメンになったり、反対にブサイクになってしまったりします。

おばあちゃんと入れ替えて、おばあちゃんが若返り、孫が老けるといった感じで誰とでも入れ替えることができ楽しめます。

これまでも、写真を美人やイケメンに加工するスマホアプリはありましたが、顔を入れ替えるというアプリは少なかったように思います。しかも、スノーは顔認識の性能がとても良かったため、拡散スピードもとても早かったです。

 

1人でも複数でも楽しめるスマホアプリ

1人でも複数でも楽しめるスマホアプリ

スノーの良いところは、1人でも複数でも楽しめるスマホアプリということです。顔認識の性能がとても良く、複数で顔を入れ替えたり、みんな顔を同じにしたりすることもできます。

写真や動画アプリになるとSNSに投稿する際に、多くの人が「タグ付け」を行ってくれるので、複数の人が同じ写真や画像、動画に写っている場合、タグ付けの数が増え、投稿した人だけでなく、タグ付けされた人のアカウントページでも見ることができます。(設定で表示できなくもできる)そのため、多くの人がその投稿を見る可能性が高まり、いいね数やシェアが増えることも期待されます。

※タグ付け・・・SNSなどで投稿する写真や画像、動画に写っている人、または関連のある人のアカウント名を、その投稿する写真や画像、動画などと紐付けして投稿の中で表示することができるという機能です。タグ付けされた人は、自分のタイムラインやトップページ、フィードに同じ投稿が掲載されたり、そのタグに自分のアカウントリンクが紐付けされたりします。

 

写真だけじゃなく動画も対応

スノーは写真だけでなく、動画も対応しています。しかも、なぜか可愛く、イケメンに映るフレームがたくさんあるので、可愛く映りたい女子高生や女性に特に人気です。近年は写真だけでなく、動画を共有出来るアプリが増えてきています。写真の次は動画かもしれません。動画加工アプリはたくさんありますが、美化してくれるものや、可愛い、面白いフレームなどは限られていたり、有料であったりしますので、女子高生の間ではあまり拡散されにくいです。

 
 

まとめ:女子高生のスマホアプリ拡散スピードはすごい

いかがでしたか、今回は2016年に女子高生に流行ったスマホアプリのほんの一部を紹介させていただきました。今回、ご紹介したスマホアプリを実際に使用している方や知っている方も多いかと思います。

女子高生の間で流行すると、何ヶ月か遅れて日本中でブームになったりしますよね。その理由としては、女子高生の感性が素晴らしいということもあるのですが、今回、調べていて私が感じたことは、女子高生の拡散スピードの速さです。

女子高生の多くが、SNS(特にTwitterはすごい)のアカウントを複数所有し、リアルタイムで、高い頻度で更新するため、拡散スピードが、その他の世代や社会人に比べて早いのです。

万人ウケするアプリを作成したい方や、万人にアプリを広めたい方は、まずは女子高生をターゲットに、アプリ機能(可愛い、面白い、便利、特別感が出る)を考えてみるといいかもしれませんね。

そのためには、いくつか今回ご紹介したようなアプリを比較し、ポイントを押さえる必要があります。上記に紹介したスマホアプリの機能はそれぞれ違いますが、女子高生のポイントをよく抑えているように感じました。

  • 無料であること
  • 可愛いまたは面白いこと
  • 自分たちが主役になれること
  • 1人でも複数でも一緒に楽しめること
  • 性能のクオリティが高く、常に進化すること
  • 設定が簡単であること
  • みんなと同じじゃないオリジナルのものが作れること

女子高生の好むスマホアプリのポイントを抑えて、ヒットスマホアプリを作成してみてください。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

ゆぅゆ

ゆぅゆ
今年の3月末まで現役女子大生でした。 自由人とよく言われますが自分では普通と思っているタイプ。 最近は自分が運動音痴のためかスポーツ選手が輝いて見えてしょうがない。 九州田舎生まれの22歳。丸の内でWebライター頑張っていきます。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*