HTTPのウェブサイトは2018年7月から安全ではない!?「保護されていない通信」とChromeに表示される!

米時間2018年2月8日にGoogleが「Googleセキュリティブログ」を更新しました。

Googleは安全なウェブサイト運用を行うために、HTTPSによる暗号化の促進を進んていましたが、2018年7月に「Chrome 68」のリリースより、HTTPのウェブサイトは徐々に「保護されていない通信」と表示されます。

HTTP安全ではない
(画像:Googleセキュリティブログより引用)

現在のHTTPSに表示される文字は「保護された通信」と表示されます。

HTTPS保護された通信

このように緑の字「保護された通信」が出ます。

保護されていない場合は「保護されていない通信」と表示されることが予想されます。SEOに恩恵があるHTTPSは早めに行っておきましょう。

また、HTTPS化を行っていないからといって、SEOの順位が下がることは予想されにくく、HTTPSにすることで「恩恵を受けることができること」は変わらないと考えられます。

HTTPS化するメリットとは?

ウェブサイトをHTTPS化することのメリットは以下の通りです。

  • ウェブサイトの盗聴を防止することができる
  • ウェブサイトのパケット改竄の防止を行うことが出来る
  • SEOの恩恵が受けれる可能性がある

などのメリットが存在します。

また、HTTPからHTTPS化を行いGoogleの検索順位を保つためには、行わなければならない手順が複数あります。

こちらの「5分でわかる正しい Web サイト常時 SSL 化のための基礎知識」に詳しく説明が掲載されているので、分からない方は確認しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*