SEOコンサルタント募集中

え?こんなに!1億円以上稼ぐYouTuberの収入を得ている仕組みとは

人気のYoutuber

近年、YouTubeに独自の動画をアップし収入を得ているYoutuber(ユーチューバー)と呼ばれる人達が話題になっているのをご存知だと思います。

世界はもちろん、日本でも多くのYoutuberが存在し、人気のYoutuberになると年収は数億円にもなります。しかもYoutuberは年齢制限がないため、アメリカでは9歳の男の子が1億円を稼いだというニュースが話題になっていました。

YouTube自体は無料の動画共有サイトなのですが、Youtuberはどのようにしてこれほどの大金を得ているのでしょうか?そこで、今回は、YouTuberの収入の仕組みについて考えたいと思います。

SPONSORED LINK

そもそもYoutuberってなに?

ユーチューバーとは何

そもそもYoutuberを知らないとこの話は進みませんよね。

一般的には、無料で動画を共有出来る代表的なサイトYouTubeに、自作の動画を投稿することで、広告収入を得ている人を指します。

YouTuberの始まりはYouTubeパートナープログラム

Youtuberという言葉が出来たのは、Youtubeが2011年4月に「YouTubeパートナー」という、プログラムを始めたことがきっかけです。YouTubeパートナープログラムとは、YouTubeパートナーに登録した人が、YouTubeに動画をアップした際、条件を満たした動画に関連して表示される広告や料金から収益を得ることができるという制度の事です。

このYouTubeパートナープログラムによって、自作の動画から数億円を稼ぎだす人が現れ始め、そういった人を表す言葉としてYoutuberという言葉が出来ました。(参考:YouTube パートナー プログラムについて

 

YouTuberは基本的に4種類の広告から稼ぐ

4種類の広告

YouTuberは主に、YouTubeパートナープログラムに登録し、自分のページ(マイチャンネル)の動画を見てくれた人が、その動画・再生ページに表示される広告をクリック・タップすることで、その数や再生回数によって発生した広告費を収益にしています。

その収益の元となる広告が、以下の4種類です。

広告名 詳細
ディスプレイ広告
(バナー広告)
YouTubeサイトのトップページ以外のスペースに掲載されている広告
In Video広告 動画を再生している際に、動画内に表示される広告
インストリーム広告 動画を見る前に流れる一定期間流れる映像広告
標準インストリーム広告 視聴者がスキップできない15秒ほどの映像広告

 

ディスプレイ(バナー)広告

ディスプレー(バナー)広告とは、YouTubeサイトのトップページ以外のスペースに掲載されている広告のことで、動画の表示サイズによって表示場所は変わりますが、だいたい右サイド、次の動画の欄の上に表示されることが多くなっています。ディスプレイ(バナー)広告は視聴者が広告をクリックすることでYouTuberに報酬が渡ります。

 

In Video広告

In Video広告とは、YouTubeの動画を再生している際に、動画内に表示される広告のことです。一般的には、再生してから10秒後に表示され、右上に押す×印を押すと非表示にすることもできます。In Video広告の場合、視聴者が広告をクリックすることでYouTuberに報酬が渡ります。

 

インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTubeで動画を再生した際に、動画を見る前に流れる一定期間流れる映像広告のことです。大抵のインストリーム広告は「5秒後にこの広告をスキップすることができます。」という表示が動画の右下に出ます。 インストリーム広告の場合、30秒以上、または最後までこの広告を視聴者が視聴しなければ広告費は発生せず、その場合YouTuberにも報酬はありません。視聴者が広告をクリック、または30秒以上視聴することでYouTuberに報酬が渡ります。しかし、インストリーム広告のリック率や視聴率はかなり高いため、4種類の広告の中では、最も報酬が見込める広告になっています。

(参考:YouTubeのTrueView インストリーム広告のクリック率が最も高い理由

 

標準インストリーム広告

標準インストリーム広告とは、インストリーム広告とは異なり、視聴者がスキップできない15秒ほどの映像広告のことです。YouTubeで動画を再生する際や、動画を見ている最中に流れるため、視聴者の反感を買いやすく放棄率が圧倒的に高い広告です。もちろん、放棄されるとYouTuberにも収益はありません。そのため、近年はインストリーム広告が増えています。標準インストリーム広告も視聴者が広告をクリックすることでYouTuberに報酬が渡ります。

 

これらの4種類の広告は1クリックあたり数円〜数百円の広告収入になり、YouTuberの主な収入源の1つです。

 

YouTuberは再生回数で稼ぐ

YouTuberは再生回数で稼ぐ

YouTuberの報酬の一つに再生回数でもらえる広告単価というものがあります。YouTubeの広告単価は、動画1再生あたり約0.1円になっています。そのため、総合再生数が10万回になると約10,000円の収入が得られるということになります。

1回動画をアップすれば、再生されるたびに報酬があるため、トップYouTuberになると1つの動画で、500万回以上の再生回数になることもあります。そうなると1回の動画で50万の収入になるため、再生回数だけである程度生活ができるます。

 

YouTuberは企業と提携でも稼ぐ

YouTuberの中には、企業と提携して報酬を得ている人もいます。YouTuberとして成功すると自分のファンが増え、再生回数も平均的に多くなります。そのため、動画の影響力が大きくなり、その影響力を借りたい企業などから企業広告の依頼などが来たりします。そこで、企業と提携することで、企業からある程度の広告費を得ることができます。例えば、日本のYouTuberランキングでベスト3には必ず入るHIKAKIN氏は、YouTubeのテレビCMに出演していました。CMに出演することで、出演料という報酬が入ってきます。

また、影響力を持つYouTuberとその力を借りたい企業を結ぶ会社もあり、YouTuberにとって企業との提携は大きなの収入原の1つとなっているようです。

(参考:YouTuber と企業のマッチングを提供してるiCON CAS

 

まとめ

YouTuberは、4つの広告による広告費、動画再生回数による広告費、企業との提携による広告費が主な収入原になっているようです。そのため、もしYouTuberとして成功すれば、1億円以上の収入も不可能ではありません。

しかし、YouTuberだけで生活をしていこうと思うと、かなりの再生回数が必要となってくるため、そのために動画の質を上げたり、他人がやってないことをやってみたりと工夫やアイデアが必要になってきます。そのため、簡単にはいかないのが現実のようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

ゆぅゆ

ゆぅゆ
今年の3月末まで現役女子大生でした。 自由人とよく言われますが自分では普通と思っているタイプ。 最近は自分が運動音痴のためかスポーツ選手が輝いて見えてしょうがない。 九州田舎生まれの22歳。丸の内でWebライター頑張っていきます。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*