正看護師数と就業場所・雇用形態等2018年データ

LINEでシェア

2019年(令和元年)9月4日に厚生労働省が発表した2018年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況によると、就業中の正看護師数は1,218,606人であることが分かりました。

正看護師全体として、2年前の調査より約69,000人増加しています。

しかし以前として、介護保険施設等で働く正看護師の割合は全体の7.3%と低く、訪問看護ステーションでは全体の4.2%に留まる結果となりました。

また、看護師不足が懸念される都道府県は、一都三県(埼玉県、千葉県、神奈川県、東京都)などが該当し、埼玉県は人口10万人当たりの看護師数は693.6人となり、全国平均963.8人を大きく下回る結果となりました。

詳細のデータは以下から確認してください。

正看護師数の推移(男性・女性)

  • 男性看護師
  • 女性看護師
  • 全体の就業看護師数
年数全体女性男性
2008年87718283229844884
2010年95272389897553748
2012年101574495242363321
2014年1086779101281173968
2016年1149397106520484193
2018年1218606112345195155

(単位:人)

就業中の女性看護師数は1,123,451人となり約58,000人、2016年より高い推移で増加しています。一方男性看護師数は、95,155人となり、約10,000人の増加に留まる結果となりました。

正看護師の雇用形態

  • 正規雇用の看護師
  • 非正規雇用の看護師
  • 派遣の看護師

2018年度の就業中正看護師雇用形態は、正規雇用が82.2%(1,001,542人)と一番高く、非正規雇用の割合は17.5%(213,332人)となりました。

派遣看護師にについては全体の0.3%(3,732人)に留まる結果となりました。

就業場所の正看護師数

  • 病院
  • 診療所・クリニック
  • 介護保険施設等
  • 訪問看護ステーション
病院(20床以上)863,402人
診療所・クリニック155,986人
助産所190人
訪問看護ステーション51,740人
介護保険施設等89,270人
社会福祉施設18,897人
保健所1,237人
都道府県1,003人
市区町村7,139人
事業所4,784人
看護師等学校養成所又は研究機関16,867人
その他8,091人
総数1,218,606人

(※介護保険施設等は介護老人保健施設・介護医療院・指定介護老人福祉施設・居宅サービス事業所・居宅介護支援事業所等)

正看護師の就業場所としては、病院(20床以上)が一番高く863,402人(70.9%)、続いて診療所・クリニックの155,986人(12.8%)の結果となりました。

一方、看護師不足が顕著な介護保険施設等(介護老人保健施設・介護医療院・指定介護老人福祉施設・居宅サービス事業所・居宅介護支援事業所)においては、全体の7.3%(89,270人)。地域医療に欠かせない訪問看護ステーションにおいては全体の4.2%に留まる結果となりました。

人口10万人当たりの看護師数(都道府県別)

高知県(1511.0人)
鹿児島県(1394.3人)
佐賀県(1335.4人)
神奈川県(738.4人)
千葉県(722.7人)
埼玉県(693.6人)
北海道1219.4人
青森県1033.1人
岩手県1098.9人
宮城県867.3人
秋田県1153人
山形県1076.2人
福島県920.7人
茨城県765.5人
栃木県846.8人
群馬県974.5人
埼玉県693.6人
千葉県722.7人
東京都792.3人
神奈川県738.4人
新潟県1010.8人
富山県1211.1人
石川県1278.7人
福井県1161.8人
山梨県1006.5人
長野県1083.3人
岐阜県848.8人
静岡県900.1人
愛知県814.5人
三重県945.3人
滋賀県999人
京都府1089.8人
大阪府942人
兵庫県996.7人
奈良県964.7人
和歌山県1154.5人
鳥取県1282.1人
島根県1289.6人
岡山県1239.4人
広島県1102.1人
山口県1263.6人
徳島県1235.2人
香川県1195.5人
愛媛県1245.5人
高知県1511人
福岡県1189.2人
佐賀県1335.4人
長崎県1319.2人
熊本県1309.7人
大分県1276.2人
宮崎県1298.1人
鹿児島県1394.3人
沖縄県1060.6人

人口10万人当たりの看護師数の全国平均は963.8人となります。

人口10万人当たり最も看護師数が多い都道府県としては高知県(1511.0人)となり、続いて鹿児島県(1394.3人)、佐賀県(1335.4人)という結果となりました。

また、人口10万人当たりで看護師数が少ない都道府県としては、埼玉県(693.6人)となり、続いて千葉県(722.7人)、神奈川県(738.4人)、茨城県(765.5人)、東京都(792.3人)という順番となり、一都三県では依然と看護師が不足している現状となります。

調査・データ元

さらに詳しくは厚生労働省の「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況 」を確認してください。

この記事をシェアする:

関連記事