看護師の退職理由2010年度、2017年度データ

LINEでシェア

看護師の退職理由について厚生労働省と神奈川県のデータをまとめているページです。

2010年では、看護師の退職理由は「出産・育児のため退職」「結婚のため退職」となっていますが、2017年に神奈川県が行った調査によると、「転職のため退職」「体調不良での退職」が上位を占める結果となっております。

  • 転職のため退職
  • 体調不良での退職
  • 結婚のため退職
  • 出産・育児のため退職

(単位:%)

2017年のデータは神奈川県のものであり、比較できるものではありませんが、看護師不足、ハードな職場環境が顕著になった結果となっております。

他の都道府県に勤務する看護師も同じような状況になっていることが考えられます。

2020年現在は、新型コロナウイルス感染症の影響により、転職や体調不良、看護師職以外に転職が今後増えてくることが推測されます。

以下、集計に利用したデータをまとめています。

2017年看護職員就業実態調査(神奈川県)

神奈川県で行われた、県内の病院に勤務する看護職員の就業状況を2017年4月1日から2018年3月31日までの集計結果が発表されました。

その中で、退職理由の調査のみ抜粋すると以下の通りです。

転職のため退職(転職23.5%)
体調不良による退職(11.0%)
結婚のため退職(8.5%)
出産・子育てのため退職(7.3%)
家族の介護のため退職(4.3%)
定年退職(3.1%)
看護職以外への転職(2.7%)
進学のため退職(2.5%)
その他(37.1%)

2017年の看護職員就業実態調査(神奈川県)では、1位が「転職のため退職」、2位が「体調不良での退職」、3位が「結婚のため退職」という結果となりました。

【調査方法】

2010年の看護職員就業状況等実態調査

厚生労働省医政局看護課が行った2010年(平成22年度)の看護職員就業状況等実態調査では、以下のような退職理由調査が出ています。

看護職員就業状況等実態調査2010 看護師退職理由看護師は職業柄、女性の比率が多く、1位は「出産・育児のため退職」となり、2位は「結婚のため退職」、3位は「他施設への興味のため退職」となっています。

【調査方法】

この記事をシェアする:

関連記事