SEOコンサルタント募集中

Googleアナリティクスに表示される「not provided」の解決方法を発見し、実際にやってみた

「not provided」の解決方法

Googleアナリティクスで分析を行う上でオーガニック検索に表示される「not provided」は非常に多く分析が行いずらいです。

今回は「not provided」の表示をアナリティクスで見やすく設定する方法を行ってみましたのでご紹介いたします。「デジモノ備忘録」さんの記事を参考にさせていただきました。

【この記事の内容と準備物について】

  • Googleアナリティクスへの登録が必要です。
  • キーワードが分かるわけではなく、「not provided」が見やすくなる。
  • Google Search Consoleの登録が必須です。

この記事の内容は今までどのキーワードから来たか、なんだか分からない「not provided」が、「どのページを見たか」という視点で変更し、少しでもGoogleアナリティクスを分析しやすくする方法です。

キーワードが分かるわけではありませんのでお間違いないように。

SPONSORED LINK

「not provided」とは何か?

はてな君

検索キーワード(オーガニック検索)での表示される「not provided」とは、「Googleアカウントでログイン済みのユーザーが検索する際にプライバシー保護の目的でSSL暗号化しているため、検索キーワードが表示されない」という意味です。

つまり、Googleアカウントユーザーが増えてしまうと、検索キーワードが分からないということです。さらに最近では、こちらの記事「Yahoo!検索がSSLを導入し検索キーワードが分からなくなる件」で記載したように、Yahoo!もSSL暗号化を行うため、よりキーワードが分からなくなってしまいます。

その解決策として、以下の内容を進めていきます。

 

1.アナリティクスへログイン

まずはログインを

「まずは、ログインしないと始まらないワン!」

Googleアナリティクスへログインした状態で、今回「not provided」が多いサイトを対象にし、選択します。

Googleアナリティクスランディングページ

集客>検索エンジンの最適化>「検索クエリ」を選択します。

Google Search Consoleと連動をさせる許可が必要になってきますので、連動していない方は上の画像のような確認画面が出現します。

 

2.Google Search Consoleとの連動

連動するよ

「連動することが大事なんですよーーー!」

Google Search ConsoleとGoogleアナリティクスの連動する許可が必要になりますので、「Search Console」の調整のボタンを押していきます。

Search Consoleとの連動

(広告向け機能)や(ページ解析)などは今回関係がないので、現在の設定のままで良いと思います。

一番下に保存ボタンがありますが、押さずに「Search Consoleの調整」ボタンを押すと以下のような画面に切り替わります。

 

Search Consoleの連動

こちらも完了ボタンを押したくなりますが、赤枠で囲ってある「編集」リンクを押して、Search Console側に登録しているウェブサイトと、Googleアナリティクス側に登録しているサイトを認証します。間違うと検索クエリのデータが違ってきますので、注意して設定してください。

こちらでアナリティクスのデータとクエリのデータは完了し、集客>検索エンジンの最適化>「検索クエリ」を選択し連動できているか確認します。

アナリティクスとクエリの連動

上記のような形で、検索クエリとアナリティクスが連動している確認ができれば問題ありません。

 

peko Pint

ペコポイント
検索クエリとは何か?
検索クエリは検索エンジンで検索をされているキーワードを指します。検索時の表示キーワード数を表す言葉です。アナリティクスを利用していると混在してしまうので注意しましょう。

 

3.Googleアナリティクスをフィルタ部分設定する

フィルタ

「フィルタっておいしいの?」

Googleアナリティクスのフィルタ部分を資料しながら、「not provided」部分を解消するために設定していきます。

今回の「not provided」の解消方法としては、ランディングページ部分と、オーガニック検索の部分を結合するような作業になります。

まず、アナリティクス設定で、ウェブサイトを選択しながら、「フィルタ」の設定をおこないます。

フィルタの設定

「フィルタ」のボタンを押すと以下のような画面が表示されてきます。

ファイルの種類を「カスタム」に、そして「詳細」のラジオボタンを押すと、フィールドを入力できるようになります。

フィールドを表示させる

フィールドの設定について

フィールドの設定は以下のように行います。

フィールド名 選択欄 入力欄
フィールドA キャンペーンのキーワード (.not provided)
フィールドB ページタイトル (.*)
出力先 キャンペーンのキーワード not – $B1

 

キャンペーンキーワード部分の「not」の部分は短ければ何でも良いそうです。

Googleアナリティクスフィルタ設定

赤枠で囲った部分の設定が入ります。チェックボックスを忘れないようにしっかりチェックを入れてください。こちらで一通り完了です。10分ぐらいで設定ができるので、場合によっては行っていた方が良いでしょう。

 

4.オーガニック検索の「not provided」表示が変わる!

オーガニック検索表示

「not」とついた部分が今まで「not provided」がついていた部分に変わっています。(フィルタの設定後からの流入に対してなので、確認には1日程度期間を置いた方が良いですね。)

今までどのキーワードから来たか、なんだか分からない「not provided」が、「どのページを見たか」という視点で変更になっています。

 

まとめ

本気でやってる

「社長!私は本気でマーケティングしてますよ!っと言いたい」

検索キーワードからの分析はWebマーケティングにとって重要なウエイトを占めることは言うまでもありませんね。別の記事の「Yahoo!検索がSSLを導入し検索キーワードが分からなくなる件」でも説明したようにGoogleアナリティクスでの流入キーワードはよりわかりにくくなることが明確です。

そのため、GoogleアナリティクスとSearch Console(旧ウェブマスターツール)を使いこなしながら分析することが重要ですね。「本気でWebマーケティングを行っている人は結構緻密に分析しているんですよー」と担当のクライアント先にも言いたい人が多いのではないでしょうか。

今回の記事は、「デジモノ備忘録」さん内容に沿って行わせていただきました。最後までありがとうございました。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*