Googleウェブマスターツールで「モバイルユーザビリティ上の問題を検出されました」件

モバイルユーザビリティ上の問題を検出されました

Googleが公式ウェブサイトで告知した4月21日にスマートフォン検索のアルゴリズムの大変動を起こすことは、SEO対策を行っている方にとってはすでにメジャーになっています。

今回は、Googleウェブマスターツールで登録しているウェブサイトが以下の内容を通知してきましたのでご報告です。

内容は以下の通りです。

SPONSORED LINK

「登録したURL」でモバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました

ウェブマスターツールでの警告

「登録したURL」のウェブマスター様

Google のシステムは、貴サイトの 338 ページをテストし、そのうちの 100% に重大なモバイル ユーザビリティ上の問題を検出しました。この 338 ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォン ユーザーにはそのように表示、ランク付けされます

 

告知されているので、当たり前ですが、ランクを落とすよ!とGoogleが指摘しているわけですね。今回の4月21日に行われるであろう、スマートフォン検索のアルゴリズム変更は本腰。というわけですね。

ご丁寧に修正割合も提示されていますね。338ページのうち100%お前は出来ていないと・・・。

 

今回のスマホ対応によるGoogleアルゴリズムの変更によって、やはり大変動が起こるのでしょう。なるべくユーザーのクレームを緩和するために呼びかけている訳です。

まだウェブマスターツールを導入していない方は「Googleウェブマスターツールの使い方と機能とは | 100%使いこなすマニュアル保存版」を参照してください。

 

スマホ対応に関する関連記事

今回のスマホ対応については以下の記事を参考にしてください。

 

まとめ

ちょと忘れていたサイトからウェブマスターツールの告知が来ました。良く見直してみたら、もう1つスマホ未対応のウェブサイトがあり、こちらの通知はまだ来ていません。

順々に送っているからでしょうか。

おそらくこの通知が来た皆様のウェブサイトに関しては、下記のような「スマホ対応」の表示が出来ていない可能性が高いですね。

スマホ対応表示

4月21日を過ぎると、スマホ検索時の順位が下がる可能性があるため、早めに手を打つべきですね。

最後までありがとうございました。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*