SEOコンサルタント募集中

Googleの創業者がAlphabet設立!その真意は?

Googleの創業者がAlphabet設立

Googleの創業者であり、CEOのラリー・ペイジ氏が新会社Alphabetを2015年8月10日に設立を明らかにしました。

ラリー・ペイジ氏は、Googleの検索アルゴリズム「ページランク」の発案者です。

また、今回驚くべきことに現行のGoogleはAlphabetの子会社となり、CEOはサンダー・ピチャイが引き継ぐことになりました。

このページでは、確認できている情報を整理していきます。

SPONSORED LINK

Alphabetの早わかり相関図

Alphabet設立

Alphabetの最高経営責任者(CEO)にはラリー・ペイジ氏が、プレジデントにはセルゲイ・ブリン氏が就任する。Googleの新CEOは、サンダー・ピチャイ氏になる組織構造改革を行いました。

●ラリー・ペイジ氏・・・Google共同設立者
●セルゲイ・ブリン氏・・・Google共同設立者
●サンダー・ピチャイ氏・・・Chrome OSやAndroid部門のトップ

Googleは何を担当するのか

  • 検索システム
  • 広告(アドワーズ)
  • 地図(GoogleMAP)
  • Google Playストア
  • YouTube
  • Android

Alphabetに担当が移るもの

  • Google X Lab
  • スマートホーム部門
  • Nest
  • ヘルスケア関連の事業(Life Science)
  • 投資事業(Google Venture)

Alphabetの社名の由来

投資に対する期待以上のリターン「アルファ(Alpha)」と、賭けを意味する「ベット(bet)」を合わせた造語になります。

 

Alphabet設立した理由について

Alphabet設立した理由

Alphabetは”会社の集合体”であり、一般消費者向けのブランドとしては使用されないことを、Googleの新CEOサンダー・ピチャイ氏が伝えています。

Alphabetは各事業を傘下に納め、新しいベンチャー事業に専念するため、検索広告事業を切り離ししたい狙いがあるといわれている。

投資家に対してのGoogleの情報について

新会社「Alphabet」を設立した理由については、Google投資家への情報「Google Announces Plans for New Operating Structure」で一部明らかにしています。その内容は以下の通りです。

  • Google自体の会社運営はうまくいっているので問題ありません。
  • 今回の変更で、より投資家に対し信頼できる構造になっています。
  • 関連性が薄い事業を個別運営化することによってマネジメントがより緻密に行うことが可能になります。
  • 事業の個別運営化によって個々のビジネスを反映させることができます。
  • 個別運営を任されたリーダーはより事業に注力することができます。

などの内容を投資家に対して説明、行っています。

 

まとめと意見

Googleの完全子会社化によって検索エンジンのアルゴリズムの変更があるわけではないし、Googleとして検索エンジンマーケットをさらに伸ばしていくのは変わらないが、今後CEOがサンダー・ピチャイ氏に変更になったため、Chrome OSやAndroidとの連携が強化される可能性も非常に高くなっていますね。

また、今回はGoogleが考えるイノベーションをすでに検索エンジンでは起こした。という認識のもとAlphabetがさらに新しいイノベーションを起こすための事業を切り分け、革新や改革を行っていくようにも見えますね。

株がうなぎ上りだそうで、買っとけばよかったです(笑)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*