SEOコンサルタント募集中

Bingウェブマスターツールの使い方「診断ツール」【保存版】

Bingウェブマスターツールの使い方

Bingウェブマスターツールの使い方の最終章の第3章になります。1章と2章では基本的な使い方とレポートデータの見方について説明してきました。今回はBingの検索エンジンで上位表示させるためのBingウェブマスターツールが用意している診断ツールについて説明していきます。

こちらの記事を初めて見た方は以下も参考にしておいてください。

【第一章】Bingウェブマスターツールの使い方「自分のサイトの設定」【保存版】
【第二章】Bingウェブマスターツールの使い方「レポート&データ」【保存版】

それでは、診断ツールを始めます。以下のような形で、重要度を掲載していますので、必要な項目だけはチェックしておきましょう。

  • 重要度1:★☆☆☆☆ おそらく重要ではない
  • 重要度2:★★☆☆☆ 人によっては重要になりえる
  • 重要度3:★★★☆☆ 必要かもしれないのでチェック
  • 重要度4:★★★★☆ ほぼ全員が確認した方が良い
  • 重要度5:★★★★★ チェックし行動した方が良い

このような形で重要度を記載しておきます。必要なものだけチェックしてみてください。

SPONSORED LINK

診断ツール関連の目次

【3.診断ツールの目次】

【4.Secutity(セキュリティ)】

【5.Bingその他の機能】

上記の内容を以下に掲載していますので、チェックしていきましょう。

 

3.Bingウェブマスターツールの診断ツール

Bing診断ツール

Biguウェブマスターツール上では、目次で上げた診断ツールについての項目がすべて一覧で利用することができます。利用する項目は以下の通りです。

  • キーワード調査
  • リンクエクスプローラー
  • Bingbotとして取得
  • マークアップ バリデータ
  • SEOアナライザー

上記の項目となります。以下で説明を1つ1つ行っていきますので、必要な部分の確認を行ってください。

3-1.キーワード調査 重要度4:★★★★☆

Bingキーワード調査

Bingの検索エンジンでのオーガニック検索のクエリ数を利用して、検索ボリュームを調べることが可能です。Bing検索内での表示回数(クエリ数)を確認することができ、かつトレンドの傾向が分かります。

国、言語、地域、日付などから絞り込めるため、トレンドを把握したり、検索市場を確認する場合に便利です。また、調べた履歴データは6ヶ月間保存されます。

 

使い方

  • Bingの検索クエリから調査が可能
  • 検索ボリュームやトレンドの把握が可能

 

3-2.リンク エクスプローラー 重要度3:★★★☆☆

リンク エクスプローラー

リンクエクスプロ―ラーは、調査するURLをBingに送信することで、そのURLに向けられたリンクを調査することが可能です。つまり、URLにに向けれた外部リンクのみを表示する機能です。

第2章で説明した「インバウンドリンク」とは少し違うので注意が必要です。

 

使い方

  • URLに向けられたリンクを調査することが可能

 

3-3.Bingbot として取得 重要度2:★★☆☆☆

Bingbot として取得

「Bingbot として取得」とはBingの検索エンジンのbotがどのようにウェブページをクロールしているかが表示される機能になります。こちらがウェブページを作成したとおりにBingbotがクロールを行っているか確認するのに役立ちます。

 

使い方

  • Bingbotのクロールがデータで確認できる

 

3-4.マークアップ バリデータ 重要度3:★★★☆☆

マークアップ バリデータ

マークアップ バリデータの機能は、ウェブページ内に含まれるマークアップ言語を検査できます。また、URLを入力し、検査することで、Bingの検索エンジンに構造化マークアップについて報告することができます。

簡単にお伝えすると、★などの評価が検索エンジン上に出ているものがありますよね。その表示確認と、表示を促す指示をBingに与えるということですね。

 

使い方

  • ウェブページ内に含まれるマークアップ言語を検査
  • Bingの検索エンジンに構造化マークアップについて報告
  • URL のリッチスニペットを Bingで表示

 

3-5.SEO アナライザー 重要度5:★★★★★

SEO アナライザー

SEOアナライザーは、ウェブページ単位でURLを入力し検証することで、Bingが考えるSEOの問題点を指摘を行ってくれるツールになります。オンデマンドツールでURLをクロールして、一連のSEOベストプラクティスに対して評価します。

第2章でお伝えした、SEOレポートと関連性が深いので、同時利用するのがおすすめです。

 

使い方

  • Bingが考えるSEOベストプラクティスを紹介してくれる
    (SEOの改善点の指摘)

 

3-6.Bingbot を検証 重要度2:★★☆☆☆

Bingbot 検証ツール

ウェブサイトにBingbotが本当に巡回しているかどうかを検証する場合に利用します。この場合にBingbot かどうかを確認するには、IP アドレスを入力します。

 

使い方

  • ウェブサイトにBingbotが本当に巡回しているかどうかを検証する

 

3-7.サイト移転 重要度2:★★☆☆☆

Bingサイト移転

ウェブページのURLを変更した場合や、別のサイトへ移動させた場合にBingの検索エンジンに通知するツールになります。301リダイレクトなどを行った場合に使用します。

サイト移転の画像

ドメインを別にしてサイト移転をする場合に関しては、2つともBingウェブマスターツールに登録を行い、移転依頼を上画像のようにかけることをお勧めします。

 

使い方

  • ウェブページのURLを変更した場合に知らせる
  • 別のサイトへサイト移転した場合に知らせる

 

4.Secutity(セキュリティ)

セキュリティ

登録しているウェブサイトのSecutity(セキュリティ)に関するチェックを行う場所になります。項目としては以下のものが上げられます。

  • マルウェア
  • Track Certificates

以下で詳しく説明しているので、確認していきましょう。

 

4-1.マルウェア 重要度3:★★★☆☆

マルウェア

マルウェアとは、一般的にウィルス関連やワーム(ネットワークを介して伝染していくウィルスプログラム)やトロイの木馬(コンピューターウィルス、不正プログラムの一種)などの悪質なコードの総称をマルウェアと言います。

Bingウェブマスターツールでは、登録したウェブサイトに関して、有害な要素が検出されているかどうかを確認することができます。

 

使い方

  • マルウェアに感染したURLを確認できる

 

4-2.Track Certificates 重要度1:★☆☆☆☆

トラック証明書

Track Certificatesとは、そのままの意味で「トラック証明書」のことになります。登録したウェブサイトにアクセスしたユーザーからリクエストされた証明書の詳細を表示することができます。

自身が予期しない証明書や怪しい証明書をBingウェブマスターツールを利用して、マイクロソフトに報告することができます。

 

使い方

  • 予期しない証明書をマイクロソフトに報告ができる

 

5.その他の機能

その他の機能

Bignのウェブマスターツールには今まで紹介した、「自分のサイト設定」「レポート&データ」「診断ツール」「Secutity(セキュリティ)」の他にも機能が存在します。その内容を以下にまとめておきます。

 

5-1.メッセージ 重要度5:★★★★★

Bingウェブマスターツールのメッセージセンターになります。Google Search Consoleのメッセージとほぼ同一の機能だと思ってよいです。登録したウェブサイト上での警告や、大量のクロールエラーが表示されます。確認できているエラーメッセージは以下の通りです。

  • (クロールエラー)大量のリクエストが発生し、以下のステータスを返しました: 404 (Not Found).このタイプの 240 エラーが発生しましたが、これは24 時間内に作成したすべてのリクエストの 10 パーセントに相当しています。
  • (機能について)今月はまだpeko.co.jp/の URL を送信できます

など、必要な情報に合わせてBingウェブマスターツールが教えてくれます。

 

使い方

  • ウェブサイトの警告や機能を告知してくれる

 

5-2.ウェブマスターAPI 重要度2:★★☆☆☆

ウェブマスターAPI

APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの頭文字をとった略語です。Bingウェブマスターツールが用意してくれるプログラムやアプリケーションを利用することで、開発環境を楽にします。

技術者以外が不要な項目なので、「BingウェブマスターツールはAPIが公開されている」と認識していれば問題ありません。

 

使い方

  • BingウェブマスターツールのAPIが公開されている

 

5-3.Bing Places for Business 重要度1:★☆☆☆☆

Bing Places for Business

Googleの検索エンジンで言うところのローカル検索(地図検索)を登録する項目になります。残念ながら、日本は対象エリアに入っていないため、登録する必要性は薄いと考えられます。現在は、米国、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、中国、ドイツ、香港、インド、イタリア、メキシコ、スペイン、スイス、台湾、イギリスで利用可能となっているため、登録の必要性は薄いでしょう。

 

使い方

  • Bingのローカル検索に登録できる

 

5-4.Bing ソリューション 重要度1:★☆☆☆☆

Bing ソリューション

Bingソリューションに登録することで、ウェブサイトの流入数の増加、広告の出稿、またはアプリ等の連動などが可能になるサービスになります。残念ながら、広告出稿やアプリ連動などは日本でも利用できますが、Bing Places(地図登録)などは、サービス圏外になっています。興味がある方は一度確認しても良いのではないでしょうか。

 

使い方

  • 流入顧客を増やすこと
  • お客様とのエンゲージメントの維持

 

まとめ

Bingウェブマスターツールに関しては、第一章から第三章までをご紹介してきましたが、診断ツールに関しては、まだまだベータ版になります。ただ、Google Search Consoleよりも優れている点もあり、かつユーザーが利用する検索エンジンの中にもBing検索エンジンが占める割合が高くなっているため、Bingウェブマスターツールに登録を行って様子を見ることをお勧めします。

改善や新機能があれば、当サイトのブログで紹介いたします。最後までありがとうございました。

【第一章】Bingウェブマスターツールの使い方「自分のサイトの設定」【保存版】
【第二章】Bingウェブマスターツールの使い方「レポート&データ」【保存版】
【第三章】Bingウェブマスターツールの使い方「診断ツール」【保存版】
Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:2件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*