SEOコンサルタント募集中

WordPressの新サイト作成時にSEO対策を考えたディレクトリ構造4つのポイント!

WordPressの新サイト作成時にSEO対策を考えたディレクトリ構造

ホームページを新しく制作するときや、大きなリニューアルを加えるときに悩むのがディレクトリ構造とURLの選定方法になります。今回はGoogleが認めているSEO対策において重要な構造について、なるべく簡単に説明していきます。

ディレクトリ構造とは
簡単にいうとドメインを区切っている「/(スラッシュ)」の事になります。当サイトのSEOペコの記事も「http://seopeko.com/記事タイトル」となっています。この構造の事ですね。

SPONSORED LINK

1.サイトマップを作成する

Googleが推奨するディレクトリ構造を行うためには、まずはサイトマップを作成することが重要です。(当サイトは残念ながら推奨する構造にはなっていませんが・・・)説明していきます。

WordPressユーザーが多いと思いますので、WordPressの説明を行って行きます。他のCMSを利用していても概念は同じです。

SEOのディレクトリ構造

上記のような形で、大カテゴリの直下には小カテゴリが並び、小カテゴリの下にはブログ記事が並ぶ形がGoogleが考える上での大事なサイトマップであり、ディレクトリ構造と言えます。

その理由としては以下で説明します。

 

2.Googleはパンくずリストを重視しているから

Googleはサイトナビゲーションの一環で「パンくずリスト」でユーザーの便利性が上がるという理解をしています。

パンくずリストとは
ユーザーが今WEBサイト内のどの位置にいるのかを視覚的に分かりやすくするため、上位の階層となるWEBページを階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことを指します。

先ほど作成をしたサイトマップを元に、ブログのパンくずリストを付けてみると以下のようなパンくずになります。

※パンくずはテキストでリンクさせるのが好ましいです。

パンくずリスト

サイトマップをしっかりと合わせることにより、パンくずリストにも無理がない構造となります。Googleとしてはディレクトリ「/(スラッシュ)」で切ったURLが、一覧のページが出ることをベストとしているため、ブログ記事が大カテゴリ、小カテゴリの直下に入ることが好ましいと言えます。

つまり、ブログ記事Aが「http://seopeko.com/seo/mobaile/blog」だった場合、「blog」を外した時でも、モバイルSEOのブログ一覧が出てくる構造ということになります。

ただ、WordPressのデフォルトの設定では「/category」という単語が入ってしまうため、これを排除する必要があります。

 

3.WordPressの「category」を外すには

パーマーリンク設定

WordPressの設定から「パーマーリンク設定」へ移動します。その中で「カスタム構造」にチェックを入れて中に「/%category%/%postname%/」を入れておきます。

これで、「大カテゴリ/小カテゴリ/ブログ記事URL」となります。このパーマーリンク設定の場合の注意点は以下の通りです。

  • あらかじめ大カテゴリ、小カテゴリを決めておく必要がある
  • 子カテゴリ追加をする場合、記事の移動は容易ではない

上記の懸念点がありますが、頭から設計図がしっかりできている場合はこのような対応を行った方がSEO対策には効果があります。

 

4.URLのつけ方について

Googleが推奨しているURLのつけ方は以下の通りです。

  • 内容と関係がないURLは使わない
  • なるべく小文字の英語を利用する
  • 1つのページにURLは1つにする

上記の内容を推奨しています。分かりにくい部分としては、「1つのページにURLは1つ」という意味ですが以下のダブりが考えられるからです。

【wwwありとなし】

  • www.seopeko.com
  • seopeko.com

どちらが良いかと言う点では「https」を利用することを考えるとwwwありで統一した方が良いでしょう。(当サイトはできていませんね。。。)

 

【.htmlありとなし】

  • seopeko.com/index.html
  • seopeko.com

こちらもどっちが良いというよりは統一する必要があります。

このように、「1つのページにURLは1つ」という意味で「Googleは2つのページが存在する」と認識してしまうからです。こちらも合わせて注意しておきましょう。

 

まとめ

今回はGoogleが推奨しているディレクトリ構造と少しURLのお話をしました。まとめると以下の通りです。

あらかじめサイトマップを作成すること
サイトマップに合わせたパンくずリストを作成すること
WordPressの「category」を外し、構造をしっかりすること
URLは意味のあるかぶらないものにすること

などになります。この情報はGoogleが出している「Google検索エンジン最適化スターターガイド」に全て書いてあることです。推奨している方法で新規サイトの立ち上げの際は注意していきたい項目の1つです。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*