Googleから届く「Mobile-first indexing」メールを分かりやすく解説!

Googleから届く「Mobile-first indexing」メールを分かりやすく解説!

「Google Search Console」に登録があるウェブサイトでかつ、Googleがモバイルファーストインデックスに移行したウェブサイトに以下のメール文が日本語で先日より届いている。

初めにお伝えしたいこととしては、このメールが届いた、多くの方は何もする必要がないということだ。

以下のメール文を確認してみよう。

Mobile-first indexing enabled for https://example.com/

件名:Mobile-first indexing enabled for https://example.com/

返信先:Google Search Console Team <sc-noreply@google.com>

<以下本文>

Mobile-first indexing enabled for https://example.com/

https://example.com/ の所有者様

モバイル ファースト インデックスが有効になっているため、スマートフォン用 Googlebot のログでサイトのトラフィックが増加している可能性があります。また、モバイル版のコンテンツから Google 検索結果のスニペットが生成されるようになることもあります。

背景: モバイル ファースト インデックスは、インデックス登録とランキングの決定についてモバイル版のコンテンツを使用することで、ユーザー(主にモバイル ユーザー)が探している情報を見つけやすくするための仕様です。弊社のクロール、インデックス登録、ランキングのシステムは、これまでは PC 版のサイトのコンテンツを使用していたため、PC 版とモバイル版でコンテンツが異なる場合、モバイル検索に不都合が生じることがあります。弊社の分析によると、お客様のサイトのモバイル版と PC 版は類似しています。

詳細:
• インデックス カバレッジについては、インデックス ステータス レポートをご利用ください。
• インプレッション数、クリック数、サイトのデザインについては、検索パフォーマンス レポートをご利用ください。
• ご不明な点がありましたら、ウェブマスター フォーラムにご投稿ください。その際は、メッセージ タイプ [WNC-00000000] である旨をお知らせください。または Google の一般公開イベントにお立ち寄りください。

以下で私の言葉で分かりやすく説明していく。

SPONSORED LINK

「Mobile-first indexing」メールを分かりやすく解説

今までGoogleは検索結果をPC版で評価し、表示していた。しかし、スマホ(モバイル)利用者の増加により、スマホ(モバイル)版で、Googleの検索結果を評価したいと考えており、移行を行っており、それを「Mobile-first indexing(モバイルファーストインデックス・MFI)」という。

このメールで、あなたのウェブサイトは、PC版の評価ではなく、スマホ(モバイル)版の評価にGoogleは切り替えた。

そのため、スマホ(モバイル)でユーザー流入が増えている可能性がある。

さらに、PC版で表示されていた検索結果(スニペット・description)がスマホ(モバイル)版ページでの内容に変わっている可能性がある。

スニペットとは Google

だから、PC版で行っていたことがスマホ(モバイル)版で行っていない場合は注意してほしい。

 

また、PC版とスマホ(モバイル)版でコンテンツが異なる場合、今後の検索結果の順位が変動する可能性があるので注意してほしい。

ただ、安心してほしい。弊社(Google)の分析によれば、あなたのサイトのPC版とスマホ(モバイル)版が類似していることを私たちは確認している。

 

何かそれでも心配の場合、当サイトで是非相談してほしい。

SEOペコ: SEO対策の無料相談フォーラム

 

また、Googleガイドでは公式の内容も掲載している。

こちらも一度確認することで、より理解を得られるのではないか。

MFI移行での注意点!3タイプのウェブサイト

「Mobile-first indexing(モバイルファーストインデックス・MFI)」の移行で注意しなければならないことがある。

それは、以下に該当するウェブサイトを運営している方だ。

  • (1)構造化データ(「パンくず」など)をスマホ版で非表示にしている場合
  • (2)PC版とスマホ版のURLが異なり、ページが相違している場合
  • (3)AMPページと非AMPページの両方がページにある場合

上記3つのいずれかに該当する方は、今回の移行で修正が必要になる可能性が高いので注意してほしい。

 

(1)構造化データ(「パンくず」など)をスマホ版で非表示にしている場合

PC版では「パンくず」を表示しているが、スマホ版ではデザインのため非表示にしているウェブサイトも多いだろう。

今回の「Mobile-first indexing(モバイルファーストインデックス・MFI)」の移行でスマホ版(モバイル版)の評価に変更されているので、「パンくず」などの構造化データが非表示になっているウェブサイトは修正が必要だ。

構造化データでのSEOの恩恵を受けられなくなってしまうので、注意しよう。

 

(2)PC版とスマホ版のURLが異なり、ページが相違している場合

PC版とスマホ(モバイル)版でURLが異なるウェブサイトはまだまだ多い。例えば、「/sp」などをスマホ(モバイル)版にしているケースだ。

こちらも、同じ内容(コンテンツ)が表示されている場合は問題ない。しかし、PC版とスマホ(モバイル)版でページの内容(コンテンツ)が違う場合は、PC版のコンテンツをスマホ(モバイル)版に修正をする必要がある。

例えば、修正事例は以下の通りだ。

  • スマホ版のコンテンツが少ない:PC版にコンテンツ量を合わせる
  • スマホ版の画像が少ない:PC版になるべく合わせる
  • メタデータ(Title、description)がスマホ版にない場合:PC版に合わせる

などの修正方法だ。

個人的には、PC版とスマホ版でユーザーが見やすい状態であれば、画像が相違していても良いと考えているが、コンテンツの量は検索順位に影響がある。

そのため、ページの相違がないか一度チェックすることが重要だ。

 

(3)AMP版と非AMP版の両方がページにある場合

GoogleはAMP版と非AMP版の両方がウェブサイトにある場合、今回の「Mobile-first indexing(モバイルファーストインデックス・MFI)」で「非AMP版のモバイルURLを優先してインデックスする。」

そのため、PC版とスマホ版の異なるURLを保有しており、かつAMPを設定している場合は注意が必要だ。

 

補足:通知される期間やGoogleクロールについて

今回の「Mobile-first indexing(モバイルファーストインデックス・MFI)」の通知を受けた場合、すでにGoogleはMFIへの移行を行った状態となっている。

また、MFIに移行した段階で、多少サイトの「インデックス」に変動があることが、以下のTwitterで告げられている。


弊社でも複数のウェブサイトを管理しているが、「インデックス」などに不具合があることはなかった。

 

まとめ

全てのウェブサイトが「Mobile-first indexing(モバイルファーストインデックス・MFI)」になったわけではなく、Googleは移行を進めている段階だ。

  • レスポンシブデザインでウェブサイトを作成している場合
  • パソコン版しかウェブサイトがない場合

などのウェブサイトは、対応する必要はない。(パソコン版のみの方は、是非レスポンシブデザインに変更をしてほしい。)

しかし、注意点も必要だ。

  • 構造化データをスマホ(モバイル)版で隠している場合
  • アコーディオンやタブで重要なコンテンツを隠している場合

以上の場合には、多少変動が見られるかもしれない。

構造化データはスマホ(モバイル)版にも表示し、アコーディオンやタブをスマホ(モバイル)版に利用している場合は「MFIでアコーディオンやタブで処理したコンテンツが評価されていない可能性あり!?」の記事を確認してほしい。

【ご協力お願いします】この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。 こちら→「https://seopeko.net/」の無料相談フォーラムも最近運営しています。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*