Author Rank(オーサーランク)とは|指標になると決まっていない!オーサーランクを解説

Author Rank(オーサーランク)とは

Googleのアルゴリズム変更はSEO業者やSEO対策を行っている全ユーザーが大打撃を受けた項目ですね。Googleはバックリンク(被リンク)の時代ここ数年で終了させてしまい、新たな基準を設ける施策を始めているそうです。それが、今回お伝えする「Author Rank(オーサーランク)」になります。

Author Rank(オーサーランク)とは
Googleのアルゴリズムの1つで、オーサー(著作者)の評価を表します。SEO業界特有の言葉になります。2014年3月の米Googleの検索サービスの責任者、Amit Singhal(アミット・シングハル)氏の会見では、ランキングを決める要因としては利用していないことを明らかにしています。

SPONSORED LINK

Author Rankは今後、検索に影響を及ぼすのか?

Author Rank(オーサーランク)がSEO対策において重要になる。というのは米国でも日本でも飛び交いました。実際のネタはグーグルのマット・カッツ氏が会見した動画が元ネタになっているようです。


マット・カッツ氏はもちろん英語で話すので、動画を見ても分からない方のために翻訳をさせていただくと下記の事を伝えています。

バックリンク(被リンク)は消滅するか?

ペンギンアップデートやパンダアップデートは進んできたが、バックリンクが完全に消滅するためにはかなり時間がかかる。ただ、バックリンクの重要性はかなり薄まると思います。

著作者の特定はできているか

Googleはまだ、著作者の特定がてきていません。ただ、言語への理解は非常に進んでいます。今後自然言語を理解する方向に進みます。

バックリンク(被リンク)の重要性

自然言語をより理解することで、コンテンツの真意がわかり、どのような意味記載がある言葉なのかを理解することで、必然的にリンクの価値は探り、重要性はなくなるだろう、と思っています。

今後数年はページやサイトの基本的評価にはバックリンク(被リンク)を使い続けると思います。

「翻訳のまとめ」評価指標が変わったわけではない

翻訳をしてみれば分かる通り、評価指標が変わったわけではありませんね。「何らかのものに移行する」という言葉は「置き換える」という言葉とは違いますので、色々検索してみるといろんな見解があるので注意しておきたいです。

コンテンツをしっかりと掲載しておくことが、当たり前ですが重要になりますね。

コンテンツの重要性を学びたい方は「パンダアップデート対策|パンダアップデートチェック3つの方法と解除方法」の記事を一度読んでいただきたいですね。

くどいですが、「バックリンクを外す変わりに、オーサーランクを評価する」というわけではありません。SEO対策を行っている方は注意してくださいね。

 

追記文章(2015年8月28日)

Googleの検索アルゴリズムは「Author Rank(オーサーランク)」のようなランク付けを辞めました。ただ、権威がある人の文章や独自性がある文章はGoogleにひょかされやすく、そのためGoogleは記事の品質をチェックするアップデート、パンダアップデートを繰り返している状態です。

繰り返しますが、「Author Rank(オーサーランク)」のようなランク付けは行われませんでした。

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:2件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*