Googleのドアウェイページ(誘導ページ)・アップデートがアフィリエイトにもたらす影響を解説予想

Googleのドアウェイページ(誘導ページ)・アップデート

2015年3月16日にGoogleの公式サイトウェブマスターセントラルブログに、新しくドアウェイ・アップデートを行う告知がありましたのでご報告です。(参照:An update on doorway pages

ドアウェイページは日本語に直すと誘導ページ(Doorway Page)という意味です。このドアウェイページはそもそもですが、Googleのガイドライン違反としてすでに「ウェブマスター公式ブログ(日本)」で説明がなされていました。(参照:誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です

SPONSORED LINK

1.今までの誘導ページガイドライン

今までの誘導ページのガイドラインは以下の通りです。

誘導ページとは
ユーザーを特定のサイトに誘導したり、資料請求などをさせたりすることだけを目的に作られた、ユーザーに独自の価値を提供していないページ群のことをいいます。(いわゆる「サテライトサイト」の中にも、誘導ページにあたるものが多くあります。)

  • 品質の低いコンテンツに特定のリンクを追加しただけのブログ
  • 地域名意外ほぼ同一の誘導ページを大量に生成している

(2012年1月16日のブログ記事)

このような形で誘導ページに関しては、GoogleとしてはすでにNGを出しています。ただ、パンダアップデートやペン義アップデートを繰り返している中で、ある程度上記の条件に入ってくるウェブサイトは少なくなったのではないかと思われます。

では、今回のGoogleのドアウェイページ(誘導ページ)・アップデートは何が違うのでしょうか。

 

2.Googleヘルプでの誘導ページ概要

以下の文章はドアウェイページ更新の告知後に追加されたGoogleヘルプでの説明です。今までの説明と違う部分を赤字で掲載しています。

誘導ページは、特定の検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページです。誘導ページにより、結果類似する複数のページが検索ページに表示され、どの検索結果からも同じ内容のサイトやページにユーザーが誘導されるため、ユーザーの利便性が妨げられることになります。また誘導ページは、最終的なアクセス先となるサイトやページに比べ有用性の低い中間ページにユーザーを誘導することもあります。

気になる項目としては、「最終的なアクセスの先となるサイトやページに比べ有用性が低い中間ページ」という部分がアフィリエイトに引っかかるのではないかと、心配されている方も多いようです。具体的にはどのようなものが誘導ページなのでしょうか。

誘導ページの例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 特定の地域や都市を対象としたドメイン名やページを複数持ち、それらのドメインから 1 つのページにユーザーを誘導するもの

  • サイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的として生成されたページ

  • サイト内における階層が明確に定義されていないため構造としては検索結果の一覧に近い、内容が類似する複数のページ

確認するとほとんどが赤字となってしまいました。つまり、今までのGoogleのドアウェイページのガイドラインとは関係ない更新が行われると思った方が良いでしょう。

 

3.アフィリエイトプログラムのガイドライン

アフィリエイトプログラムに対するGoogleのガイドラインでは以下のようにGoogleは回答しています。こちらも合わせて確認してみた方が良いでしょう。

  • サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する。
  • ユーザーが元の販売者のサイトに直接アクセスせずにこのサイトにアクセスしようとする理由を考える。元の販売者が提供しているコンテンツを転載するだけでなく実質的な付加価値を提供するサイトにします。
  • アフィリエイト プログラムを選択する際、サイトの対象ユーザーに適した商品のカテゴリを選択する。
  • ウェブサイトでユーザーのコミュニティを形成する。熱心な読者の獲得に役立ち、サイトのテーマに関する情報が集まる場を作ることができます。
  • 常に最新で関連性の高いコンテンツを提供する。

Googleはアフィリエイトプログラムに関しては上記のように推奨しています。この内容を見る限り、ドアウェイアップデート=アフィリエイトはNGという方程式は成り立ちにくいでしょう。

 

SEO対策で有名な辻さんも以下のツイッターで答えています。

辻のツイッター

 

確かに、蓋を開けてみたいと変わらないですね。

 

4.誘導ページかどうかのチェック

Googleは自身のサイトが誘導ページかどうかのチェックを以下の問いを投げかけることで、確認をするように推奨しています。(参照:誘導ページについて、品質に関するガイドラインを更新しました

  • 検索エンジン用に最適化することでサイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的としているか。そうである場合、そのページがサイトのユーザー エクスペリエンスに不可欠か。
  • ページのコンテンツが極めて具体的であるにもかかわらず、一般的なキーワードで検索結果の上位に表示されることを目的としていないか
  • 検索トラフィックを増やすことを目的に、そのページにサイト上の既存の項目(場所や商品など)をまとめたコンテンツを繰り返して掲載していないか
  • コンテンツや機能において独自の価値はなく、単にお金儲けのためにユーザーを別のページに誘導することのみを目的に作成されたページではないか。
  • ページが「孤立」して存在していないか。サイト内の他の場所からそのページへの移動が困難または不可能ではないか。検索エンジンのためだけに、サイト内の他のページやサイトのネットワークからそのページへのリンクを作成していないか。

など、現在のサイトの運営状態をチェックする必要があります。

読んでみてわかりますが、具体性がある内容はあまり触れていませんので、私の考え方を以下に追記しておきます。

 

5.今回のSEOペコの考え方について

蓋があいてから(更新が行われてから)考える場合が多いですが、Googleが考える意思を確認しておくことは大事です。少し私なりにまとめました。以下からは持論なので注意してください。

 

  • 「サイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的としているか」
    お役立ち情報としてアフィリエイトの中でもジャンルに特化したサイトを運営していれば大丈夫という認識を持ちました。そもそも、意味のない文章は今でもNGですし・・・。

 

  • 「ページのコンテンツが極めて具体的で、一般的なキーワードの上位表示目的」
    これは、ロングテールSEOをメインに行っていれば問題ないということですね。サイトのトップをビックキーワードなどで狙っている場合はNGと言う解釈をしました。企業とかが多いですが、大手企業は今回も順位変動ないんだろーな・・・っと思ってます。

 

  • 「単にお金儲けのためにユーザーを別のページに誘導することのみを目的に作成されたページ」
    そもそも、独自性がないコンテンツはパンダアップデートでかなり下げられたのでは?と思ってしまいます。こちらの見解は不明が多いですね。要注意です。

 

  • 「ページが「孤立」して存在していないか。サイト内の他の場所からそのページへの移動が困難または不可能ではないか。」
    SEO対策を知っている方であれば問題ないことだと思いました。必然的に行っていることですね。

 

今回のアップデートはしばらく待ってみる必要がありますね。

本日にウェブマスターフォーラムが開催されるので、何か新しい情報が出るかもしれませんね。また、こちらに追記していきます。最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*