SEOコンサルタント募集中

検索エンジンの順位変動を感じたらチェックする無料ツール厳選4つ

順位変動を感じたらチェックする無料ツール

Googleが運営する検索エンジンのアルゴリズムは、昔聞いたお話であれば、5秒に1度程度、少しづつ変わっているそうです(おそらく昔話)。ペンギンアップデートパンダアップデート、コアアルゴリズムの変更などで、大幅に順位変動する場合も含めて、チェックする無料ツールをご紹介したいと思います。

こんな時にチェックしてください。

  • え!?PVが減ったけど順位変動があった?
  • コンバージョンが減少した!主要ページが変動があった?
  • 急に検索順位が落ちたけど、何かあった?
  • 何かアップデートが行われた?

上記のようなことを思った時に以下のツールを使ってください。

 

1.Googleのアップデートをチェックするツール「Panguin2.0」

パンギンツール

公式サイトはこちら

項目 詳細
利用用途 Googleアップデートの疑いの際にチェックする
利用条件 Googleアナリティクスを設定している必要がある
費用 無料
利用設定 Googleアナリティクスのデータを連動させる必要がある
注意点 ちょっとアップデート情報が遅い

 

これは、おそらく”パンギン”と読むのが正しいと思います。ペンギンアップデートやパンダアップデート、その他アップデートが行われたときに、Googleアナリティクスと連動してPVの変化を確認できる便利なツールです。

 

Panguinパンギン2.0の使用イメージ

パンギン2.0利用イメージ

Googleアナリティクスと連動した際と、Googleアップデートが行われた期間に線が入りますので、PVが下がった時に何らかのアップデートが関係しているかどうかを一目で確認することができます。表示されているアップデートは現在以下の通りです。

  • パンダアップデート
  • ペンギンアップデート
  • コアアルゴリズムの変更(ファントム)
  • モバイルフレンドリーアップデート
  • ピジョンアップデート
  • 未定義の更新

おそらくすべての主要のアップデートは確認することができます。パンギンは便利ですね。

 

2.順位変動をアラート!「namaz.jp」

なまずJP

公式サイトはこちら

項目 詳細
利用用途 日本での順位変動をいち早くチェックする
利用条件 特になし
更新頻度 1時間毎に自動更新
費用 無料
利用設定 特にないが、PCとMOBILEに分かれていて便利。
また、PCは業種別でも変動をチェックできる。
注意点 ・すべての検索エンジンのキーワードをチェックしているわけではない。
・1時間毎に不安定や大変動が起きても、
その後変動がなければ、トータルして安定となる場合もある。

 

私は「ナマズJP(ジェーピー)」と呼んでいますが、正式名称は「namaz.jp」ですね。日本での順位変動をいち早く確認するのに便利なツールです。PVが減った、コンバージョンが減った際に、いち早くチェックすることができる点が魅力です。

また、変動アラートメールや、Twitterなどでフォローしておけば、変動をお知らせしてくれるのも魅力の1つです。

 

利用時の注意点

「ナマズJP(ジェーピー)」の変動がすべてではない点です。以下のことが注意点となります。

  • 海外(米国)の変動には対応していない
  • 1時間毎の更新だが、最終的に平均値で順位変動を決めている
  • ウォッチしているキーワードが検索エンジンすべてではない

上記のような注意点が存在しますが、無料でサクッと確認できるのが魅力的です。

 

3.天気のように変動が分かるツール「MOZCAST」

MOZCAST変動ツール

公式サイトはこちら

項目 詳細
利用用途 順位変動を正確にチェックするために利用
利用条件 特になし
更新頻度 1日おきに更新
費用 無料
利用設定 なし
注意点 ・前日の変動しか確認できない
・時差で1日ずれているので注意

 

Googleのアルゴリズムの乱れを天気のような形で表示してくれている分かりやすい海外のツールです。英語嫌いの方は難点ですが、Googleの変動をチェックするのに便利です。他のツールを合わせて変動があった時にはチェックします。

ただ、時差で1日、日本よりずれている点と、昨日の変動しか分からない点でリアルタイムではないということです。ただ、先ほど紹介した「namaz.jp」よりも細かい調べ方をしているため、正確に変動をキャッチできます。

SEOコンサルタントの方は利用している方が多いのではないでしょうか。

 

4.Search Consoleの検索アナリティクス

Search Console検索アナリティクス

公式サイトへ

これは順位変動を感じたとき、順位変動が行われたときに必ずチェックしてほしいですね。なぜならば、順位変動があった場合、サイトへのPVやセッション(訪問)しか見ない方が多く、あるキーワードでは10位に下降し、あるキーワードでは1位に上昇していた場合、PVの変動があまり見られないケースがあるためです。

 

変動を感じたときの検索アナリティクス使い方

順位変動を感じた場合には以下のような設定を行い確認します。

検索アナリティクス

  • 掲載順位にチェックを入れる
  • 表示回数にチェックを入れる
  • 期間を比較する

上記をチェックすることで、過去の変動率が分かります。

キーワードを中心に確認する「クエリ」と、ページ別に順位を確認する「ページ」を両方確認してきましょう。

順位変動

上記のような形で順位変動を確認できます。上がっているのもあれば、下がっているものもありますね。日付をカスタムにすることで、アップデートがあった日から検証することも可能です。

 

まとめ

Googleの検索エンジンに順位変動があった場合、おおかた私は1~4の順番で確認をしていきます。(もちろんGoogleアナリティクスなどの分析ツールでサイトを分析している前提ですが。)

検索エンジンの順位変動は常に行われています。大きなアップデートではなくともやはり変動していきます。検索エンジンは簡単にお伝えするとランキングシステムになるので、1位がいれば、100位もいます。そのため順位が落ちたと思っても、変動ではなく他社(他のサイト)に負けただけです。

Googleのアルゴリズムを理解して正しいSEOを行いましょう。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*