SEOコンサルタント募集中

大きく検索順位変動中!Googleが2018年3月13日にコアアルゴリズムのアップデートを実施したことを報告。

大きく検索順位変動中!Googleが2018年3月13日にコアアルゴリズムのアップデートを実施したことを報告。

Googleの公式Twitterで3月13日にコアアルゴリズムのアップデートを行ったことを報告しました。

上記の内容は以下の通りです。(翻訳が合っているか自信ないです・・・。)

毎日、Googleは通常、結果を改善するために1つ以上の変更をリリースし、特定の改善に焦点を当てています。先週、Googleは広範囲な「コアアルゴリズム」のアップデートをリリースしました。Googleは、コアアルゴリズムのアップデートを毎年、定期的に数回行います。

という内容をツイートしました。

コアアルゴリズムは先週のアップデート!3月1日からの変動は?

検索順位を追っているマーケティングの方、アナリティクスなどを分析している方はお気づきだと思いますが、日本時間の3月1日(木)の午後ぐらいに、順位の変動が確実にありました。

SEOと言えば!(名前も私と似ている、セミナーで名札を間違えたこともある)辻さんのTitterでも同じことを伝えています。

これは、2017年12月6日が公式ブログで発表した、「医療や健康に関連する検索結果の改善について(以下:医療アップデート)」で日本のみで行われたアップデートで変動が合った結果が一部改善されている印象がありました。

つまり、

  • 3月1日~3月6日:医療アップデートの一部改善?
  • 3月7日~:コアアルゴリズムの変更

以上が行われたことになります。

3月1日からGoogleのランキングは非常に動いており、「何が良いのか」「何が悪いのか」分からなくなっている状態です。

ただ、Googleは今回のコアアルゴリズムの変更に関するヒントと改善に対してもツイートしています。

今回のコアアルゴリズムの変更について

GoogleはTitterで続けて、今回のコアアルゴリズムの変動内容についてツイートしてくれています。

上記のようなコメントを入れています。

内容をまとめると、

  • Googleが評価できていなかったページを評価するように変更している
  • そのため、今回下がったのは悪い評価で下がったのではない

という見解になります。

Googleがウェブページを過大評価したり、過小評価したりすることは良くあることです。

「何でこのページが上がってないの?」と感じる過小評価されているページに今回のコアアルゴリズムの変更を加えたということになります。そのため、1位がいれば2位がいるため、評価が悪くなったのではなく、他のページが上がったことで順位が落ちてしまったページがあるということです。

Googleは続けてツイートしています。

Googleの順位が下がった場合に行う改善

順位が下がったページは、

  • 素晴らしいコンテンツを作成して修正すること
  • 時間が経つとともに順位が上がることもあること

とツイートしています。

つまり、「駄目だと思うページは修正しなさい、素晴らしいコンテンツを提供する以外、修正方法はない!」とGoogleは改善方法を告知してくれています。

今回のポイントと所感

医療アップデートによって一部のウェブサイトのページの順位が著しく低下したものの、3月1日の改善で見直しがされたことは事実。

その間も変動を繰り返しながら、3月6日頃にコアアルゴリズムのアップデートがあった。

以上の点から、

  • ユーザーのためになる素晴らしいコンテンツを作成すること
  • 順位が下がったページに関しては修正、または少し時間を待って確認すること
  • 医療分野、健康分野で下がったキーワードも見直される可能性があること

などが今回の見解です。

アップデートが行われたときは、順位変動がその後繰り返し起こります。そのため、データの分析ができないため、私は1ヶ月~2ヶ月ほど我慢強く改善せずに待っている場合が多いです。(と言いながらも改善しちゃうんですけどね。)

「Googleアナリティクス」や「サーチコンソール」などを利用して分析はしっかりと行いましょう。

今後のSEOで重要だと思うこと

今後のSEOに関しては、

  • 「SEOは超コンテンツ時代」に突入すること
  • ウェブとリアルの融合が求められること
  • 文章力にも「真実」が求められること

などが考えられると私は思います。

ユーザーが何を求めているか考えながら時代の流れにSEOも合わせていく必要がありますね。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*