8月1日のアップデートでGoogle検索順位が下がったウェブサイトに何が出来るか?対処法

2018年8月1日、2日にGoogleのコアアルゴリズムのアップデートが行われ、検索キーワードの順位が下がったウェブサイトやウェブページも多いのではないでしょうか。

翻訳:今週は1年間何回も行うように、幅広いコアアルゴリズムのアップデートをリリースしました。3月のアップデートと同じです。

コアアルゴリズムとは、「Google検索の仕組み」のことで、「仕組みを新しくした」ということです。このページでは、8月1日で行われた大規模なコアアルゴリズムのアップデートに関して、

  • どのようなサイトに影響があったのか
  • 順位が下がったページやウェブサイトに何ができるか

などを、約1ヶ月間経過した今だからこそ、情報を整理しながら説明をしていきます

また、当然ですがSEOに対する答えはなく、弊社の見解となりますことをご了承ください。

どのようなサイトやページに影響があったのか?

どのようなサイトやページに影響があったのか?

影響がどのようなサイトにあったのか、という確認を行ったところ、以下の内容が一番有力な回答だと私は思います。

検索パフォーマンスが上昇したサイト

  • 実在している(Google マップに表示される)医療機関(病院など)が運営するサイト
  • 実在している学術機関が運営するサイト
  • 医療や製薬などの業種で上場している企業(および関連子会社)が運営するサイト
  • 上場企業に匹敵するブランドや認知度がある企業(某自然食品会社など)が運営するサイト
  • Amazon や楽天など大手が運営するサイト

検索パフォーマンスが低下したサイト

  • 医療機関ではない店舗が運営するサイト
  • アフィリエイト目的のサイト
  • 医療機関の予約マッチングサイト
  • 広告掲載を目的としたメディアサイト

ウェブマスターフォーラムの「たんのかん」さんのコメントから引用)

コメントにも挙げられているように、もちろん例外もあり、例えば実際に医療機関の病院であっても、検索パフォーマンスが低下している場合があります。

弊社での見解について

以下から弊社の見解ですが、

  • 「医療と健康、お金」YMYL(Your Money or Your Life)
  • 「記事の品質(E-A-T)」(Expertise、Authoritativeness、Trust Worthiness)
  • 「検索クエリでの関連性」

上記の内容のものが変動したと考えられ、詳しく説明していきます。

「YMYL」「E-A-T」での順位変動

YMYL(Your Money or Your Life)とは、「Google検索品質評価ガイドライン」の評価項目の1つです。

そのため、YMYLに関連するページの品質や専門性が特に重要になっており、「医療と健康、お金、法律、金融、ECサイトなど」に関するコンテンツに順位変動が大きくあったと考えられます

また、当社の調べでは、専門性を持っていたとしても「E-A-T(記事の品質)」が伴っていないウェブサイト、ウェブページは順位を下げました。

YMYLの詳細に関しては「YMYL(Your Money or Your Life)とは?「記事の品質」(E-A-T)との関連性と今後の運営」を確認してください。

検索クエリでの関連性による順位変動

特に順位を落としたウェブサイトは、検索クエリ(検索キーワード)の関連性に問題がある場合が多く見受けられました。

その内容としては、

  • 検索クエリ(特にTitle)と記事の内容が相違していたページ
  • ウェブサイトが評価されていたがアップデートで順位を落とし、記事とは無関係の関連クエリで流入していたワード

上記の2点です。

ページの「Title」と記事の本文が相違していた場合、順位が上がらないのは当然のことではありますが、その関連性に対して、さらに細かくGoogleが判断できるようになったと考えられます。

また、サイト全体がGoogleに評価されており、通常流入しないキーワードで上位表示されていたページも順位を落とした傾向があります。この点に関しては、ユーザーが考える検索クエリ(キーワード)と、Googleが表示する順位の関連性が強化されたと考えることが出来ます。

順位が下がったページやウェブサイトに何ができるか?対処法

順位が下がったページやウェブサイトに何ができるか?対処法

  • 順位が上がった場合:このままの運営を続けていく
  • 順位の変動がなかった場合:記事の品質(E-A-T)や「YMYL」を理解しページの品質向上に努める
  • 順位が下がった場合:以下で説明

上記のような方法が有効であると考えています。それでは今回「順位が下がったページ」の考えうる対処方法を説明していきます。

Googleが伝えている対処法について

Google(金谷さん)は、8月1日のコアアルゴリズムのアップデートで順位が下がったページに以下のような対策を伝えています。

以上のように「良質なコンテンツを作ること」という一般的な対象方法になります。もちろん「具体的にどのように改善していくべきなのか」は教えてくれません。

まず、今回順位が下がってしまったページやウェブサイトに2つのタイプがあり、説明していきます。

タイプ1:自社サービスや商品などと関連している場合の対処法

特に「YMYL」ジャンル(医療、健康、お金、金融、法律)で、自社サービスと関連したウェブサイトを運営している場合、以下のポイントで下がった可能性があります。

  • コンテンツ品質の問題
  • 会社の規模や知名度の問題

この場合、Googleが伝えるようにコンテンツの品質を改善していくこと、会社をより大きくしていくこと、などに注力をしていけば、比較的問題がないと考えています。Googleが「良質なサイトを作るためのアドバイス」を公式ブログで説明しているので、こちらを今一度参照してください。

また、「タイトル(Title)」と「コンテンツ内容」の関連性を重視しながら、コンテンツの作成、改善を行っていけば良いでしょう。

集客が死活問題にかかわるケースがありますが、あきらめずに頑張りましょう。

タイプ2:自社サービスと関連していないウェブサイトの対処法

自社サービスと関連していないウェブサイトとは主に、

  • 個人で運営しているブログ
  • アフィリエイト関連サイト
  • 広告が目的のウェブサイト

になります。

特に「YMYL」ジャンル(医療、健康、お金、金融、法律)の順位回復はかなり厳しいと言えるでしょう。

そのため、「タイプ2」の場合でウェブサイトを運営していくのであれば、

  • 誰が見てもその道のプロや専門家になる努力を行う
    (資格やリアルな活動など)
  • 自社サービス・商品を作り、ウェブサイトで展開し知名度を上げていく
    (広告収入にとらわれないウェブサイト作り)

などの努力が必要になり、例えページやウェブサイト全体の品質を改善したとしても上位表示は期待できない可能性が高いといえます。

確認して分かる通り、一朝一夕では行えないウェブサイト運営となり、脱落する方も多そうです。

まとめ:私が思う現在のGoogleの考え方

(以下は私の主観であり、決してすべてがそのようなわけではありません。)

例えば、「YMYL」に関連するコンテンツの場合、以下の例を見てください。

例)大手病院が運営 【医療(YMYL)関連のコンテンツ】
・専門性:◎かなり専門的
・権威性:◎ある
・信頼性:◎高い

→後は記事の品質で順位が変動する

例)個人や医療従事者以外が運営 【医療(YMYL)関連のコンテンツ】
・専門性:△あるかもしれない
・権威性:△運営期間や運営元の知名度によって左右される
・信頼性:△権威性に左右され、あるか分からない

→記事の品質の前に「信頼度がないでしょう」という判断

 

シンプルにお伝えすると、上記のことをGoogleが行っていると私は考えています。そのため、コンテンツを発信する「専門家」やそのバックボーンである「会社」などが大きく関係していると思われます。

だからこそ、検索ユーザーには「大手の会社が上位表示されている」ように見えると考えています。

しかし、私は「会社の規模が小さいから、SEOでの集客はできない」という考え方はしていません。

例えば、規模の小さい会社でもサービスを差別化し独自展開していけば、売れる商品が作れます。ウェブサイトやコンテンツも同じような考え方で差別化していく必要があると思います。

今一度、ウェブサイトの運営方法や、個人の専門性、自社サービスについて見直してみてください。

最後にGoogle変動での改善注意点

Googleのコアアルゴリズムのアップデートが行われ、ウェブサイトにも比較的データが集まってきたのではないでしょうか。

変動時に一番行ってはいけない改善としては、「意味が分かっていない小手先の改善」です。

例えば、「リンクを貼る」「タイトルを無作為に変更する」などの方法が挙げられます。そのような行為で簡単に順位が下がったページが改善されたらだれも苦労しません。そのため、しっかりとデータ分析することや、社内での検討、SEOコンサルタントなどと話し合い、改善方法や今後の運営方法を決断してください。

運営に悩んでいる方、方向性に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*