Google順位大変動の原因は新しいアップデート?なぜかパンダ直撃サイトが復活!?

Google順位大変動の原因は新しいアップデート

2014年8月23日にGoogleアルゴリズムの大幅な変更が行われ、ここ1年を振り返っても、一番大きな変動を記録している。

順位が戻ったや、下がったまま、上がったなどの報告が多数見かけるが、いったい何の変更があったのかを検証したいと思います。今回のGoogle順位大変動の原因と思われることは以下の通りです。

  • Googleの検索エンジンのバグ
  • ペンギンアップデート3.0の発動
  • 新しいアップデートの発動

 

少しこれを検証していきたいと思います。

SPONSORED LINK

検証1.パンダアップデートに引っかかったサイトが復活?

パンダアップデート

抽出データ(2014年5月1日~2014年6月31日)

上画像は2014年5月にパンダアップデートに引っかかったサイトになります。見るも無残な訪問数の現象とウェブマスターツールでの現象は本当にガッカリしました。

逆にPV見て驚かれた方がいるかもしれませんが、これぐらいのPVで十分稼げますね。実際に月20万ほど稼いでいた有力サイトだったのでショックを隠せませんでした。

このサイトは、なぜパンダアップデートの影響を受けてしまったのか、分からないサイトでした。コピペなども一切行っていませんし、被リンクがあまり、集まりにくい分、質の低いコンテンツについてはかなり気を使っていました。

 

今回の大変動でなぜか復活?

大変動からの復活

データ期間(2014年8月6日~8月27日)

原因は、まだ判明していませんが、2014年6月から、1度も更新をかけていないホームページが急に勢力を戻してきました。なぜ?と思いながら驚きました。それにしても前よりもセッション数が増えているので、ちょっと出来過ぎですね。

 

ウェブマスターツールもチェック

ウェブマスターツール

上画像はウェブマスターツールのデータを確認すると、こちらも8月25日に「ボカン!!」となっていました。青いデータは表示回数の推移なのですが、倍以上の表示回数となっているので驚きです。

そーいえば最近、アフィリエイト報酬が増えたような気がしていました。

 

検証2.ボカンとPVが上がったサイト

訪問数が上がった

なんと別のサイトもうれしいことに訪問数が上がっていました。5月から低迷し続けていたサイトですが、8月26日から復活の兆しが出ています。

サイトは便利系をまとめた複合サイトでジャンルはありません。上のパンダを受けたサイトはジャンルを特化している特化サイトでした。

 

検証から分析

少しデータが少ないですが、他の運営している10サイトほどは変動がありませんでした。そのことを確認して分析をすると以下のことが上げられます。

  • ページ数(インデックス数)が多いサイトが今回復活した200ページ以上
  • パンダアップデートを受けたサイトが復活した(2サイトとも)
  • 順位が100位から200位ほど上昇しているキーワードが多数。
  • 他の順位が下がったらら上がったのではなさそう
  • 両方のサイトとも被リンク対策などは一切していない

分析すればするほど、今回のデータで、問題が分からなくなりますね。なぜパンダアップデートでひっかかったサイトが上昇したのか。また、驚くことに順位が上がったサイトはあっても、順位が下がったサイトはなかったということです。

皆さまはどのように考えますか?

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:3件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*