Googleパンダアップデート4.2は2015年7月から10月現在まで、ずっと終わっていない・・・

Googleパンダアップデート4.2

2015年の7月18日頃から、パンダアップデート4.2がスローロールアウトされていたのは忘れている方も多いのではないでしょうか。最近大幅なパンダアップデートがないから、やれやれと思っている方も驚愕の事実ですが、パンダアップデート4.2は、2ヶ月半たった今も、まだ終わっていません

7月27日に当サイトで書いた記事「Googleのパンダアップデート4.2は、まだ終わっていない」も確認をしてみてください。ここから2ヶ月半終わっていない等いうことです。今回この記事でお伝えしたいことは以下の通りです。

  • パンダアップデート4.2はまだ終わっていない
  • パンダアップデート4.2のロールアウトまで約3ヶ月時間がかかる
  • このGoogleの動きを受けて今後

SPONSORED LINK

7月のパンダアップデート4.2の告知について

7月のパンダアップデート4.2の告知について少し振り返りましょう。TwitterにてGoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏が回答しています。

バリーシュアルツ氏の質問:Googleがパンダアップデートをゆっくり展開しているという情報ですが、本当ですか?

Googleゲイリー・イリーズ氏の回答:はい。先週末に行いました。パンダアップデート(パンダリフレッシュ)の展開には数ヶ月の時間がかかります。今回のパンダアップデートはクエリの2~3%に影響を与えるものになります。

この数ヶ月って、本当に数ヶ月だったということですね。

おおよそ3ヶ月程度ぐらい時間がかかるそうです。また、パンダアップデート4.2がまだ終わっていない調査の真実性に関しては、Googleのゲイリー氏にTwitterで質問をしているバリーシュアルツ氏が書いたブログ「Google Panda 4.2 Is Still Rolling Out」で紹介されています。

 

なぜ!?パンダアップデート4.2はスローロールアウトするのか

今までのパンダアップデートの場合、一夜にして検索エンジン上の順位変動が起こっていたのが通常でしたが、なぜパンダ4.2だけはスローロールアウトなのでしょうか。その内容は以下の通りです。

  • Googleの技術的な理由
  • SEOやウェブマスターのためではない
  • 高品質と低品質のサイトを認識するだけではなく、内容もチェックしている

結論からいうと、今までとは少し違う高度なペンギンアップデートのためにGoogleが時間をかけているということになります。

 

Googleの高品質のサイトの定義は変わってはいない

SEO対策を行う上で高品質のサイトとはどのようなサイトなのか、という記事が多く出ていますが、2015年10月の現時点でもGoogleが伝えている「日本語:良質なサイトを作るためのアドバイス」「英語:More guidance on building high-quality sites」は変わっていません。これは、日本語では2012年の9月に、英語では2011年5月にGoogleウェブマスターガイドラインで紹介されたブログ記事です。

このGoogleの考えは約4年以上変わっていないことが分かります(もちろん微修正はあるでしょうが)。

つまり、パンダアップデート4.2のロールアウトが終了して検索に影響が出たとしても、Googleの方向性だけを感じていればウェブサイトの運営は問題がないことになります。

 

まとめ:このGoogleの動きを受けて今後

前回当サイトでお伝えした「2015年の年内にGoogleリアルタイムペンギンアルゴリズムとしてアップデート!」も、今回お伝えしているスローロールアウト中のパンダアップデート4.2に関しても、Google対策=コンテンツマーケティングという図式がより成り立つようになるのは目に見ています。

コンテンツマーケティングとは、現時点での新しい集客手法の1つで、見込み客及び顧客に価値のあるコンテンツを提供し続けることを言います。当ウェブサイトのブログもコンテンツマーケティングといえ、以下の内容がコンテンツマーケティングで行います。

  • 潜在顧客・見込み顧客を集客すること
  • 潜在顧客・見込み顧客を購買(商品の提供)へ導くこと
  • 顧客と長期的なつながりを維持しファン化すること

上記のようなことを行うことがコンテンツマーケティングといえます。

現在、Googleの検索エンジン上にはブランド(大手会社)が上位表示されるようになっていますが、より良いコンテンツを発信しているウェブサイトに取って代わりそうですね。

価値のあるウェブサイトを運営するために、日々努力していきます。最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:4件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*