Googelペンギンアップデート3.0は2014年の年内に実施!?8月21日の大変動はペンギンではなかった!

Googelペンギンアップデート3.0

ペンギン野郎が返ってきます。Googleがペンギンアップデートを2014年度の年内に実施することが明らかになりました。

Googleのペンギンアップデートは2013年の10月に「ペンギンアップデート2.1」の実施が行われましたが、それ以降1年ぶりのアップデートになりそうです。予想では昨年の実績を元に、10月ではないかと思いますね。

SEOペコが考えるペンギンアプデート実施日予想は2014年10月10日顔の日で予想します。

ちなみに「ペンギンアップデート2.1」は2013年10月3日でした。

当たればよいですが、私が運営しているサイトは8月21日の大変動の時に微動だにしませんでした。「Google順位大変動の原因は新しいアップデート?なぜかパンダ直撃サイトが復活!?」あまり心配はしていません。また上位表示に一歩近づければ良いなぁと思いますね。

SPONSORED LINK

John Mueller(ジョン・ミューラー)のペンギン発動動画

(動画アップ日:2014/09/12 にライブ配信)

上動画の54分からのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)の話しに注目が集まっている。

翻訳

ウェブマスターがGoogleのペンギンアップデートは2014年中に起こりうるのではないかと質問した結果、ジョンは「私の推測では、イエスである」と答えた。

次のバージョンは、Googleが考える合理的な将来に向かって実施される。だが私たちはペンギンアップデート3.0について楽観的であると述べた。

(つなたくてすみません)

ペンギンアップデート3.0は2014年中に起こり、おそらくそこまで大幅なアップデートではない予想ができますね。

少しだけペンギンアップデートを振り返っておきましょう。

 

Googleアップデート2014年まとめ

2014年5月第三週:ペイデイローンアルゴリズム2.0

GoogleはPayday Loan Algorithm(ペイデイローンアルゴリズム) 2.0を実施した。ペイデイローンアルゴリズムは「一部のスパムに汚染されたキーワード」を対象に、スパムサイトを排除するようなアップデートです。

 

翻訳:この過去の週末、私たちはスパムに関するクエリ検索のランク付けの更新を展開開始しました。  

2014年5月21日:パンダ・アップデート4.0

良質ではないコンテンツを排除するアップデート。  

“GoogleのMatt Cutts氏は(SMX Westというイベント内で)、新しいパンダアップデートは、小規模な事業者(サイト)にポジティブな影響を与えるだろう、と話していたのが印象的。

 

2014年8月21日:原因は、Googleの仕様変更テスト?

今回一番原因のアップデート?原因不明のバグ?Googleの仕様テスト?分からない事が多すぎるが、今回の一見でペンギンアップデート3.0ではなかったことが分かった。

当サイトでも8月21日の大変動については報告している「2014年8月21日、22日にGoogleが大幅なアップデートを発動?1年間で一番大きな大変動!ペンギンアップデート3.0の予感

Googleの仕様変更テストではないかと「ナマズjp」を運営しているティーボさんが下記回答をしている。

  1. 23日~24日に変動したサイトの順位が、25日にはほぼ元に戻った
  2. Googleの一時的な仕様変更の可能性を示すデータが確認された
  3. 本日25日のSEO Packユーザ順位動向は、変動前(平常時)とほぼ変わらない

この中で一番気になるデータとしては、23日から24日に変動したサイトの順位が25日に戻ったとあるが、当サイトで報告をしている「Google順位大変動の原因は新しいアップデート?なぜかパンダ直撃サイトが復活!?」と話が合わない。

紹介しているアナリティクスデータは現在以下の通りです。

アナリティクスデータ

見て御分かりの通り、下がるどころが、上昇を続けている。

私が保有しているサイトも他のデータも上がっていることを見ると、この理論は論破する。

 

Googleでまだ行われていないアップデートは何か?

オーソリティのアップデート

医療や旅行のような、ある分野(カテゴリ、ジャンル)でオーソリティがあるサイトを上手に検出できるようになってきた。
オーソリティのあるサイトはよりランキングが多少上になる。

SEOにおけるオーソリティ(authority)とは、「その業界/ジャンルにおいてはいつも参照される側のWEBサイト」というイメージ
オーソリティのあるサイトの評価をあげるよう、アルゴリズムを作っているというお話。Googleはこのアルゴリズムは既に完成したとしているが、未だ導入されていない模様。

オーソリティのアップデートは行われているイメージはないが、今回のこの変動によって息を吹き返したサイトがあるのは事実。

進行を見守りながら、ペンギンアップデートの到来を待ちたいと思います。

 

まとめ

私は好きで、Googleのアップデートをまとめていますが、SEO対策はすでに正攻法で攻めなければ、リスクが高くなってています。

今度のペンギンアップデートで私の運営しているサイトは、順位を上げるでしょう。

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*