SEOコンサルタント募集中

ついにペンギンアップデート4.0リアルタイム更新に2016年9月23日Google発表!

ペンギンアップデートがリアルタイム更新

多くのSEO対策会社、ウェブマスターが「いつ来るのか」「いつ来るのか」と思っていたGoogleのペンギンアップデートがついにGoogleのコアアルゴリズムの一部となり、リアルタイムペンギンアップデートとして、アルゴリズムの一部に組み込まれることが、2016年9月23日(金)に「Googleウェブマスター向け公式ブログ」で発表しました。

今回の注目する事項は以下の通りです。

  • ペンギンアップデートがGoogleによって”もうすでに”実行された
  • すべての言語(全世界)で実施する
  • ペンギンアップデートがリアルタイム更新になった
  • つまり、Googleのコアアルゴリズムの一部となった

つまり、記事を書いてページをアップしてGoogleにインデックスする時点で、ペンギンアルゴリズムを計算された上で順位が決まっているということになります。もう、「ペンギンアップデートが行われたから、順位が変動したぜ!」ということはなくなるということです。

少し、詳しく説明していきます。

 

SPONSORED LINK

従来とリアルタイムペンギンアップデートの違いとは

項目 従来のペンギンアップデート リアルタイムペンギンアルゴリズム
影響を受ける
サイト・ページ
定期的(同じタイミング)での更新 Googleが再クロールして
ページをインデックスすると完了する
Googleの告知 行った後に、Googleから発表があった
(ない場合もあったが・・・)
更新についてのコメントは一切なし
スパム対応 サイト全体に影響していた シグナルに基づいて
ランキングを調整

 

 

ペンギンアップデートを復習しよう

そもそもペンギンアップデートのGoogleが考える由来とは

掲載順位を上げることやトラフィックを増やすことを追求する中で、(Googleアルゴリズムの”リンク”を利用して)まったくユーザーのためにならない裏技や抜け道のような手法を使用してそのサイトに本来適切な掲載順位より高い掲載順位を得ようとしているようなサイトのことです。

詳しくは当サイトの「ペンギンアップデート」のカテゴリーを見てください。

 

違反行為のウェブサイト(ページ)についてのチェック項目

  • 他のサイトコンテンツをあつめて加工した質が低いサイトからの被リンク
  • SEO対策のため自作自演で行っている被リンク
  • 検索ユーザーにとって価値のない被リンク
  • SEO対策だけを目的としたリンクネットワークからの被リンク
  • PageRank を転送するリンクの売買を行っている被リンク
  • 過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページからの被リンク
  • アンカーテキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティングキャンペーンやゲスト投稿キャンペーンからの被リンク
  • 自動化されたプログラムやサービスを使用する被リンク

上記のような内容がペンギンアルゴリズムで順位が下がる対象となっていました。項目が当てはまるウェブサイト、ウェブページを運営している方は注意が必要です。

 

ペンギンアップデートの歴史

おそらく最後になるペンギンアップデートの歴史を振り返りたいと思います。

  • 1.0ペンギン 2012年4月24日に(クエリの〜3.1%に影響を与えます)
  • 1.1ペンギン 2012年5月26日に(0.1%未満に影響を与えます)
  • 1.2ペンギン 2012年10月5日に(クエリの〜0.3%に影響を与えます)
  • 2.0ペンギン 2013年5月22日に(クエリの2.3%に影響を与えます)
  • 2.1ペンギン 2013年10月4日に(クエリの約1%に影響を与えます)
  • 3.0ペンギン 2014年10月17日に(クエリの約1%に影響を与えます)

 

  • 2015年10月:年内にリアルタイムペンギンアップデートを実施予告
  • 2015年12月:翌年にアップデートを持ち越すことをGoogleが発表
  • 2016年1月:第一四半期(3月末)までには実施するとGoogleが発表
  • 2016年4月~8月前後:アップデート時期を伝えないことをGoogleが告知
  • 2016年9月23日:リアルタイムペンギンアップデートの実行をGoogleが発表

ちょっとさみしいですが、「さよなら、ペンギンアルゴリズム。」ですね。

さよならペンギン

まとめ

今までGoogleが手動により、全ウェブサイトを対象にペンギンアルゴリズムの更新(ペンギンアップデート)を行っていたため、順位変動が大きく変動しましたが、今後はコアアルゴリズムになるので、新しく立ち上げるウェブページなどはペンギンアルゴリズムによって大きく変動しないということです。

問題は、「現在運営中のウェブサイトにどれぐらいの影響が及ぼすのか?」という問題です。

このリアルタイムペンギンアルゴリズムは2015年から行うことをGoogleが発表しており、”非常に大きな変更であり、変動になる”と今まで伝えていました。今後の動向をチェックしていきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*