SEOコンサルタント募集中

クオリティアップデート実行!Googleの新アップデートの影響は?

クオリティアップデート

2015年5月初旬に実は、Googleのアップデートが行われていた。SEO対策を行っている方の中では、5月初旬に大きな変動があったことは築いていたが、ゴールデンウィークということもあり、増加・減少の波が見にくかったことが発見に遅れている方も多い。

今回はGoogleが行った新アップデート!クオリティアップデートについて解説していきます。

(クオリティアップデートはGoogle公式の名前ではありません。)

SPONSORED LINK

 

1.本当にクオリティアップデートは行われたの?

本当にクオリティアップデートは行われた

海外でSEOを対策の記事を更新している「Search Engine Land」がGoogleに直接質問しています。行われたアップデートの質から判断をし、パンダアップデートの疑いがある動きでした。

「何からのアルゴリズムのアップデートではないか」という疑問も持たれていましたが、当初はGoogleは否定をしていました。それに対して、以下Googleが回答を出したことから、クオリティアップデートと呼ばれています。

スパム関連のアップデート(パンダ・ペンギンなど)は行っていませんが、ランキングアルゴリズムのコアになる部分で、順位評価シグナルのプロセッシング方法を変更しました。

 

2.クオリティアップデートは何?

クオリティアップデートは何

こちらは品質評価をするアップデートだと言われています。以下の項目が該当すると「海外SEOブログ」では伝えています。

  • タグページを量産しているサイト
  • 動画と広告だけのメインコンテンツに乏しいページ
  • 他のサイトからのシンジケーション(コピーコンテンツ)
  • フォントが小さかったりリンクばかりだったりする使いづらい昔ながらのページ
  • どうでもいいコメントばかりのページ
  • 内容が薄っぺらいページ
  • Above the foldが広告ばかりのページ
  • 低品質なサイトから超大量にリンクが張られているサイト

上記はあくまで予想のため、Googleの発表ではないことはしっかりと確認しておきましょう。

 

3.対策は何か必要なのか?

対策の必要性

実際で日本ではそこまで順位変動がなく、パンダアップデートに似ていることから、Googleポリシーをしっかりと守ってサイトを運営している場合は大きな問題は出ないでしょう。

真面目にサイト作りをしている方にはプラスに転じるGoogleアップデートが多いので、順調に順位を上げている方も多いとか。

特に対策は必要ないと思いますが、トラフィックが下がっている場合はページの分析が必要です。

 

4.まとめ

Googleのアップデートがプラスに働くためにも、しっかりとしたサイトコンテンツ作りが重要になります。

小手先のSEOが通じなくなりつつある今、長期的な視野とビジョンを持ってサイト運営していきたいですね。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*