SEOコンサルタント募集中

Google新アルゴリズム「ランクブレイン」(RankBrain)は人工知能?

「ランクブレイン」(RankBrain)

GoogleはAI(人工知能)をGoogleの検索エンジンに利用していることを2015年10月26日に「BloombergBusiness」のインタビューで明らかにしました。

Googleが伝えているランクブレイン(RankBrain)とは、AI(人工知能)をベースにした新しいGoogleのアルゴリズムのことです。すでに日本でも数ヶ月前から導入されているようで、検索結果を機械が学習していきます。

【ランクブレイン(RankBrain)のまとめ】

  • Googleは新しいアルゴリズム「ランクブレイン」(RankBrain)を導入
  • ランクブレインはAI(人工知能)をベースに学習しつづける
  • 15%のクエリをAI(人工知能)は処理をしている
  • すでに数ヶ月前から導入され、日本でも導入済みらしい
  • ランクブレインのアルゴリズムは検索ランク上、重要なアルゴリズムである
  • 「ランクブレイン」(RankBrain)は数百あるアルゴリズムの1つ

このことを受けて、私なりの見解を以下にまとめています。

SPONSORED LINK

ランクブレインについて

Googleの回答
今回「BloombergBusiness」のインタビューに答えたGoogleからの公式発表であり、上画像がその発表時のものとなります。答えているのはGoogle社のGreg Corrado氏(Greg Corrado氏は、神経科学と人工知能の研究者です。)

そのインタビューの中でGreg Corrado氏は以下のように説明しています。

検索クエリの15%が現時点でランクブレイン(RankBrain)によって処理されている。また、ランクブレイン(RankBrain)はGoogleの検索エンジンランキングで3番目に最も重要な信号である。

ということを述べています。3番目に重要ランキングシグナルとは・・・・1位、PR(ページランク)、2位、コンテンツでしょうか・・・(笑)。ただ、検索エンジンのランキングシグナルにおいて、重要なポジショニングを担うことは確かなようです。

すでにワールドワイドで導入済みだという発表もありましたので、日本でも導入済みということですね。検索クエリにさほど影響がなかったとは思いますが、以前米国で話題となった「ゾンビアップデート」とも影響があるのかもしれませんね。

 

ランクブレイン(RankBrain)の仕組みについて

ランクブレイン(RankBrain)をGoogleが導入することによって、ユーザー(検索者)からの検索クエリを的確に判断することができるようになっていると語っています。Googleのアルゴリズムは今まで、人間の手によってコードを書いており、修正(アップデート)などを行う際は再度、人間の手によってコードを書き換える必要がありました。

ただ、ランクブレイン(RankBrain)は、AI(人工知能)なので、自動的に学習を重ね自ら進化(自動でコードを書き換える)ことが可能になっています。人間では70%の正解率ランクブレイン(RankBrain)は、80%成功率を出しているとも述べています。

このランクブレイン(RankBrain)の導入により、人間の言葉で発する曖昧な言葉も理解し学習することができ、直感や推測の域にランクブレイン(RankBrain)は達することとなります

個人的な意見ですが、つまり人間がGoogle検索エンジンのランキングを人間の目で見た状態で評価しているのと変わらない状態になる日が近いということを私は推測します。

 

SEOがなくなる時代に突入する?

SEO不要の時代

SEO(上位表示対策)という言葉は、今後なくなるかもしれませんね。Googleランキングで上位表示を行えば企業的に利益にはなりますし、個人としても収益を上げている目的で上位表示されている場合も多いと思います。

ただ、AI(人工知能)の導入によっておそらくは、人間の目で見た以上に、ウェブページやウェブサイトの評価判断基準が上がりそうです。まっすぐで面白く、ユーザーに認められるウェブサイトの構築が必須となってきますね。

 

今からSEO対策をする注意点まとめ

  • Googleが好んでいるウェブサイト、ウェブページ作りを心がける
  • 人間が目で見て”良い”と思えるものを制作する
  • アナリティクスなどのデータからユーザー行動を把握し、修正・作成する
  • SEO対策は知っておくだけで意識はしない
  • 小手先のテクニックは無視する(利用しない)

当たり前のことですが、なかなか取り組みが難しいですね。業者に頼んで収益が上がる時代はすでに終了しつつあるのかもしれません。自社や個人単体で会社に合ったウェブサイト作り、運用がますます大事になってきます。

2016年に必要なSEO対策などの記事で今後上記をまとめようとは思っています。

こりゃ、ウェブ担当者はますます大変ですね。最後までありがとうございました。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:2件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*