Google検索品質評価のガイドライン「General Guidelines」更新・公開で話題に

Google検索品質評価のガイドライン

Googleが検索結果品質評価のガイドラインの完全版を公開しました。このガイドラインは2015年11月12日に記載され、Google自ら公開したガイドラインになります。「Google品質ガイドラインのPDFはこちら

こちらの内容はGoogleの品質に関する考え方を知るためにも重要なものとなりますが、確認したからといって小手先のSEO(すぐに上位表示)ができるわけではありませんので注意が必要です。

Googleの検索品質評価ガイドラインとは、Google社が自社の検索結果の品質を担保するために、外部の機関・人間を雇うことで、検索クエリや検索結果に対する評価を行うことをしています。この際に外部の機関・人間に確認させる資料が検索品質評価ガイドラインとなります。Googleがどのように評価するかが記載されているものになります。流出が良くされるものになるそうですが、今回はGoogle自ら公開したそうです。

少しだけですが、簡易な翻訳で目次をご紹介いたします。

SPONSORED LINK

検索結果品質評価ガイドラインの目次

<一般的なガイドライン(2015年11月12日)>

【一般的なガイドラインの概要】

  • 0.1:検索品質の評価目的
  • 0.2:ユーザーの表現と評価者
  • 0.3:ブラウザ要件
  • 0.4:広告ブロック機能の拡張
  • 0.5:インターネットの安全情報
  • 0.6:タスクの解放

Part 1:【ページ品質のガイドライン】

  • 1.0:ページの品質の評価の概要
  • 2.0:ウェブページやウェブサイトの理解
    2.1:重要な定義
    2.2:ウェブページの目的は何ですか?
    2.3:あなたのお金かあなたの人生(YMYL)ページ
    2.4:ウェブページの内容を理解します
    2.5:ウェブサイトを理解します
    2.6ウェブサイトのメンテナンス
    2.7ウェブサイトの評判
  • 3.0:ページ全体の品質の評価尺度
  • 4.0:高品質のページ
    4.1:高品質のページの特徴
    4.2:高品質の主な内容の満足のいく額
    4.3:専門知識のハイレベル/権威/信用性(EAT)
    4.4:ポジティブ評判
    4.5:参考補足コンテンツ
    4.6:機能ページデザイン
    4.7:ウェブサイトの情報の満足度
    4.8:運用、維持ウェブサイト
    4.9:高品質のページの例
  • 5.0:最高品質のページ
    5.1:非常に高品質のMC。
    5.2:E-A-Tの非常に高いレベルの
    5.3:非常に肯定的な評判
    5.4:高品質のページの例
  • 6.0:品質のページ
    6.1:低品質の主な内容
    6.2:メインコンテンツの満足のいかない金額
    6.3:欠けている専門、権威、または信用性(EAT)
    6.4:悪い評判
    6.5:低品質のエビデンスすることができる特性
    6.6:低画質ページの例
  • 7.0:最低品質ページ
    7.1:有害または悪意のあるページ
    7.2:目的のページの欠如
    7.3:欺瞞(ごまかした)ページ
    7.4:最低品質の主な内容
    7.5:ウェブサイトの情報なし
    7.6:非常に信頼できない、権威のない、不正確、誤解を招く
    7.7:ウェブサイト上放棄されたウェブサイトやスパム送信ページ
    7.8:非常に否定的または悪質な評判
    7.9:最低品質の例
  • 8.0:中程度品質
    8.0:中程度の品質のページの例
  • 9.0:ページの品質の評価:重要な考慮事項
    9.1:評価ページの品質タスクの手順
    9.2:トップ3のPQの考慮事項
    9.3:E-A-T:ページまたはWebサイト?
  • 10.0:ページの特定のタイプのページの品質の考慮事項
    10.1:百科事典ページの評価
    10.2:エラーメッセージまたは「No MC」と「Pages」の評価
    10.3:フォーラムとQ&Aのページの評価
  • 11.0:ページの品質評価よくある質問

などの内容が新しく更新されて記載されています。パート2では「モバイルユーザーのニーズ」について、さらには「評価プラットフォーム」に関してなど確認しておきたい内容が記載されています。

英語は公用語ですね・・・翻訳を頑張る必要がありそうですね。また、Search Engine Landの「Google Releases The Full Version Of Their Search Quality Rating Guidelines」から「General Guidelines」のPDFを確認しました。

最後までありがとうございます。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:3件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*