SEOコンサルタント募集中

GoogleのSEO対策で使える特別構文検索「info:」など8種

GoogleのSEO対策で使える特別構文検索

Googleの検索エンジンでの特別構文検索の機能を使うことで、SEO対策の確認を行うことができます。重要な特別構文検索から、使える特別構文検索までのご紹介をしていきます。

SPONSORED LINK

特別構文検索の種類と分かる情報

特別構文検索とは、Google(とYahoo!)の検索方法の1種で演算子(コマンド)を利用しデータを表示させる検索のことを言います。一般的にsite:(サイトコロン)などが有名です。これを特別構文検索といいます。

それでは特別構文検索の説明とわかる情報について記載をしていきます。

 

1.site: (サイトコロン)

サイトコロン

先ほど説明したように、特別構文検索では一番利用されているのではないでしょうか。Googleの検索エンジン上にインデックスされているかどうか調べる際に利用しますが、この「site:(サイトコロン)」の検索方法ではGoogleがインデックスをしているかどうかは、かなりアバウトになります。(注意してください)

少しだけ、確認をする程度なら利用をお勧めしますが、Googleにしっかりとインデックスされているか確認するためには「info:(インフォコロン)」をお勧めします。なぜ、「info:(インフォコロン)」なのかの詳細は「PVアップ間違いなし!?Googleにインデックス化を促し、SEOを上昇させる「info:」の使い方とは」に掲載しているので詳しく確認してみてください。

 

分かる情報

  • Googleがインデックスしているページ数及びページ
  • 指定したURLの直下すべてのインデックスページ数
  • (注意)インデックスに関してはアバウトである

 

2.info:(インフォコロン)

インフォコロン

先ほど説明したように、正確なGoolgeのインデックスを調べたい場合は「info:(インフォコロン)」が適してます。特別構文検索を使う場合は1ページづつチェックする必要があります。サイトインデックスツール(外部リンク)などを利用して一括で調べる方法もありますので、確認してみてください。

 

分かる情報

  • 指定したURLのGoogleのインデックス情報が正確にわかる
  • 指定したURLのGoogleに保存されているキャッシュの確認が可能
  • 指定したURLの類似したページの検索が可能
  • 指定したURLのリンクしているページの検索が可能
  • 指定したURLのウェブページを検索が可能
  • 指定したURLを含むページの検索が可能

 

3.link: (リンク コロン)

リンクコロン

Googleの検索エンジンでlink: (リンク コロン)を入れた場合は、Googleが認識している被リンクのみ、PageRankが高い順番(もしくはウェブサイトに影響を及ぼしている順番)に並ぶ仕組みとなっている。

実際のウェブサイトについている被リンク数とは異なるので注意が必要です。SEO対策上はあまり最近では気にしなくなりました。

 

分かる情報

  • 指定したURLにGoogleが認識している被リンク(数)が分かる
  • ウェブサイトに大きな影響を与えている順番にランキングされている

 

4.intitle: (インタイトルコロン)

インタレストコロン

ウェブページに含まれるタイトルのみを検索する場合に利用します。競合のタイトルタグを調べたり、どのようなタイトルが他のウェブページにつけられているか、確認するときに、私は主に利用します。

また、実際にどれぐらいのページが主要検索キーワードをタイトルに入力しているかわかります。こちらもSEO対策上で利用するといえます。

 

分かる情報

  • ウェブページに含まれる指定したタイトルのみを検索することが可能
  • ウェブページに含まれる指定したタイトルのウェブページ数が分かる

 

5.allintitle:(オールインタイトルコロン)

オールインタイトルコロン

ウェブページに含まれるタイトルのみを複数検索する場合に利用します。intitle: (インタイトルコロン)は単語のみで利用し、それに対しallintitle:(オールインタイトルコロン)は複数の単語を検索する場合に使用する違いがあります。

 

分かる情報

  • ウェブページに含まれる指定したタイトルのみを複数単語で検索することが可能
  • ウェブページに含まれる指定した複数単語のタイトル検索に対し、ウェブページ数が分かる

 

6.intext: (インテキストコロン)

インテキストコロン

ウェブページ内に指定したキーワードを含むページだけを検索するときに利用します。コンテンツマーケティングが支流になっている現在のGoogleアルゴリズムではほぼ使うことがありません。また、指定した複数の単語検索する場合はallintext: (オールインテキストコロン)を利用します。

最近ではあまり使用しなくなったので、特にSEO対策関連で利用するものではありません。

 

分かる情報

  • ウェブページ内に指定したキーワードを含むページの検索

 

7.inanchor:(インアンチャー)

インアンチャー

ウェブページ内に指定したアンカーテキストを検索するときにりようします。<a href=”URL” >ここがアンカーテキスト</a>

複数の単語の場合は「allinanchor:」を利用します。自分のウェブページがどれぐらいの被リンク(バックリンク)を貰っているかなどの確認に役立ちます。

 

分かる情報

  • ウェブページ内に指定したアンカーテキストを検索する

 

8.inurl:(インユーアールエルコロン)

インユーアールエルコロン

URLの全部または一部に含むページを検索する場合に利用します。他の特殊構文とセットで利用することができます。また、似たような「allinurl:(オールインユーアールエルコロン)」は、ほぼ同じ定義ですが、他の特殊構文と一緒に使うことができないところと、インデックスに関しては「inurl:(インユーアールエルコロン)」より正確性が高いです。

 

分かる情報

  • URLの全部または一部に含むページを検索する

 

その他特別構文検索について

特別構文検索 分かる情報
 cache:(キャッシュコロン) 指定したページのキャッシュが分かる
 daterange: 日付や期間を絞り込む
期間の記載はユリウス暦
filetype:(ファイルタイプコロン) ファイルデータを絞り込める検索ができる

 

まとめ

特別構文検索を行うことで、以下のようなSEO対策を考えるときに役立ちます。

  • 競合のウェブページを調べる際
  • Google検索での市場調査
  • 自身のウェブページのSEO調査

是非効率よく特別構文検索を利用してみてください。最後までありがとうございました。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*