Googleの画像検索が構造化データ(リッチスニペット)とAMPに対応し始めた件、SEOにおける画像検索の重要性は?

Google画像検索が構造化データとAMPに対応

Googleの画像検索において、2つの変更があったのでご紹介です。その2つの変更は以下の通りです。

  • 画像検索が構造化データ(リッチスニペット)に対応した
  • 画像検索AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応した

今回はこの2つの変更がありました。まずはSEOにおける画像検索の重要性について説明してきます。

 

SEOにおける画像検索の重要性はあるの?

運営しているウェブサイトの内容やサービスによって画像検索の重要性は非常に異なると思われます。まずは、Google Search Consoleを使って、運営しているウェブサイトがどれぐらいGoogleの画像検索から流入をしているか調べてみることから始めましょう。

 

Google Search Consoleで画像検索流入をセグメント

「Google Search Console>検索トラフィック>検索アナリティクス>検索タイプ」から絞り込むことが可能です。(動画も絞りこめるので、知らなかった方は試してみてください。)

画像を検索流入数で絞込み

上画像のような形で、合計クリック数がウェブと画像で比較することが可能になります。

(上画像は当サイトのデータですが、当たり前ですが画像からの流入はありませんね・・・)

 

画像からの検索流入が少ない場合の2つの原因

画像からの検索流入が少ない場合、以下のことが考えられます。

  • そもそも画像から検索するようなウェブサイトではない
  • 画像のalt設定を行っていない

そのため、画像のalt設定は必ず行っておきましょう。かなり昔の記事ですが「SEO対策を考えた適正なaltタグ(属性)のつけ方について」を分からない方は確認しておきましょう。

 

画像検索が構造化データ(リッチスニペット)に対応した件

スマートフォンでGoogle画像検索を行い、関連製品をクリックするとリッチスペニットが表示されるようになりました。以下画像の事例です。(Serch Engine Lands様より引用

パターン1

Google画像検索 構造化データ

パターン2

Google画像検索 構造化データ

画像の構造化データの説明に関しては、「Google SearchのProducts」(英語)を確認しましょう。

 

画像検索AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応

こちらは、ウェブサイトのページがAMPに対応している場合は特に設定を行う必要がなさそうです。AMPの検索画像は以下の通りです。(Serch Engine Lands様より引用

(以下がiPhoneからの表示)

画像のAMP対応

(以下がアンドロイドからの表示)

画像のAMP対応

画像のタイトルをクリックすると、もちろんAMPページへ遷移します。

 

まとめ

Googleの画像検索からの流入が必要なウェブサイトも多く存在すると思います。特に物販系のウェブサイトの場合は必須といえるでしょう。この機会に一度構造化データとAMPを見直してみたらいかがでしょうか。

最後までありがとうございます。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*