SEOコンサルタント募集中

2017年2月3日Google品質の評価方法に改善!日本の検索アルゴリズム変更

Google品質の評価方法に改善!日本の検索アルゴリズム変更

Googleの日本語検索において、ウェブサイトの品質改善のため、品質の評価方法に変更を加えたことを、Googleウェブマスター向け公式ブログで2017年2月3日(金)に発表しました。(参照元:Googleウェブマスター公式ブログ「日本語検索の品質向上にむけて」)

当サイトでポイントをまとめると以下の通りです。(独自の見解です)

  • コンテンツの評価方法を日本語検索で変更した
  • DeNAのWELQ(ウェルク)等の問題が大きかったと思われる変更
  • ユーザー視点を少し外して、コンテンツのオリジナリティを追及
  • SEO目的のまとめ、キュレーションサイトは順位を下げる
  • 今後も日本語検索の取り組みを続ける

私がこの文面から感じることはこのようなことでした。

詳細に確認していきましょう。

 

今回の検索アルゴリズムの変更がある品質部分については、以下のようなことが述べられています。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

上記のことが記載されています。

これは「まとめサイト」「キュレーションサイト」などによるオリジナルコンテンツではなく、パクリ・まとめ・リライト・コンテンツが上位表示されていたことが原因だと考えらえます

Googleの文面を読み解くと、独自の見解ですが以下のアルゴリズムの変更が行われたと思われます。

  • オリジナルコンテンツ(高品質)のウェブサイトはより上位に表示
  • SEO目的で、「まとめサイト」「キュレーションサイト」(低品質)は順位を下げる

と伝えているのではないかと思います。

 

まとめ

Googleは以下のようなことも伝えています。

このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

オリジナルコンテンツのウェブサイトを運用していて、一番危機を感じるのは、悪意を持ってサイトがコピーされたときです。解除するのに手間もかかりますし、コピーコンテンツ以外にも被リンクがついているのがほとんどなので、ウェブサイト運用以外の仕事が一気に増えてしまいます。

今回のGoogleアルゴリズム改善で、少しでも”まるパクリ”の「まとめサイト」「キュレーションサイト」が減れば良いなと考えます。(すべてのキュレーションが不必要だとは思いませんが。。。)

『SEOは「まとめサイト」「キュレーションサイト」はNGだと、、、』少しでも皆さまに広げてください。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*