JavaScriptを利用した動的ページ最善のSEO:ダイナミックレタリング

JavaScriptを利用した動的ページ最善のSEO:ダイナミックレタリング

現時点でGoogleはJavaScriptを処理(クロール)するが、すべての検索エンジンのクローラ(Googlebot)が正常に処理されるわけではない。そのため、JavaScriptを利用したウェブページに対しての回避策として、Googleがダイナミックレタリングを推奨するドキュメントを公開した。

このダイナミックレタリングのサポートは「Google I/O 2018」で伝えていた。

ダイナミックレタリングに関してのドキュメント詳細は「Get started with dynamic rendering(英語)」のページを確認してほしい。

Get started with dynamic rendering

SPONSORED LINK

ダイナミックレタリングとは

ダイナミックレタリングとは

ダイナミックレタリングとは、Googleクローラー(bot)の新しい機能となり、JavaScriptなどを使用した動的ページに対して、

  • サーバー側でレタリングされるドキュメント
  • クライアント側でレタリングされるドキュメント

を切り替えるものだ。

ダイナミックレタリングはすべてのページ、またはページごとに有効にすることが可能であり、すべてのページで使用する必要はないと伝えている。

以下、Googleの金谷氏がTwitterで説明している内容が分かりやすい。

これにより、JavaScriptで作られた動的サイトなどは、Googleに適切にクロールされることになる。

そのため、

  • GoogleのクローラーでサポートされていないJavaScriptで作成しているウェブサイト
  • JavaScriptで作成された大規模で頻繁に更新しているウェブサイト(ニュースサイトなど)

以上のようなウェブサイトにダイナミックレタリングは適している。

まとめ:所感

JavaScriptで作成されたウェブサイトのコンテンツはGoogleクロールされるまでに時間がかかる印象を持っている。(クローラーでサポートされていないものは除く)

そのため、一部のページでダイナミックレタリングを利用することで、確実にコンテンツを早くGoogleに認識させることが出来ることは運営にとってプラスになるだろう。

【ご協力お願いします】この投稿は役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。 こちら→「https://seopeko.net/」の無料相談フォーラムも最近運営しています。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*