SEOは無関係!?CTRが向上するディスクリプション(meta description)の最適化

ディスクリプション(meta description)の文字数と最適化

コンテンツマーケティングを行ったり、SEO対策に力を入れているウェブサイトの場合は、meta description(メタ ディスクリプション)の設定を正確に、ルーティン業務として行いたいのではないだろうか。ウェブページ(記事)の更新を日々行って運用している場合には、「メタ ディスクリプション」の設定は毎日の作業になるため、正確に最適化を行いたいと思うものだ。

ただ、ご存じだろうか?「メタ ディスクリプション」はSEOに関係があるのか、正確には分からないのだ。

メタ ディスクリプションの設定に関しては、以下の理由から設定を行っている場合が多い。

  • 上位表示対策に有効であると言われている
  • 設定するディスクリプションによってCTRが向上する

上記の理由により、「メタ ディスクリプション」の設定はSEOや集客には欠かせないものになっている。

せっかちの方の為に、「メタ ディスクリプション」の最適な文字数は80文字以上~120文字以内と言って良いだろうが、よりウェブサイトにユーザーを集客し、「メタ ディスクリプション」の最適化を考える場合は、当ページを最後まで読み進めてほしい。

SPONSORED LINK

【目次】
上位表示対策(SEO)に有効であると言われる理由
・Googleがスペニットとして利用する可能性がある
・固有の「メタ ディスクリプション」が理想的
・短すぎるとNG、長すぎるとNG、重複したらNG
・上位表示対策(SEO)に有効な訳ではない

設定するディスクリプションによってCTRが向上する
・文章を読んでクリックするユーザーも多い
・キーワードをディスクリプションに入れる
・モバイル(スマホ)、PC検索を考慮して文字数を考える

分析方法とまとめ

上位表示対策(SEO)に有効であると言われる理由

SEOに「メタ ディスクリプション」は有効だと言われているが、そんな確証は告知されていないし、Googleの公式発表もない。つまり風説の流布(SEO神話)だということが濃厚である。ただ、以下のことからSEOを行う場合には設定したいと考えるものだ。

  • Googleがスペニットとして利用する可能性があるため
  • 各ページに固有のディスクリプションが理想的とGoogleが伝えているため
  • 短すぎるとNG、長すぎるとNG、重複したらNGと伝えているため

上記の内容がGoogleが公式としてウェブマスター(サイト管理者)に伝えていることだ。1つ1つ確認してみよう。

 

Googleがスペニットとして利用する可能性がある

Googleスペニット

Googleが提供する「Googleの検索エンジン最適化スタートガイド」には、スペニットとして利用する可能性がある旨を記載しているが、「メタ ディスクリプション」をしっかりと正しく設定していれば、イメージだが8割ぐらいの確率でスペニットとして利用される。

また、ご存じの通り「メタ ディスクリプション」を設定しなければ、Googleが勝手にページから抜粋してスペニットに利用する。同一文章を「メタ ディスクリプション」に設定するぐらいなら、空欄の設定の方が良いが、以下で説明するように固有のディスクリプションが理想的であることをGoogleは伝えている

 

固有の「メタ ディスクリプション」が理想的

固有の「メタ ディスクリプション」が理想的(上画像:「Googleの検索エンジン最適化スタートガイド」より)

「メタ ディスクリプション」に関しては、固有の「メタ ディスクリプション」が理想的であることをGoogleは伝えている。つまり、ページ内にある文字をコピーする行為やGoogleがページ内の文章をスペニットとして利用する、空欄の設定はNGということだ。

なぜ理想的かと言うと、後で説明する「設定するディスクリプションによってCTRが向上する」=「ユーザビリティが良い」からに他ならない。

 

短すぎるとNG、長すぎるとNG、重複したらNG

Search Console

Google Search Consoleを利用したことがある方であれば、お気づきだろう。Googleは短い、長すぎる、重複している「メタ ディスクリプション」はエラーで表示してくれるのである。また改善理由として「問題に対処すると、サイトのユーザー エクスペリエンスとパフォーマンスを向上できる可能性があります。」とGoogleは教えてくれている。

 

上位表示対策(SEO)に有効な訳ではない

上記の3点のことから、Googleが推奨しているため上位表示対策(SEO)に有効だと考えられても仕方がないが「サイト閲覧ユーザーのエクスペリエンスとパフォーマンスを向上」が「メタ ディスクリプション」設定の理由と言える。

では、どのように設定を行えば、サイト閲覧ユーザーのエクスペリエンスとパフォーマンスを向上することができるのか。次で説明していく。

 

設定するディスクリプションによってCTRが向上する

「メタ ディスクリプション」を正しく設定することでCTR(クリック率)が向上することは間違いない。まず、その理由から説明していく。

  • ディスクリプションの文章を読んでクリックするユーザーも多い
  • キーワードがディスクリプションに入っていれば太字になり目立つ
  • モバイル(スマホ)、PC検索を考慮して文字数の適正化をすることでクリック率が上がる

この適正の設定を日々行うことで、間違いなくCTRは向上していくはずだ。騙されたと思ってルールを決めて運用してみてほしい。そのルールのカギになる上記3点を詳しく説明してく。

 

文章を読んでクリックするユーザーも多い

ディスクリプション

当たり前だが、検索エンジンである以上、ユーザーは調べる目的があって検索している。そのため「メタ ディスクリプション」はユーザーを引き込むためのページ説明文でなければならない。つまり、営業のキャッチコピーと変わらないわけだ。そのため「メタ ディスクリプション」を設定する場合には設定後に、自問自答をしてほしい。

  • ユーザーにとってページの説明が分かりやすいか
  • 数字や地名、商品やサービス名が明確か
  • ページの目的をしっかりと伝えられているか

上記のことを一度自分に問いかけた上で「メタ ディスクリプション」を設定してほしい。

 

キーワードをディスクリプションに入れる

タイトルのキーワードを入れること

ここでお伝えするキーワードとは、title(タイトル)内に含まれるキーワードを指す。上画像の場合は「株式会社peko」「ペコ」「東京」「丸の内」「Webマーケティング」がキーワードとなる。

titleのキーワードをしっかりと入れることで、調べた検索ワードが「株式会社peko」であれば、「メタ ディスクリプション」内で「株式会社peko」が太字になっていることが分かる。これによってユーザーの目を引くことができ、CTRが向上するのだ。

つまり、titleに入っているキーワードは、「メタ ディスクリプション」内に入れて文章で説明することが大事ということだ。

 

モバイル(スマホ)、PC検索を考慮して文字数を考える

スマホ画面

モバイルとPC検索の場合、「メタ ディスクリプション」の文字数の表示制限が違うことはご存じであろうか?

  • PC/タブレット検索の場合:最大120文字前後
  • モバイル検索の場合:最大50文字前後

上記のように表示される最大文字が違う。そのため、モバイルからの流入が多い場合に関しては、モバイル部分を考慮して、一度50文字で内容を区切り、PCやタブレットの為に、30文字程度を追加するのがおすすめだ。当サイトのトップページは以下のようになっている。

  • (概要34文字)株式会社peko(ペコ)は東京都丸の内に事務所を構えるWebマーケティング会社です。
  • (詳細24文字)SEO対策中心のWebマーケティングコンテンツを配信中!

概要は16文字程度追加したほうが良いことが分かる。これは試行錯誤や慣れでカバーできるのでチェックしながら試してみてほしい。
 

分析方法とまとめ

Google Search Consoleの検索アナリティクスを利用して、是非以下のページを改善してもらいたい。必ずCTRが向上することをお約束する。まずはGoogle Search Consoleに登録する必要があるので、登録していない方は登録しよう。

Search Console>アナリティクスで以下の画像の設定をしよう。

検索アナリティクス

そうすれば、CTRが低いページが簡単にわかる。

掲載順位が高い

  • 掲載順位が比較的高いこと(出来れば10位以内)
  • 表示回数がある程度あること(出来れば100以上)
  • CTRが低いこと(1%以下)

上記ページの「メタ ディスクリプション」を改善することができればCTRが向上するはずだ。是非試してみていただきたい。

また、titleの設定がCTRを低下させている要因の1つでもあるため、「SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは」も合わせて確認してほしい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*