SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは

SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定

SEO対策におけるtitle(タイトル)タグの適正設定について記載しています。titleタグはSEO内部対策上、重要度が高いですが、どのサイトを見てもスマートに記載しているものがないので、注意点と設定方法について記載しておきます。

「SEO内部対策でtitleタグ設定で効果が高いか?」

という問いに対しては、「効果が高い」という結論になりますので、しっかりと確認しましょう。企業のページや集客サイトを運営している方は是非チェックしてください。それでは始めます。

【目次】

1.titleタグの書き方
2.titleタグを設定する文字数
3.titleタグにサイト名を付けるべきか否か
4.titleタグに含まれるキーワード設定
5.「|(縦棒)」の意図と「‐(ハイフン)」の意図について
6.キャッチコピーと組み合わせたtitleタグの優位性
7.pekoの「5W 1H」title設定法

SPONSORED LINK

titleタグってどこのタグか?

タイトルタグはどこ

「あなたのページtitleタグがないわよ・・・」
「おーマジで!!」

titleタグはmetaタグと呼ばれる部分になります。metaタグについては、SEO対策中級者向けの内容になりますが、「metaタグを利用・活用する上で知っておきたいSEO対策に重要な知識」を確認してみて下さい。

ソースでお伝えすると以下の部分になりますね。

<title>SEO対策Title(タイトル)タグの適正設定とは</title>

<title>というタグで囲まれている部分になります。ウェブサイトのソースコードを見ればわかりますが、基本的に私は「SEOチェキ」というサイトが見やすいので、良く利用しています。アクセスいただいて、URLを入れると以下のようなデータが出ます。

SEOチェキ

赤枠で囲っている部分がtitleタグになります。(各ページのURL毎にチェックしていきます。)

 

titleタグは全ページにある

titleタグは全ページにある

「うそー全部かいな!!」

titleタグの設定をトップページだけとか、主要ページだけとかの設定にしている方を多く見ますが、基本的に全ページに存在するので注意しましょう。

弊社pekoのSEO対策の設定では全ページに行うことにしています。必ず、すべてのページのTitkeタグをチェックしましょう。

 

1.titleタグの書き方

日本の書き方

「Japaneseカキカタ!」

まずは基本的なtitleタグの書き方についてです。以下の項目に注意して記載していきましょう。

  • titleタグは文章で記載する
  • titleタグには主要のキーワードを入れる
  • そのページの文章にないキーワードを入れても効果がない

titleタグの書き方で注意したい項目は上記の3つになります。1つ1つ大事な部分なので解説していきます。(ご存じな方は飛ばしてください)

 

titleタグは文章で記載する

SEO対策のコンサルティングをしているときに、titleタグをチェックした時によく見られる現象です。以下2つのtitleを見てください。

  • 東京 丸の内 株式会社peko
  • 東京丸の内のWebマーケティング会社|株式会社peko

今ではめっきりと少なくなりましたが、実際にこのような単語「東京 丸の内 株式会社peko」でタイトル設定をしている業者や会社を多く見受けられます。必ずtitleタグは文章で掲載するように心がけましょう。

peko Pint

ペコポイント
ウェブ制作会社にサイト作成を頼んでいる場合によく起こる現象です。依頼者側は、そこまで気が回りませんし、ウェブ作成会社は制作する会社なので、マーケティングはわかりません。適格に指示を出すか、Webマーケティングを知っている作成会社に依頼することが重要です。基本的に制作サイドからとって面倒くさい項目なので、依頼者側がしっかりと指示を出す、または後で設定を出すことができる仕組みにしておくことをお勧めします。

 

titleタグに主要キーワードを入れる

例えばですが、「SEO対策」「費用」という言葉で狙いたいと思っていたとします。(この狙いたいってのがそもそも駄目なんですが・・・(笑))、その場合はtitleタグは以下のように設定します。

「SEO対策の内部対策時にかかる費用について」

とtitleを入れます。その場合は必ず、「SEO対策」の「内部対策時」の「かかる費用について」の文章が記載しているページであることが重要です。当たり前ですね。イメージとしては本と一緒です。

SEO対策の本を買ったとします、中身がリスティング広告の内容が記載されていた場合、クレームが起きますよね。考え方は一緒です。

 

titleタグは左寄せで効果が高い?

titleタグは左寄せで設定したほうが効果が高く反映するようになっています。例えば先ほどの例「SEO対策」「費用」という言葉で考えると、以下になります。

SEO対策の内部対策時にかかる費用について」
SEO対策費用について」

先ほどの例では、内部対策という言葉が先に左側に来ていますが、SEO対策と費用について記載しているのであれば、「SEO対策の費用について」と書いた方が効果が高いです。

 

2.titleタグを設定する文字数

うん、文字数は大事

「うん!文字数は大事だね!」

titleタグに設定する文字数は重要になります。もちろん少なくても駄目ですし、長くても駄目です。

基本的に最大全角32文字以内と言われています。

ただ、自動調整されたり、GoogleのWeb表示では30文字程度の場合があるので、この部分だけは注意したいです。

私は24文字~30文字程度を目安に設定していきます。

 

サイト名も18文字カウントされるので注意

ウェブサイトのトップページは良いのですが、サブページの場合に後ろにサイト名がつく場合があります。たとえば以下です。

  • 【サイト名がつかない場合】「SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは」 23文字
  • 【サイト名がついた場合】「SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは | 株式会社peko(ペコ)」 33文字

上記のように、サイト名が入ると、どうしても目安の30文字をオーバーしてしまうケースがあるので、注意しておきましょう。

※サイト名などをtitleにつけない場合でもGoogleが自動調整する場合がありますので注意が必要です。そのため、(30文字-サイト名の文字数)ぐらいで考えておくことがちょうど良いです。

 

peko Pint

ペコポイント
ちなみにですが、多くのユーザーが見ているYahoo!ニュースは必ず13文字以内にとどめています。それが多くページビューを誇るYahoo!JAPANの結論です。数パーセントの調整を繰り返し、一番ユーザーにクリックされる文字数だそうです。

 

3.titleタグにサイト名を付けるべきか否か

サイト名

「大事にも見えるし~そうでもないように見えるしーそもそも、人間の言葉が分らないワン。」

titleタグにサイト名を付けるべきかどうかは非常に悩みます。以下要点をまとめてみました。

titleにサイト名を付けた場合 titleにサイト名を付けない場合
  • サイトのブランディングに効果的
  • サイト名で上がってきやすい
  • titleタグのSEO対策効果を十二分に引き出せる
  • 文字数を30文字程度フルで利用できる

 

ケースバイケースで使い分けることが重要だと思います。例えば集客サイトで、「サイト名=集客キーワード」だった場合(例:SEO対策ドットコム等)はtitleにサイト名を付けることで、SEO対策という文字をあまり入れなくても済みますし、2重で利用することで効果を得ることができます。

会社名などですでに、会社名で上位表示出来ている場合は、titleにサイト名を付けてもブランディング効果はありますが、SEO対策の観点から言うと微妙ですね。

※サイト名などをtitleにつけない場合でもGoogleが自動調整する場合がありますので注意が必要です。

 

peko Pint

ペコポイント
私は「WordPress」をよく利用しますが、固定ページのtitleはサイト名を付け、ブログである投稿ページはサイト名を付けないようにしています。SEO対策を効果的に利用し、さらにブランディングも構築したいという、よくばり設定ですね。

 

4.titleタグに含まれるキーワード設定

色々あるの

「え!?色々あるの、聞いてませんよ~」

titleタグに含まれるキーワード設定については、色々な設定方法が存在します。

  • キーワードプランナーで探す
  • Yahoo!のサジェストを利用する
  • 書いた文章にぴったり合ったtitleを決める

改めて説明しますが、titleタグに対策キーワードが入っていなければ、そのキーワードで上位表示はできません。そのため、選ぶキーワードは目的に合ったものが必要になります。

ただ、目的とユーザーの心理をマッチさせなければ、たとえ1位に表示されても検索する人がいませんし、多くの方が検索するワードを設定した場合は上位表示に時間がかかったり、上位表示できない場合があります。

私はそのためにキーワード分析を一通り行った上で「書いた文章にぴったり合ったtitleを決める」ことを心がけています。

 

キーワードプランナーでまずは探す

キーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Googleが提供している広告用のキーワードツールです。関連キーワードなども出てくるので、非常に便利ですし、検索ボリュームなども分かります。

注意点は以下の通りです。

  • 登録にはGoogleアカウントが必須
  • クレジットカード情報も必要になる(費用は掛からない)
  • 月間検索ボリュームはGoogleのみなので3倍すると市場の数に近しくなる
  • 2,500検索を超えるワードは非常に上位表示が困難になる

上記の注意点でまずはどのようなキーワードが市場として調べられているのか確認し、その後サブキーワード(2つ以上の掛け合わせキーワード)「SEO対策 費用」などでも確認していきます。

この時点ではtitleタグは、まだ決めません

 

Yahoo!のサジェストで探す

Yahoo!サジェスト

Yahoo!のサジェストとは虫眼鏡の部分になります。良く調べられる関連キーワードが表示されます。このキーワードも確認をしながら、再度キーワードプランナーを利用して検索ボリュームを確認します。

Googleもサジェストはありますが、Yahoo!と違うキーワードが表示されます。Yahoo!ユーザーの方がサジェストを押しやすいため、Yahoo!でチェックしていきます。

こちらも一通り見たら頭に入れておきます。

 

書いた文章にぴったり合ったtitleを決める

やはりこれが一番ですね。

書いた文章に合ったtitleを付けることが一番です。GoogleはSEO対策を行うことを嫌っています。だからこそ適正に作成していくことが重要になってきます。アルゴリズムが変わったら順位が変化しない方法なので、まっすぐと行うSEO対策をお勧めします。

 

peko Pint

ペコポイント
titleタグは人によって様々な設定方法があります。あくまで1つの例なので参考程度に行うか実践を行ってみましょう。経験がノウハウとなります。

 

5.「|(縦棒)」の意図と「‐(ハイフン)」の意図について

物事には理由があるの

「そもそも、物事には理由があるんだからね!」

結論から言うと、どちらでも良いが親和性が深いのは「|(縦棒)」になります。少し説明します。

今回のポイントは以下2つのどちらで設定するかということです。

  • SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは | 株式会社peko(ペコ)
  • SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは - 株式会社peko(ペコ)

ぶっちゃけどっちでもいいよと思う人も多いと思いますが、「ハイフンと縦棒」の意味合いを考えていきましょう。

-(ハイフン) 単語を区切るときに利用されます。実はハイフンはハイフンではなく、「マイナス」です。
|(縦棒) プログラムで区切りとして使われる。「どちらか」という意味にもなる

 

上記の内容より、「|(縦棒)」に私の中で軍配が上がりました。(SEO対策には関係ありませんね)ただ、適正な設定はしておきたいものです。ちなみに縦棒は半角で表示し半角スペースをいれることが適正ですので注意しておきましょう。

たまーに全角で設定している場合もありますね。

 

6.キャッチコピーと組み合わせたtitleタグの優位性

少しでも優位な情報を

「え!そーなの、ふむふむ」

titleタグはSEO対策上有効に働きますが、検索ユーザーの心理にも響くものがあります。たとえば以下の例2つのタイトルを見比べてみてください。

  • SEO対策title(タイトル)タグの適正設定とは
  • SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは

どちらがクリック率が高いかといいますと、「7つの適正設定」と記載している方です。検索ユーザーがより好感がもて、興味を引くようなtitleの設定が重要になります。少し上級テクニックですが、自分がどのようなタイトルだったら押しやすいか考えることが重要です。

 

検索ユーザーの心理

当たり前のことですが、再確認しておきます。検索ユーザーはそもそも検索しているので、目的をもって検索をしています。つまり、好き勝手なことをtitleタグに入れたとしても、駄目だということです。

「SEO対策 費用」でTitleタグのキーワードを絞り込むのであれば、そのキーワードに対して、どのようなことをユーザーは求めているのかを考えながらキャッチコピーを組み合わせていくことが重要です。

 

ユーザーの心理を使ったtitleタグの思考方法

「SEO対策 費用」で検索しているので、SEO対策を相談したい、相場観が知りたいと考えていると仮説を立てます。例えばですが「SEO対策の相場を比較」とすると、色々な費用が確認できるイメージがつきます。さらにキャッチコピー化を考えて、「SEO対策の相場を大手14社徹底比較」とします。そうすることで、何を記載しているのかが明確にわかりますね。

もちろん文章に合ったtitleを付けることが重要ですが、このように考えています。

 

 

7.pekoの「5W 1H」title設定法

私はpekoではありませんよ

「私はpekoではありませんよ!」

私が考えるtitleの設定方法をご紹介します。参考程度にしてください。

それは「5W 1H」を利用します。国語の勉強か英語の勉強ですね・・・・「5W 1H」とはいかになります。

  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

こちらを利用してtitleタグを作っていきます。

  • Who(誰に向けたページなのか)
  • What(何を解決できるページなのか)
  • When(いつ、または、どこで利用できるノウハウなのか)
  • Why(なぜそのように考えるのか)
  • How(どのように利用できるのか)

と上記のように置き換えます。これをタイトルに当てはめていきます。今回、この記事を参考に考えましょう。

  • Who → SEO対策を考えるユーザーに対して
  • What → titleタグの設定を解決できる
  • When → SEO対策の内部対策で利用できる
  • Why → 適正な設定方法を記載しているページがないから
  • How → 文章で解決策を7つに区切って示してあげること

と考えた結果「SEO対策のtitle(タイトル)タグの7つの適正設定とは」となりました。

いかがでしょうか。(少し強引でしたかね・・・(笑))特に、Who(誰に向けたページなのか)ということは重要な要素になりますので、titleタグ設定時には必ず一度振り返りましょう。

 

まとめ

まとめます

「最後までありがとう!まとめます!」

SEO対策のtitleタグの設定は、いかがでしたでしょうか。SEO対策では重要な部分を占めていますが、意識しすぎても駄目、意識しなさ過ぎても駄目という微妙な部分だと感じます。

上位表示の1つの要素にはすぎませんが、ユーザーに分かりやすさを追求するという意味では、ページを作成するときに悩んでも良い部分だと思います。

必ず、全ページチェックして設定をしておきましょう。最後までありがとうございました。

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:2件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*