SEOコンサルタント募集中

301、302リダイレクト違いとGoogleの見解

サイトを移転する場合や、ページのURLを変更し新しいページに移動させる場合などは、リダイレクトという手法がとられる場合が多いですね。最近では当サイトを移転したので、301リダイレクトを行ったばかりです。

301リダイレクトの302リダイレクトの違いは以下の通りです。

リダイレクト方式 301リダイレクト 302リダイレクト
意味合い 恒久的転送(リダイレクト) 一時的な転送(リダイレクト)
用途 ・ドメイン移転
・ウェブサイトの統合
・モバイルページ転送
 キャッシュ キャッシュする  キャッシュしない
PageRank 渡す 渡さない
検索順位への影響 特にない 特になし

 

Googleは301リダイレクトも302リダイレクトも検索順位への影響はどちらがどうこう、という決まりはなく、どちらのリダイレクトも同じように扱います。「ここは301のリダイレクトをしないと順位に影響がある。」などのようなことはないということです。

では、301リダイレクトと302リダイレクトについて詳しく確認していきましょう。

【目次】
301リダイレクトとは
302リダイレクトとは
301リダイレクトと302リダイレクトのキャッシュ違い
301、302のGoogleのPageRank見解とは

SPONSORED LINK

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは

  • ドメインやURLを恒久的に変更する永久転送である
    (「恒久的」とはいつまでもその状態が続くことを言います。)

302リダイレクトを分けているのはGoogleの検索エンジンに与える影響が違うからと言われています。それではGoogleはどのような時に301リダイレクトを行うべきなのかを説明しています。

  • サイトを新しいドメインに移転したとき
  • 移転をスムーズに移行したいとき
  • ユーザーが複数の異なるURLを介してサイトにアクセスした場合
  • 2つのウェブサイトを結合する場合
  • 結合したウェブサイトで無効になったURLへのリンクをリダイレクトする場合

上記のような場合にGoogleは301リダイレクトを利用する必要があると述べています。

例えば、「https://www.peko.co.jp/(HTTPなしURL)」を「https://www.peko.co.jp/(HTTPありURL)」へリダイレクトする場合も301リダイレクトを活用します。(wwwがあり、なしでも同じ処理をします。)リダイレクトを行う場合は、ほとんどの場合恒久的なリダイレクトの場合が多く301リダイレクトを行うケースが多いですね。逆に恒久的なリダイレクトにも関わらず302リダイレクトを利用している場合は注意が必要です。

 

「.htaccess」への301リダイレクトの設定方法について

「.htaccess」にリダイレクトの設定を行う場合は、Apache(アパッチ)というウェブサーバーで、利用で、「Mod-Rewrite」という機能をサポートしている必要が必要があるので注意しましょう。

301リダイレクトの設定方法に関しては、以下2サイトを参考にしていただけたらスムーズにわかると思います。

しっかりまとめてあったので問題ないと思います。また、しっかりと301リダイレクトが行われているかどうかをチェックするためのツール「HTTP Header Response Status Codes Check Tool」も存在しますので、確認に使ってみてください。

 

サイトを移転した場合はいつまで301リダイレクトが必要か

サイトAからサイトBに移転のため301リダイレクトを行う場合があります。おそらく1ヶ月~3ヶ月程度でGoogleの検索エンジン上に表示されるようになり、さらには「半年ほどで良いのではないか」という見解のブログも多く見受けられますが、転送をおこなっているわけなので、半年間301リダイレクトを行っておけば良い。というものではなさそうです。

つまり、ドメイン費用がそこまでかからないものが多いので、移転した場合はそのままドメインを保有しておくことが無難だと考えます。

 

302リダイレクトとは

302リダイレクトとは

  • ドメインやURLを一時的にリダイレクトすること

302リダイレクトとは、一時的なリダイレクトに利用します。301リダイレクトが恒久的に変更する永久転送であれば、302リダイレクトは一時転送といえます。302リダイレクトを利用する場面はどんな場面なのでしょうか。基本的に301リダイレクトで済みそうですが、Googleは以下の時に302リダイレクトを推奨しています。

  • モバイル向けサイトのリダイレクト

冒頭でもご説明したように、301リダイレクトと302リダイレクトが検索エンジンに与える影響は同一のものです。Googleがあえてモバイルサイト向けのリダイレクトだけ302リダイレクトを推奨した理由としては「インターネットで使われている技術との互換性を保つため」と言われています。

つまり、Googleの取り扱っているシステム以外で問題を起こさないようにするために推奨しているといえます。

 

301リダイレクトと302リダイレクトのキャッシュ違い

302リダイレクトの違い

冒頭の表で301リダイレクトは「キャッシュあり」で302リダイレクトは「キャッシュなし」と説明していました。例えば、サイトを新しく制作し、そこに古いウェブサイトを301、302でリダイレクトした場合には以下の処理がなされます。

  • 302リダイレクト:検索上に古いURLを残す
  • 301リダイレクト:新URLとなる

つまり、恒久的に転送する301リダイレクトでは、新URLにかわり、一時的に転送される302リダイレクトでは古いウェブサイトのキャッシュを引き継ぐということになります。

だからこそ、301リダイレクトと302リダイレクトの使い分けが必要となってきます。

 

301、302のGoogleのPageRank見解とは

Googleの見解

前回の「English Google Webmaster Central office-hours hangout」でGoogleのジョン・ミューラー氏が301リダイレクトと302リダイレクトについてのGoogleの処理について以下のことを伝えています。


今までは301リダイレクトはPageRank(サイト・ページの価値)を渡し、302リダイレクトはPageRank(サイト・ページの価値)を渡さないと伝えていましたが、このアワーでは以下のことが分かりました。

302リダイレクトでも一定期間(一時的な状況ではなく、恒久的な状況だとGoogleが認識した時点)でPageRank(サイト・ページの価値)を渡す場合がある。

上記のように回答しています。

つまり、今までの状況で302リダイレクトでPageRank(サイト・ページの価値)を渡さないという意味合いで利用していた方は注意が必要となります。(ページの品質が悪かったり、駄目な被リンクがついているページなどに利用していた方も多いのでは?)

この場合の処理に関してはGoogleはrobots.txtでブロックするように推奨しています。

 

まとめ

まとめ

当サイトでも旧サイト(旧ドメイン)から、新サイト(新ドメイン)へ301リダイレクトで移転を行いました。

順調にサイトのPageRank(サイト・ページの価値)も移行することができて安心です。基本的にレスポンシブデザインにしておれば、302リダイレクト処理を行う必要もなかったので、とりあえずリダイレクトの件に関してはトラブルがありませんでしたね。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:3件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*