SEOコンサルタント募集中

SEO対策を意識して文章を書く5つの注意

SEO対策を意識して文章を書く

SEO対策も現在、コンテンツマーケティングの時代に突入しました。良質でGoogleに評価されやすいコンテンツを配信することが、今後さらに重要になっていくでしょう。

今回は、SEO対策を意識して文章を書くときに気を付けたいことを5つのポイントで説明していきます。

SPONSORED LINK

1.SEO対策を意識しても、SEO対策を意識しない

意味わかんないっす

「意味わかんないっす・・・日本語が・・・」

SEO対策を意識した時に、どうしてもSEO対策を知っている人であれば、以下のことが気になります。

  • 文章量
  • キーワード比率

私の考えでお伝えすると上記内容は全く意識することではありません。少し詳しくお伝えします。

 

1-1.SEOを考えたときの文章量について

SEOを考えたときの文章量

「文章量が多ければ良い・・・?」

などのようにただ文章量を増幅させる方も多いと思いますが、確かに200文字のページよりも1,000文字のページの方が、Googleからの評価は良いと思います。そういった意味で文字量が多ければ良いと思う方もいると思いますが、あくまで評価の1つにすぎません。

Googleの考え方としたら、「ブログのタイトルに対して伝えたい情報や独自情報がたくさんあった場合、文章は長くなるでしょう。」という考え方をします。

後程説明しますが、タイトル<Title>タグが重要な働きを持ちます。

 

1-2.キーワード比率を細かくチェックする行為

キーワード比率を細かくチェック

「最近はめっきり減りましたね~こんな人」

文章量が1,000文字あった場合、キーワードの比率を考える人が昔は多かったです。「SEO」というキーワードが全体に対して7.0%以内が良いなど・・・

キーワードの比率を考えて文章を書いた場合、良い文章は書くことが絶対的にできません。なのでキーワード比率というのは頭の片隅に封印しておくべきですね。

 

2.Titleタグのキーワードにこだわらない

キーワードにこだわらない

「どのキーワードにするか・・・それに命かけてましたけど・・・」

例えば、「SEO対策会社比較」などのキーワードで上位表示させたい場合に、必ずといっていいほど皆さんは「SEO対策会社比較」というキーワードをTitleタグに設置します。そうしないとキーワード上位表示できないですからね。

大きな落とし穴

「ここで大きな落とし穴があるんです!」

では、Titleタグをしっかりと設定して、文章を1,000文字入れたら良いのかというと、違いますよね。Titleタグに入れたキーワードは必ず文章でその内容が掲載している必要があります。

以下でチェック方法を確認しましょう。

 

2-1.Titleとキーワードが合っているかチェックする

かみ合ってない

「やば!キーワードとかみ合ってないかも・・・」

具体的な例を出して考えてみます。先日私が書いた「Googleのパンダアップデート4.2は、まだ終わっていない(https://www.peko.co.jp/seo/google-updates/panda-updates4-2)」を参考に考えてみます。

まず、私がTitleに指定したキーワードは「Google、パンダアップデート」というキーワードになります。このキーワードに関して文章が適切に書かれているかどうかを、SEOチェキというサイトの「キーワード出現頻度チェック」で以下のようにチェックします。

キーワード出現率チェック

見ていただいたわかる通り、「アップデート、パンダ、Google」というキーワードの比率が多くなっていると思います。これはキーワード比率を合わせているわけではなく、その記事のタイトルに沿った内容をしっかりと書くことで自然にあってきます。

また、ポイントとしては、記事を公開したのち、キーワードの比率を見て、タイトルを変更する場合があります。たとえば、「SEO、対策」という比率が多ければ、以下のように変更をします。

  • 「Googleのパンダアップデート4.2は、まだ終わっていない」
    →「Googleパンダアップデート4.2のSEO対策への影響は」

など、(少し強引でしたが・・・)タイトルのキーワードにプラスしていきます。

大事なことはタイトルに沿った独自の文章を書くことで、SEO対策目的で文章を書くものではないということです。

 

3.SEO対策の”その先”を意識する

SEOの向こう側

「SEO対策の向こう側・・・」

「SEO対策を行いたいのはなぜか・・・」ということ今一度を考えます。

  • 売上を伸ばしたいからですか
  • 商品をPRしたいからですか
  • ブランドイメージを構築したいからですか
  • 他社に勝ちたいからですか

SEO対策を行う上で、もちろん集客というものが必ずしも頭の中にあると思います。

ただ、その先をしっかりと見据えてなければ「ただ上位表示され、たくさんのユーザーに見られたとしても」目標は達成されません。これが難しいですし、面白い醍醐味ですね。

3-1.売りたい売りたいサイトになってたらNG

売りたい売りたいサイト

「この商品買ってほしいねん!」

Googleの検索はユーザーが探すためにあります。完全にPULL型です。そのため、サイト運営者側はユーザー側に有益な情報を提供する必要があります。その意識を忘れないで、サイトを作成することが重要です。

そのため、「商品をただ買ってほしい」というサイトでは駄目ということになります。では具体的に商品の場合何を入れていくのでしょうか。

  • 他社との比較
  • サービスの特徴
  • 使い方や情報
  • 価格帯や支払情報

私のイメージの中では、ウェブサイトは営業マンと一緒だと考えています。大きな大手企業を落とす場合は、何度も足を運んで、有益な情報を提供し、場合によっては接待しますよね。ウェブサイトも同様です。

有益な情報をブログで提供して、ユーザーに何度も足を運んでサイトを見に来てもらう。そして、キャンペーンなどの接待を行うことでユーザーを獲得するわけです。

今、あなたが書いているサイトが接待なのか、有益な情報なのかを理解して文章を書くことが大事ですね。私のサイトは商品がありませんので、有益な情報提供だと思って記載しています。

 

4.意味のない文章は排除する

意味のない文章は排除

「いるわよねー話長い人・・・」

文章を一度書き上げた上で、意味のない文章は徹底的に排除します。内容が伝わりづらくなりますし、何が伝えたいかが分からなくなってきます。一度書き上げても振り返って削除しましょう。「コンサルタントに2,000文字書けって言われたから書きました・・・」などと言われる方も多いですね。

意味のない文章とは私の概念で以下のことを言います。

  • タイトルに関係がない文字
  • 場つなぎ的な意味が分からない文章
  • 他のページやサイトから持ってきた引用やコピペ

このページの内容を見ている方は問題ないと思いますが、意外に多いですね。

 

5.文章校正をはっきりさせる

文章校正をはっきり

「国語勉強しておけばよかった~ぁ」

Googleは文章の構成もしっかりと確認しています。ではどのように確認しているのでしょうか。以下の内容を見てください。

SEO文章の書き方

現在のページをHTMLを付けてみました。法則がいくつかあります。知っている方はスルーして下さい。

  • そのページ(1つのURL)に<h1>タグは1つだけ
  • <h>系のタグの下には必ず文章<p>を入れること
  • <h>系のタグは順番につかっていく

少しわかりにくいですが、<h1>は本のタイトルのようなイメージで、<h2>は第一章、第二章のようなイメージでしょうか。実際に本の目次のように文章を作成することが好ましいです。

この部分を改善するだけでも比較的向上します。

文章校正で多い間違い

  • <h1>がページ内に複数存在する
  • <h1>の次に文章が入らず、すぐに<h2>を使っている
  • などの間違いが多いですのでチェックしてみましょう。
ブログの記事タイトルが<h2>からになっている場合は、第一章、第二章などの項目は<h3>とし、そのページでは<h2>をタイトルにしか利用しない形で処理ができれば問題ありません。

 

まとめ

いかがでしたか

「いかがでしたでしょうか?」

基本的なSEO対策を意識したときの注意点を記載しておきました。

ちなみに、当社のサイトではないですが、ブログや記事を書くときに文章量やSEO対策をあまり意識したことがありません。私が考えるSEO対策はSEO対策のルールや概念をしっかり把握し、Googleの方向性も確認したうえで、決められたルールの中で自由に書くということがSEO対策だと思っています。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*