SEOコンサルタント募集中

最近感じるSEO対策の事~ペコのくだらないブログ~

最近感じるSEO対策の事

2014年の8月頃からGoogleが頻繁にアップデートを繰り返すようになり、私の持っているサイトのアクセス数は跳ね上がりました。今までは、SEO対策=「いかにビックワードで上位表示するか」ということに各社、各企業、個人、アフィリエイターなどは力を入れていました。

いまだにビックワードで上げたいと思う方はいるかもしれませんが、時代とともに変化しつつあるのでしょう。

その中で感じることは、SEO対策を行って「上位表示させたいのは違うと思う」と言うことです。

SPONSORED LINK

「上位表示をさせたい!」というのはWebマーケティングを行っている方であれば、皆さんそう感じます。それは裏側に、「収益を上げたい」「アクセス(PV)を増やしたい」などの目的があると思います。

 

基本的に、「アクセス(PV)を増やしたい」方でも、裏側にあるのは収益です。

 

「収益を上げたい」と持ったときに、SEO対策で上位表示をここみる行為は間違ってはいませんが、私は個人的に違うと思っています。

 

100人に見てもらって、1件しかコンバージョンしないのと、1人に見てもらって1件のコンバージョンを得ることは、目的としては同じだと感じるからです。

 

つまり、「目的は何か?」ということが大事になります。私は1人に見てもらって1件のコンバージョンを得たいと思っています。当サイトも10人に見てもらって、10人ともファンになってもらえればと思っているのでPVなどは全く気にしていません。

 

「上位表示をさせたい」と思うのは、今後のGoogleの思考からも大きく外れて来ることが予想されます。それよりも、私は以下のように思います。

  • 1人のために、何が書けるか。
  • 1人のために、どのような情報が提供できるか。
  • 1人のために、どのような意思決定の情報を提供できるか。

このようなことを考えながら、日々Webマーケティングしています。

 

私の中では、ホワイトハットSEOでも、ロングテールSEOでもない、真っ直ぐなSEO対策を行って行くことを心がけています。「正直者が馬鹿を見る」Googleの時代は終わりました。

 

今は、「正直者が伸びる時代への突入」となっていると感じています。1日1歩でも3歩でも成長することが出来れば、必ず結果がついてきます。

 

ただ、間違えてはいけないことが1つだけあります。

 

それは、正しいベクトル(方向性)でWebマーケティグやWebサイトの運用を行うということです。

 

この情報を知っている人が少ないため、SEO対策は難易度がより深くなってしまうのです。

 

少しでも正しいベクトルで、運用してみてください。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*