SEOコンサルタント募集中

WordPressのレンタルサーバーを初心者用ジャンル別におすすめを比較してみた

WordPressのレンタルサーバー

ホームページを作成する上でレンタル・専用サーバーの利用は欠かせません。その中で金額や容量も大事になってきます。どのようなサーバーを入れた方が良いか初心者の目線でジャンル別にお勧めしています。ホームページを構築する方はチェックしてみてください。

サーバー選び

「自分にあったWordPress用のサーバーが選べるかな?」

WordPressが利用できるサーバーの最低スペックは以下の通りです。

  • データベース(MySQL)が利用可能。
  • WordPressの簡単インストール(自動インストール)機能が楽。
  • 無料のお試し期間ありのサーバーのチョイス

 

最低限上記のようなサーバーを選ぶことが素人の方はベストなので、まずは覚えておきましょう。下記でご案内しているものは、上記を満たしているものが多いです。当サイトの運営者SEOペコは「エックスサーバー」を利用しています。

詳しくは「WordPress導入方法|初心者でも30分でホームページが出来る導入した8つの軌跡!」を確認してみてください。

SPONSORED LINK

1.個人ブログ用におすすめのレンタルサーバー

ブログ用サーバー

サーバー名 初期費用 月額料金 ディスク容量 ドメイン MySQL サポート
ロリポップ
(ロリポ)
1,500円 250円 50GB 50個 1個 メール
ミニバード 1,500円 250円 30GB 50個 1個 メール
ハッスル
サーバー
1,000円 208円 3GB 32個 1個 メール

 

個人用のブログ構築だと、楽天ブログやライブドアブログ、アメーバブログなども頼っても良いのですが、独自ドメインが取得したかったりデザインがNGの方も多いと思います。基本的にブログを投稿していくので、CMSの導入が必要不可欠です。

WordPressもCMSとなり、MySQLが設定できないと導入が難しいので、MySQLが設定可能なサーバーを選ぶ必要があります。

 

個人のブログ用のサーバーポイント

とにかく安く

「とにかく安くが基本的ポイントだ!!」

  • とにかく安めで押さえること
  • 分かりやすいサーバー会社を選ぶこと
  • 複数サイトを運営する場合はMySQLに注意

 

上記が重要になります。レンタルサーバーはセキュリティの関係や容量の関係は個人ブログであれば、そこまで気にしなくて構いません。複数のドメインを利用したい場合は、「ドメインの欄を確認して1以上」のものを選ぶ必要があります。またWordPressの構築にはMySQLが必要不可欠になります。

MySQLが1個の場合は3つぐらいはWordPress構築は可能になりますが、アクセスが増えてきた場合はやはり1個のMySQLに1つのWordPressの方が無難です。

 

SEOペコのおすすめサーバー「ロリポップの特徴」

おすすめ:ロリポップ ロリポップの特徴
①初心者向けの小規模ホームページ構築には
非常に適しているのがロリポップになります。
②少し安めのサーバーを利用していても
バージョンアップが後から可能なので安心です。
③利用料金も安くコストパフォーマンスが
良いサーバーであることも選ばれる特徴の1つです。

 

※同じ会社が運営するムームードメインとのドメイン取得連動もスムーズなので、構築までのステップでつまづきたくない方はお勧めです。
※「チカッパプラン」はアフィリエイターにも人気があるプランです。次へ

ロリポップ
プラン
初期費用 月額料金 ディスク容量 ドメイン MySQL Mail
作成
コロリプラン 1,500円 100円 10GB 20個 20づつ
ロリポプラン 1,500円 250円 50GB 50個 1個 無制限
チカッパプラン 1,500円 500円 120GB 100個 30個 無制限

 

WordPressを利用する場合は、「ロリポプラン」以上のプラン選択が必要になりますので注意しましょう。メールアドレスの作成はコロリプランの場合は1ドメインにつき20づつになります。ちょっと大き目なブログを長めに運営を考えている方は「チカッパプラン」を選ぶことをお勧めします。低価格なのに、かなり高スペックといえます。

 

2.アフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー

アフィリエイトサーバー

サーバー名 初期費用 月額料金 ディスク容量 ドメイン MySQL サポート
 エックス
サーバー(X10)
3,000円 1,000円 200GB 無制限 30個 電話
メール
ロリポップ
(チカッパ)
1,500円 500円 120GB 100個 30個 メール
ファイアバード 2,000円 500円 50GB 無制限 10個 メール

 

アフィリエイター用のサーバーはなるべく高スペックであることが必要になります。サイトを無数に作成する方や平均でも3つほどサイトは持つため、ある程度許容範囲が高いサーバーが必要です。

 

アフィリエイター用のサーバー選びのポイント

ポイントはマルチドメイン

「ぽいんとは”こんな感じ”でマルチドメイン!」

  • マルチドメイン対応が良い
  • MySQLは複数が良い
  • なるべく費用が安く安定性があるもの

 

すごく当たり前の内容になりますが、アフィリエイトを行うサーバーの場合は少し初期コストがかかったとしても、スペックが良く拡張性の高いものをサーバーに選ぶことが大事になります。アフィリエイトの場合、サイトを複数作成することが多く、容量もある程度大きめのを選ぶ必要が最終的あるからです。

安さだけにはつられず、しっかりとサーバーを選びましょう。

 

SEOペコのおすすめサーバー「エックスサーバー」

おすすめ:エックスサーバー エックスサーバー特徴

①コストパフォーマンスが高い
②サイトに安定性がありバグがない
③マルチドメインが無制限である
④容量も200GBあるのでずっと利用できる
⑤お試し10日間無料サービスあり
⑥WordPressも自動インストール可能

※高性能のサーバーでスペックが高い上に、金額は安いのでアフィリエイターに非常に多く愛されているサーバーです。
※サーバー稼働率が99.99%と「もしもの時」が少ないのが特徴です。次へ

エックスサーバー
プラン
初期費用 月額料金 ディスク容量 ドメイン MySQL Mail
作成
X10 3,000円 1,000円 200GB 無制限 30個 無制限
X20 3,000円 2,000円 300GB 無制限 50個 無制限
X30 3,000円 4,000円 400GB 無制限 50個 無制限
WPX 2,500円 1,000円 100GB 無制限 10個 無制限

 

エックスサーバーには、 WordPress専用の「WPX」というプランが存在しますが、コストパフォーマンスを比べると、初期費用の500円が違うだけで、後は「X10」のプランに劣ります。ディスク容量が100GBよりは500円払い200GBにした方が無難と言えますので注意しましょう。

エックスサーバー詳細へ

 

3.ポータルサイト作成におすすめのレンタルサーバー

ポータルサイト用サーバー

サーバー名 初期費用 月額料金 CPU メモリ HDD サポート
さくら
サーバー
97,200円 9,720円 Xeon
E5-2407 v2
4Core
(2.4GHz)
16GB 600GB
~1TB
メール
電話
KAGYA
サーバー
43,200円 7,344円 Xeon
E3-1220Lv2
2Core
(2.30GHz)
8GB 500GB×2 メール
電話
Amazon EC2 カスタム カスタム カスタム カスタム カスタム メール

 

さすがに専用サーバーになると初期費用と月額費用が多くかかってきます。KAGOYAサーバーは比較しやすいように下のプランにしています。

Amazon EC2サーバーはカスタマイズで料金が変わり、米$での支払いになります。プロ向けですが、拡張性を考えると非常に優れています。

 

ポータルサイト作成時のサーバーの選ぶポイント

パフォーマンス!

「サーバーのパフォーマンスは非常に大事!」

  • 金額よりは、パフォーマンスを重視
  • 専用サーバーにすること
  • メモリ数は8GB以上を選ぶこと

 

ポータルサイトと言ってもどのようなサイトを作成するかで、もちろん変わってしますが、あまり金額を重視してしまうと、後でサーバーの引越しを行うハメになり、より金額がかかってしまいます。100万PVや1,000万PVに耐えれるようなサバ―を利用しておくとよいでしょう。

 

4.法人企業サイトにおすすめのレンタルサーバー

企業サイト用サーバー

サーバー名 初期費用 月額料金 ディスク容量 ドメイン MySQL サポート
GMO
クラウド
5,250円 1,480円 400GB 90個 1GB×60個 電話
メール
お名前.com 1,944円 980円 200GB 無制限 無制限 電話
メール
 クローバー 5,250円 1,500円 150GB 無制限 50個 メール

上記が企業にお勧めのレンタルサーバーになります。できれば名前が有名なところと、電話のサポートを付けておきたいですね。

 

企業におすすめなレンタルサーバーのポイント

安定感

「求めるのは安定感!!」

  • サーバーに安定感があること
  • 状況に合わせ共有サーバーか専用サーバーかを選ぶこと
  • メールアドレス設定の金額も見ておくこと

 

企業サイトとしてホームページを作成するときは、専用サーバーか共有サーバーかのジャッジに悩む傾向がありますが、基本的には、共有サーバーで十分だと思いますが、ある程度安定感があり、サポートもしっかりしてるサーバー会社の方が万が一の対応がスムーズで企業向きです。

 

 

5.ネットショップ(ECサイト)作成付きのレンタルサーバー

ECサイト専用サーバー

サービス名 初期費用 月額料金 商品登録
件数
独自
ドメイン
スマホ
対応
テンプレ
カラーミー
ショップ
3,240円 900円 無制限 可能
(有料)
可能 あり
e-shops
カート2
10,800円 2,400円 無制限 可能
(無料)
可能 あり
Eストアショップ
サーブ
10,800円 9,300円 500点 可能
(無料)
可能 あり
メイク
ショップ
10,800円 3,150円 100点 可能
(有料)
可能 あり

 

上記4つが業界的に有名で利用者も多いショッピング機能が付いたサーバー付きサービスです。基本的にゼロから構築するよりは遥かにスピーディーに低コストで作成することが可能です。独自で作成する場合はポータルサイトのサーバーを参考に検討してみてください。

 

ネットショップ(ECサイト)のレンタルサーバーのポイント

ネットショップ

「ネットショップにはネットショップのサーバーが!?」

  • 既存の仕組みに乗っかるか考える
  • ネットショップ専用のレンタルサーバーがあることを知る
  • 独自の構築の場合はサーバーの金額は考慮しない

 

ネットショップ(ECサイト)を始める場合においては、ネットショップ専用のレンタルサーバーを借りた方が、全て機能も整っているのでサイト作成が非常にスムーズです。また決済システムなども同様に契約はいりますが、スムーズです。

独自で構築した場合は開発費用や手間などが非常にかかりますので、判断が必要になります。

 

SEOペコのおすすめネットショップ「カラーミーショップ」

おすすめ:カラーミーショップ カラーミーショップ特徴


①導入店舗4万店以上の安心。
②初期費用・月額費用が最安値。
③商品点数無制限に掲載可能。
④容量200MB
⑤スマートフォンも楽々対応可能。

次へ

カラーミー
ショップ
プラン
初期費用 月額料金 ディスク容量 1商品
画像枚数
レビュー機能
ライトプラン 3,240円 900円 0.2GB 4枚まで ×
スタンダードプラン 3,240円 1,332円 0.2GB 4枚まで ×
ギガプラン 3,240円 3,240円 5GB 50枚まで
プラチナプラン 3,240円 10,000円
売上1%
30GB 無制限

 

プラチナプランは作成・カスタマイズから集客型コンサルティングサービスになります。一番多いのがスタンダードプランでの契約でしょうか。レビュー機能などを考えている方はギガプランを選ぶべきですね。後でプラン変更も可能ですが、なるべく自身に合ったプランを選ぶべきですね。

 

6.アダルトサイトを運営するレンタルサーバー

アダルトサイト用レンタルサーバー

サーバー名 初期費用 月額料金 ディスク容量 ドメイン MySQL サポート
FUTOKA 6,300円 1,780円 100GB 無制限 無制限 電話
メール
KAGOYA
サーバー
無料 840円 100GB 無制限 オプション 電話
メール

 

日本のレンタルサーバー会社でアダルト運営の許可が出ているレンタルサーバー会社は少ないです。KAGOYA(かごや)は安いですが、設定にはある程度知識が必要になりますので注意してください。

 

アダルトサイト運営のレンタルサーバーのポイント

アダルトOK

「アダルトOKじゃないとNGだぞ!!」

  • サーバーがアダルトOKか確認する
  • 動画を利用する場合が多く、スペックは高スペックを選ぶ
  • 海外のサーバーも視野に入れる

 

日本の法律にのっとったアダルトサイトを作成する場合は、日本のサーバーで十分になりますが、それ以外は海外サーバーを利用する必要があります。

また、アダルトOKのサーバーでなければ、勝手にホームページを削除されてしまう危険が伴い、ほとんどのサーバー会社が利用規約に記載がありますので、注意が必要です。

 

7.仮想専用VPSサーバーを構築に適したレンタルサーバー

VPSサーバー

サーバー名 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチ
ドメイン
権限 CPU
/メモリ
さくらサーバー
(さくらのVPS)
0円 980円~ 100GB root権限あり 仮想2コア
/1GB
GMOクラウド
(VPS)
0円 980円~ 100GB root権限あり 仮想3コア
/1GB

 

VPSサーバーとは、バーチャル・プライベート・サーバー(Virtual private server)の略語になります。共有サーバーではなく、専用サーバーでもありません。ただ、専用サーバーの重度の高さがあり、コストを抑えた仮想専用のレンタルサーバーの事をいいます。

 

仮想専用VPSサーバー選びのポイント

拡張性

「拡張性は大事か。。。」

  • 拡張性が高いサーバーを選ぶこと
  • 「root権限あり」を選ぶこと

 

1台のサーバーで各企業ごとなどの仮想サーバーを構築するようなもで利用します。また、静的なWebサイト限定になりますので注意が必要です。専用サーバーと比べるとスペックが同様で価格も安いため非常に人気があります。

 

まとめ

その他色々比較を考えていますので、検討中の方は是非ブックマークをお願いします。最後までありがとうございました。更新は各種SNSでお知らせいたします。

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*