Googleはモバイル(スマホ)検索をより高速化へ!AMPプロジェクトを発表

GoogleのAMPプロジェクト

Googleはもっと早くモバイル(スマホ)のウェブコンテンツを配信するためのプロジェクトAccelerated Mobile Pages(アクセラレイティッド・モバイル・ページ)通称AMP(アンプ)プロジェクトを2015年10月7日発表しました。

AMPプロジェクトとは、GoogleやTwitterをはじめとする30以上の会社と一緒に、モバイルページのロード時間を短縮(加速)させるプロジェクトです。このプロジェクトイベントに参加したのは「Vox Media」「La Stampa」「Buzzfeed」「The Washington Post」「Twitter」を含める30社以上です。

GoogleがAMP(アンプ)プロジェクトを行う理由は以下の通りです。

  • ニュース記事等のウェブページを早く表示させる目的
  • モバイル(スマホ)のロード時間を短縮する目的
  • インターネットで待つという状態を回避する目的
  • アプリ市場から再度検索市場へユーザーを誘因する目的

ニュース記事等は今日アプリ市場にユーザーを取られており、ニュース記事に関しては、検索エンジン離れがGoogleにとっては好ましい状況ではないため、ユーザが検索エンジンを利用してより、ニュース記事を読んでほしいと考えているからになります。

SPONSORED LINK

モバイル(スマホ)ではどんな表示になるのか

Googleはモバイル(スマホ)のニュース記事をどのように検索エンジン上に表示させるのでしょうか。詳しくは「Introducing the Accelerated Mobile Pages Project, for a faster, open mobile web」のGoogleの公式ブログに動画が乗っていますので、そちらも確認してみてください。

モバイルからAMP対応ページのデモを確認することができます。「AMP対応ページデモ」をスマホでクリックし、検索ワードに入れることで以下の画像のようなデモが表示されます。

AMP

AMPのデモページで「株式会社peko」を入れてみましたが、表示されませんでした・・・・。(現時点で日本ではスマホでみても表示されません。)

実際は以下のようにAMPのデモであれば表示されます。

AMPデモ
AMPの表示がカルーセル(メリーゴーランドのような回転式の表示)になっていますが、現時点ではまだ、カルーセルで表示させるかどうかは決まっていないそうです。また、今後の課題としてはAMPから広告を表示できるようにすることも課題だそうです。

 

WordPressもAMPのプラグインを開発中?

WoredPressも公式ブログページで「Accelerating the Mobile Web(モバイルWebを加速化)」というテーマで記事を書いています。

WoredPressはオープン性や柔軟性、メディア性を兼ね備えたCMSであり、その購読者(ユーザー)のために可能な限り「最高のユーザー体験」を提供しつづけるというコミットメントで構築されています。

そのため、WoredPressからAMP仕様をサポートするためのプラグインを開発しています。プラグインはまだ初期段階です。

つまり、WordPressを利用していればAMPに対応することも容易であることが考えられるということですね。まだ、どこまでどうなのかというのは不明ですが、AMPプロジェクトは面白い取り組みだと思います。

 

AMPの発表で感じること

これは私個人的な意見となりますが、モバイル(スマホ)検索を強化していくという取り組みに関しては、Googleとしてアプリニュース市場を何とかしたいという目的があります。現時点でスマホのアプリ市場で成果をあげているのがゲームだけだと感じますので、ユーザーのアプリ離れは進み、また検索市場に帰るのではないかと考えます。

そうなると、やっぱり行っておきたいのが、ウェブサイトのモバイルフレンドリー化と、ウェブサイトでのスマホ高速化です。ある程度時間がかかる取り組みになるウェブサイトが多いので、やはり対処はしておきたい部分だと考えます。

モバイルフレンドリー化され、「もうホームページはスマホ対応していないと駄目?SEO対策の項目に2015年4月21日導入!」の記事でもお伝えしましたが、まだスマホ化を行っていないウェブサイトも多く存在します。

それは、スマホ化に対しての順位変動の影響がそこまでなかったからです。AMPの導入が進むにつれて、よりウェブサイトはモバイル検索市場の対応が求められそうだと感じます。最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:2件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*