11月19日発表!Googleがスマホ向けに検索結果を変更することを発表!「スマホ対応のラベル追加へ」

Googleの検索が変わる

Googleが何度もテストを繰り返していた、「スマホ対応ラベルの追加」への検索エンジンの仕様についに変更することをウェブマスター向け公式ブログ発表しました。「Googleウェブマスター向け公式ブログ

スマホ対応ラベルとは以下の画像を見てください。

スマホラベル化

赤枠で囲った部分が今回の「スマホ対応ラベルの追加」の対応になります。

では、Googleが考えるスマホ対応とはなんでしょうか。

SPONSORED LINK

1.Googleが考えるスマホ対応は4つ

Googleは何を考える

「何を考えてんだろー?Googleさんは?」

  • 一般的でないソフトウェアを使用していないこと(Flashが該当)
  • スマホでも十分判読できるテキストを使用(ズームはしないことが基準)
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないコンテンツ
  • 目的のリンクを簡単にタップできる(リンクと文字の間が十分にある)

上記の事柄に対応しておけば、Googleが考えるスマホ対応が可能となります。Googleは上記4つの条件を「モバイルフレンドリー条件」と呼んでいます。

以前ウェブマスターツールの新しいコンテンツ「Googleがウェブサイトのスマホ化適正チェックするモバイルユーザビリティ!ウェブマスターツール機能で登場!」のブログでお伝えしたものと同じ条件になります。

 

2.条件を満たしている場合はチェックしよう!

Googleが考えるモバイル対応

「条件がチェックチェックできる便利なサイト!」

モバイルフレンドリーテスト

「モバイルフレンドリー条件」を満たしているかどうか、Googleに確認することが可能です。「モバイル フレンドリー テストでページ」で確認することが可能です。

当サイトSEOペコで、検証してみました。

スマホフレンドリーチェック

日本語に略すと「すごい!このページはフレンドリーです。」とGoogleから褒めてもらいました。ただそれだけなのですが。このプレンドリーテストに関しては、ウェブマスターツールでもチェックできます。

 

ウェブマスターツールはエラーのURLが分かる

ウェブマスターツール>検索トラフィック>モバイルユーザービリティ

ウェブマスターツール

ウェブマスターツールって何?と思う方は「Googleウェブマスターツールの使い方と機能とは | 100%使いこなすマニュアル保存版」を一度確認してみてください。どのURLがエラーか的確に教えてくれます。ウェブマスターツールでは褒められませんね。

 

3.モバイル化が進むにつれて必要なユーザビリティ

ユーザビリティ

「俺のウェブサイトは、ぼろぼろだ・・・」

モバイルユーザービリティを向上させることをGoogleは今後力を入れていく方針です。現在の指標は4つになり、まだまだ対応が可能ですが、今後PCサイトのようなSEO対策が必要になってくることが考えられます。

海外SEOブログの鈴木氏の内容でも触れていましたが、何から手を付けてよいか分からない方は「PageSpeed Insights」を利用して適正化していけば良いと、Googleのジョン・ミュラー氏は語ります。

モバイルチェック

なんと100点満点中、19点と惨敗します。この部分から適正化していくのがベストでしょう。

また、私のように沢山ありすぎて分からないという方は、先ほどのGoogleが考えるスマホ対応を行っておけば問題ないでしょう。WordPressを利用している方はなるべくプラグインを利用しない運営がベストだと思います。

 

4.今後はスマホの読み込み速度もSEOの評価に?

評価される

「自分、評価とかいいですから~」

検索エンジンのランキング評価の中に、PCのサイト読み込みスピードが入っていることは皆さんご存知だと思います。現在はモバイルサイトの表示スピードは評価には入りませんが、将来的に変わる可能性が高いため注意が必要になります。

 

ちなみにですが、現在Googleが考えるスマホ対応項目に関しては、検索エンジンランキングの評価には入っておりません。

 

まとめ

以下の事が今回のまとめになります。

  • Googleが考えるスマホ対応化を行う
  • スマホ化は検索エンジン評価にはまだ入っていない
  • スマホの検索スピードは検索エンジン評価にはまだ入っていない
  • PageSpeed Insightも利用して自身のサイトをチェックする

私のモバイルスピードが19点なので、早めに改善していきたいと思います。改善方法もまたブログでお知らせできたらと思っております。興味がある方はSNSなどで登録しておいてくださいね。

また、Googleが考えるスマホ対応はおそらく検索エンジンランキングの目玉になってくると思います。なるべく早めに対応しておくことが重要ですね。

最近、大手ポータルサイトがこぞってレスポンシブデザインに変わってますね・・・。

最後までありがとうございました。

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*