モバイルファーストインデックス(MFI)をGoogleが公式ブログで発表!すでに始まっている?

モバイルファーストインデックス(MFI)をGoogleが公式ブログで発表

2016年11月5日(土) にGoogleウェブマスター向け公式ブログで、「モバイルファーストインデックスに向けて」という記事を更新しました。この発表により、計画ではなく確実にGoogleはモバイルファーストインデックス(MFI)への取り組む姿勢を明らかにしました。

モバイルファーストインデックスとは、スマホ対応しているページ(モバイル向けページ)のみをGoogleが評価し、検索結果をランキングするGoogleのアルゴリズム変更のことです。

現時点ではGoogleの検索エンジンはPCの評価を元にランキングを行っているのですが、モバイル向けページの評価のみで順位づけするということです。つまり、PCの評価ではなくモバイル向けページの評価を全検索ページで利用するということです。
ウェブマスターの間では「MFI」と書いてあるものが多いですね。
(詳細は:「モバイルファーストインデックスとは?Googleが計画中!?」の記事で確認してください。)

【目次】
1.モバイルファーストインデックスのGoogle決定事項をまとめ
(1):モバイルファーストインデックスの背景説明
(2):モバイルファーストインデックスに向けてのGoogleの動き
2.MFIのSEO対策で取り組む項目をGoogleが紹介
(1):MFI「変更必要ない」ウェブサイトとは
(2):MFI「変更が必要な」ウェブサイトとは
3.まとめ

SPONSORED LINK

1.モバイルファーストインデックスのGoogle決定事項をまとめ

Googleウェブマスター向け公式ブログ「モバイル ファースト インデックスに向けて」の記事を少しかみ砕いてまとめてみますので、モバイル ファースト インデックスを詳しく知らない方でも分かるように記載してきます。

 

(1):モバイルファーストインデックスの背景説明

  • Google検索のユーザーはほとんどがモバイル端末からの検索である
  • Googleのランキングシステムはディスクトップ版(PC)のコンテンツ評価でランキングをしている
  • モバイルユーザーが見ている検索ページをGoogleアルゴリズムは評価していない

Googleの検索アルゴリズムの評価はディスクトップ版(PC)のみで、モバイル(スマホ)ユーザーが見ているコンテンツを評価していないため、ディスクトップ版(PC)の評価をせずに、すべてモバイル(スマホ)ページの評価をディスクトップ版(PC)と入れ替えてしまおうという取り組みですね。

※この取り組みによってディスクトップ版(PC)の評価は検索から消えることになります。

 

(2):モバイルファーストインデックスに向けてのGoogleの動き

  • すでにモバイルファーストインデックス登録に向けての実験を開始している
  • ディスクトップ版(PC)やアプリはインデックスとして存在させる予定
  • 将来的には、すべてモバイル(スマホ)のコンテンツを主に使用するようになる
  • 重大な変更であることはGoogleは理解しており、慎重に取り組んでいく
  • 今後数ヶ月にわたって小規模の実験を入念に行う

ユーザーに素晴らしい体験を行ってもらいたいGoogleの取り組む姿勢と動きをまとめました。一番気になる点は「今後数ヶ月にわたって小規模の実験」という部分でしょうか。

おそらく現在稼働している検索アルゴリズムの中で小規模の実験を行うと思いますので、変動が予想されます。

完全移行や本番実験の開始を意味しているのかは不明ですが、「PubCon Las Vegas 2016でGoogleのゲイリー氏が発表したモバイルファーストインデックスは2017年4月21日を予定している」という回答はチェックしておきたい部分です。

 

2.MFIのSEO対策で取り組む項目をGoogleが紹介

SEO対策で取り組まなければならない項目をGoogleは紹介しています。上記でもお伝えしましたが、2017年3月末頃までには対応しておきましょう。

 

(1):MFI「変更必要ない」ウェブサイトとは

かつ、コンテンツやマークアップがディスクトップ版(PC)と同じ場合

上記の条件に入っているウェブサイトは変更の必要はないといえます。気を付けなければいけない点としては以下が考えられます。

  • コンテンツを一部「続きを見る」などで隠している場合
  • マークアップ(構造化データ)等がモバイル(スマホ)で非表示にしている場合

上記の場合は、何らかの対処ができるように確認しておくべきだと考えます。なぜなら、スマホの場合、長い文章が良いコンテンツや素晴らしいモバイル体験にならないからとも考えるからです。(これは私の考えです。)

 

(2):MFI「変更が必要な」ウェブサイトとは

主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合には、Googleは(以下の)いくつかの変更を行うように進めています

  • 構造化データがモバイル版とデスクトップ版で同じにする
  • 構造化データの同一性を構造化データツールで確認すること
  • モバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス可能であることを確認すること
  • rel=”canonical” リンク要素を変更する必要はない
  • Search Consoleでモバイル版サイトも登録すること
  • デスクトップ版しかない場合はそのままデスクトップ版でインデックスするとのこと

上記のことを改善として上げています。あくまで、変更が必要なウェブサイトを対象としているので、レスポンシブデザインや動的なウェブサイトではない場合は注意しておきましょう

 

3.まとめ

Googleの公式記事はここまでなのですが、モバイルファーストインデックスで何を対応したら良いのか・・・というウェブマスターの問題としては、モバイル(スマホ)版で非表示にしている部分や出し分けている部分を再度確認することが大事だと考えます。

構造化データ例でいうとパンくずリストなんかはスマホで非表示している可能性が大ですね。私どもが運営するウェブサイトも2割ほど検討しなければならない箇所が出てきそうです。

今は弊社では確認(どの箇所がモバイルで表示されていないのか、デザイン変更をしているのか確認)することに留めています。理由としては時間がたてばもう少し詳細な情報が出てきたりする可能性があるからです。

こういう場合は少し早く動くと大変なのでしばらく様子を見てみるのが得策ですね。

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*