Googleがスマホ対応のSEO対策について回答?その実態とは・・・

Googleがスマホ対応のSEO対策について回答

Googleジョン・ミューラー氏がオフィスアワーで現在注目されているスマホ対応によるSEO(Googleの検索エンジンの変動)への影響について、ユーザーの質問に回答しました。

このページはSEO対策が分からい方のために噛み砕いて掲載しています。参照しているのは、下記動画の翻訳と「海外SEOブログ」さんのページより抜粋している内容です。(いつも勝手に参考にしてすみません。。)

では内容に入っていきますので、翻訳できる方は頑張って翻訳してみてください。

SPONSORED LINK

1.4月21日まで何をすればよいか?

 

スマホ対応だ

「スマホ(モバイル)対応をすればよい!」

4月21日にスマホで検索した場合の検索エンジンの変動が行われる。これは大変動となるであろうことが予想されている。そのためにはスマートフォンで検索した際に以下の画像のように「スマホ対応」の文字がでる必要があるということです。

スマホ対応表示

この「スマホ対応」の文字を出すためには、Googleが提供している「モバイルフレンドリーテスト」に合格していれば表示されますので、早めにスマホ化を進める必要があります。

 

モバイルフレンドリーテスト画面

モバイルフレンドリー合格

ウェブマスター向けに「モバイルガイド」もGoogleが提供しているので、未対応の方はしっかりと確認しておきましょう。また、今回の変更で「ウェブマスターフォーラムのモバイル関連の質問」に問合せと質問が殺到していますね。ある程度こちらも確認することでトラブルがあった場合でも解決することが可能です。

「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されれば、検索結果部分に「スマホ対応」の文字が出るようになります。

 

2.4月21日は決定なの?予定なの?

ジョンミラー

「う~ん・・・予定でしょう(長嶋風)」

今回の4月21日の予告はあくまでも予告になります。今まで予告されて何度Googleにフェイントをかけられたことか思い出してみてください。

4月21日に変動するということはテストマーケティングで1週間前以上にさかのぼってデータを取得するはずです。そのため私が考えるに、3月の末時点ではある程度スマホ対応が完了しておくことが好ましいでしょう。

あくまで伝えているのは実施する期間であって、データを取る期間ではないということです。

 

3.このGoogleの予告変動の影響と変動箇所は?

モバイルだけ

「大変動間違いなし!スマホ検索だけ!」

今回の変動は通常の検索エンジンには影響がない。という形で回答しています。スマートフォンで検索するユーザーのみが対象となります。

つまり、4月21日以降はスマホで検索する場合とパソコンで検索する場合の順位が違うということになります。おそらくですが、この変動はGoogle始まって以来の大変動になるだろう・・・とGoogleの社員もGoogle+でトークしていました。

「モバイル(スマホ)から来る検索が重要でなければ、対策しなくても良い」という発言をジョンミラー氏は言っていますが、スマホからの流入が重要でないわけがありません

SEOペコスマホ流入

当サイトSEOペコの1ヶ月間のスマホの流入データです。これだけSEO対策やアフィリエイトの事だけをブログで掲載していますが、スマホ流入は約20%も存在します。

特に、BtoC向けのサイトの場合はモバイル流入が70%を超えてきます。この対応は欠かせないということになります。

 

4.ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティとの関連性

関連性はある

「関連性はあり、同調している!」

モバイルフレンドリーテストがあるように、ウェブマスターツール内にもモバイルユーザビリティというものが存在する。当サイトでも一度「Googleがウェブサイトのスマホ化適正チェックするモバイルユーザビリティ!ウェブマスターツール機能で登場!」このような内容でご紹介しました。

基本的にモバイルフレンドリーが合格していれば、モバイルユーザビリティもOKになっていますので、基本的には一緒です。

少しややこしいのですが、端末での読み込み時間を調べるGoogleのツール「PageSpeed Insights」は同対策すればよいかと言うことがツイッター上などで話題を呼んでいます。

PageSpeed Insights

現在サイトに行くと「貴サイトはモバイルフレンドリーですか?モバイルフレンドリーテストをぜひお試しください」と出ることから、現在Googleが重要視しているのは「PageSpeed Insights」ではなく、モバイルフレンドリーかどうかであることがわかります。

 

ちなみに診断してみると散々です・・・。

読み込みスピード

100点中16点とは赤点ですね・・・。

今後スマホ対応のシグナルの変化によって順位変動の基準におそらくこのモバイル読み込みスピードは必ず入ってくるでしょう。今から対応しておくことがベストですが、4月21日の変更には関係があまりなさそうです。

スマホの読み込みスピードを上げるプラグインなんか、だれか開発してほしいですね・・・。

 

5.Googleがモバイルフレンドリーを進める理由

Googleジョンミュラー

「そりゃ!使ってる人が多いからやろ!」

米国では、スマートフォン所有者の 94% がローカル情報をスマートフォンで検索しています。 モバイル検索の 77% は自宅や職場で行われています。パソコンがある可能性が高いこれらの場所でモバイル検索が行われているのは興味深いことです。

~一部省略~

お気に入りのスポーツチームに関するブログの作成、劇場のウェブサイトの運営、顧客への商品の販売など、ビジネスの種類を問わずにモバイルは重要となっており、今後もその重要性は変わらないと考えられます。

とGoogleも公式ホームページで伝えています。時代の流れでGoogleの検索も変えていく方針だということですね。

 

まとめ

まとめ

「モバイルSEOをしっかりと確認する。」

今回は分かりやすいようにモバイルフレンドリーテストについて触れていますが、これからモバイル化(スマホ化)される方は、Googleが提供している「モバイルSEO」をしっかりとチェックしておきましょう。以下の内容が触れられています。

GoogleがモバイルSEOで必要なことをまとめてくれていますので、こちらもチェックしながら対応策を練っていく必要があります。私はそもそもスマホからの流入を重視していましたので、現在保有しているすべてのサイトがスマホ対応になっています。

SEOの先読みというよりは、時代背景を理解しユーザーにとって何が良いのかを考えていくと、Google社の一歩先に行けるのではないでしょうか。もっと詳しくは参照させていただいた「海外SEOブログ」さんを参照してください。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:5件

  • 枝川泰士と枝川真理と申します。 says:

    私達は娘と親子で絵を描く仕事をしてます
    HPも試行錯誤でいくつか作りましたが
    なんとか出来たという感じです。
    フェイスブックは娘が開設しています
    沢山の参考になります記事を
    これから少しずつ拝見させていただき
    勉強したく思います。
    ありがとうございます。

  • コメント

    メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

    *