SEOコンサルタント募集中

Googleがスマホ(モバイル)の検索アルゴリズムを2016年5月に強化を発表!

モバイルフレンドリー再アップデート

Googleはスマホ(モバイル)検索結果をより見やすいものにするために、モバイルフレンドリーとしスマホの検索を強化していきましたが、さらに2016年の5月頃に再アップデートを段階的に行うことを発表しました。

現在のモバイルフレンドリーに関しては以下の記事を参照にしてください。

上記は2015年度中の記事になりますが、今からモバイルフレンドリー、スマホのSEOってと思う方は参考になると思います。

 

Googleのアルゴリズムのアップデート発表について

2016年3月17日のウェブマスター向け公式ブログ(日本語版)にて、発表があり、5月頃ということも正確に記載されていました。以下ページの引用になります。

この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。このアップデートにより、モバイルでも見やすいページが検索結果でさらに多く表示されるようになります。

上記のように5月頃から段階的なアップデートを行うため、スマホ化(モバイルフレンドリー)していないウェブサイトは順位が下がる可能性を秘めています

 

では、5月までに何をすれば良いのか

現時点でGoogleが出している答えは簡単です。以下は引用です。

サイトがすでにモバイル フレンドリーである場合は、今回のアップデートによる影響はありません。モバイル フレンドリー サイトについてサポートが必要な場合は、モバイル フレンドリー テストウェブマスター向けモバイルガイドを確認されることをおすすめします。

  • つまり、ウェブサイトがモバイルフレンドリーテストに合格していること

上記のみが記載されています。

自社のサイトがモバイルフレンドリーかどうかは「モバイルフレンドリーテスト」にアクセスして、自社サイトのURLを入れるだけで確認することができます。

モバイルフレンドリーテスト

上画像は当サイトのモバイルフレンドリーをチェックしたものです。「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示が出れば安心です。

また、下画像で「Google Search Console」でもモバイルユーザビリティのチェックが可能なので合わせて行っておきましょう。

モバイルユーザビリティ

  • Search Console > 検索トラフィック > モバイルユーザビリティ

こちらで確認して、5月のアップデートの対策は完了といえるでしょう。

 

まとめと個人的な見解

今回のアップデートはスマホ(モバイル)で検索をするためのユーザーをより検索結果から逃がさないためのGoogleのアップデートだと感じます。いま、スマホのユーザービリティを考えるとAMP(アンプ)もアルゴリズムの1つとして組み込まれる話になりそうですが、こちらは今回のモバイルフレンドリーアップデートとは別物になります

ただ、AMP自体も「スマホページ高速化のAMPは2016年2月に検索公開!ランキング要因となる」で説明したように、検索アルゴリズムとしてアップデートする可能性もあります。

今回の5月に段階的に行われるモバイルフレンドリーアップデートと、AMPは切り分けて考えていた方が良いでしょう。

私たちは、ユーザーが検索した後にどれぐらい見やすくモバイルページを表現できるか、またGoogleのルールにのっとっているかを考えるべきでしょう。最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*