SEOコンサルタント募集中

Yahoo!検索がSSLを導入し検索キーワードが分からなくなる件

Yahoo!検索がSSLを導入

一部のWebマーケティングを行っている方で話題になっているのが、Yahoo!Japan(ヤフー株式会社)の検索エンジン(Yahoo!検索)にSSLを導入することを発表し、2015年8月18日から、その運用を開始しました。

このYahoo!JapanがYahoo!検索にSSLを導入した影響は以下の通りとなります。

  • Yahoo!検索から流入したユーザーのキーワードが分からなくなる
  • GoogleアナリティクスでのYahoo!検索から流入した表示が「参照元」となる
  • 検索アドレスが「http://search.yahoo.co.jp/」 から 「https://search.yahoo.co.jp/」に変更になる
  • よって、セキュリティで保護された通信が可能になる

つまり、今回の検索エンジン(Yahoo!検索)にSSLを導入したことで、Web管理者やWebマーケティングを行っている人にとって、アクセス解析ツールなどでの流入キーワードの取得が難しくなった、ということです。

SPONSORED LINK

アクセス解析でのキーワード分析が困難に

Googleアナリティクスキーワード

実際に現在でも十分に分からないですが(笑)、検索キーワードの部分が完全にクローズドしてしまう可能性がありますね。Yahoo!検索は日本でもシェア1,2位を争う検索エンジンのため、ユーザーの流入キーワードが分からなくなったら困ってしまいますね。

 

キーワード検索はGoogle Search Consoleで確認できる

Google Search Consoleで確認できる

Google Search Consoleの検索アナリティクスを利用することで、クリック数、表示回数などは確認することができますね。

導入していない方は今後のために導入しておきましょう。

 

今後のキーワードに対するSEO対策についての考え

今後の考え

「こう思うんだけど、どうかなぁ・・・」「まじで!」

ウェブマーケティングを行っていく中、またSEO対策を行っていく中でユーザーからのニーズをキャッチする作業は重要なウエイトをしめています。

実際には、ブログの記事やウェブサイトのページを追加する上で、検索ユーザーがどのようなキーワードで検索をするのか想定、分析をしながらタイトルを決めている方も多いのではないでしょうか。

 

流入するキーワードが完全にわからなくなったら?

もし、流入するキーワードが完全に分からなくなってしまったら、困る方はたくさんいると思いますが、私はこのように考えます。

Googleが推奨していますが、検索されるユーザーのニーズに合わせて検索キーワード設定をページに行うことはもちろん重要ですが、自社のウェブサイトのページにどんな意義を持たせることができるか、どんな見解を説明することができるかなど、よりウェブページとしてのクオリティを上げていくことが、今後のSEO対策において重要になるのではないでしょうか。

 

最近のウェブページ作成に関して

実際に、最近では主要キーワード「SEO対策」などは、もちろん検索ワードとして取り入れますが、その他のキーワード設定に関しては、このページで何を書いたか、ということを重視してタイトル設定をするように心がけています。

米国ではすでにYahoo!のSSL化が先に進んでいましたが、SEOコンサルタントは減りませんね。未来を見ながら、より良いウェブサイトを構築していきたいものです。最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:3件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*