SEOコンサルタント募集中

旬なキーワードやトレンドを調べる・探す8の方法

旬なキーワードやトレンドを調べる・探す

サイトアフィリエイトを行っていると旬なキーワードやトレンドと縁が切れないですね。それは、旬なキーワードやトレンドになれば検索数が上昇し、大きな収益が見込めるからです。

今までなかった言葉などがはやった時に、上位表示されていれば、爆発的にアクセス数が見込める事や、旬なキーワードやトレンドといっても1年間を通じて、相当のアクセスが見込めます。

このページでは、旬なキーワードやトレンドを探す方法を思いつく限り掲載しているページです。是非行ってみてください。

SPONSORED LINK

1.Googleトレンド

旬なキーワードやトレンドを調べる

サイト:Googleトレンド

Googleトレンドは検索人気ランキングを表示してくれる優れたマーケティングツールです。私も結構ヘビーに利用しています。例えば、SEO対策というキーワードが過去から現在までどれぐらいの推移で検索されているかが分かります。

ここでさらにプラスな事としては、人気なキーワードと注目のキーワードが分かるということです。

このデータを利用して日々SEO対策に役立てたりしているとともに、旬なキーワードの発掘とトレンドの発掘を行っています。急上昇中のキーワードで上位表示できれば、かなりのアクセスは見込めますね。

 

2.Yahoo!トレンド

旬なキーワードやトレンドを調べる

サイト:Yahoo!トレンド

Yahoo!トレンドの場合は結構利用用途があります。トレンドアフィリエイトを芸能人向けにやっている人はかなりヘビーで利用している人が多いですね。

人物系の絞り込みや月単位、日単位での確認、リアルタイム確認などを行います。日本ではYahoo!を利用している方が多くいますので、こちらもGoogleと同じくチェックするトレンドです。

Yahooのトレンド

なぜ、トレンドになったのかをプチ説明してくれるので、必要な情報だけを確認するようにします。芸能人名が出てくると「ああ!やらかしたな!」って思ってしまいますね。

 

3.Yahoo!の虫眼鏡

Yahoo!虫眼鏡

赤枠で囲ってある部分になります。検索の絞り込み補助になりますね。これもYahoo!検索ユーザーはクリックしやすいので、キーワードを選定するときに、トレンドとして利用します。

もちろん、キーワードは変更になるので、日々チェックします。

 

検索結果の下にも表示されます

検索虫眼鏡

検索結果の下にも表示されるので、こちらもチェックします。

Googleの検索エンジンでも同様に出てきますが、こちらはクリックする人が少ないため、参考程度にとどめています。

 

4.Amazonの本を参考にする

アマゾンランキング

サイト:Amazon

できれば、大きな本屋さんに行きたいですが、私の場合、Amazonのビジネス書で絞り込み、さらに人気順に並べ替えます。世の中で何が流行しているのか、何が認知されているのか、世の中のビジネス上のトレンドが分かります。

本当は本屋に1時間ぐらい眺めて行いますが、本屋1つで世の中の動きを察知することができます。

是非行ってみてください。

アマゾンビジネス本棚

インターネットを眺めているだけでも、「こんなことに悩んでいる人が多いのか」であったり、「これが人気があるのか」というのが分かります。

主にビジネスモデルを考えたり悩んだときに眺めます。

 

5.Yahoo!リスティング広告トレンド予想

Yahoo!リスティング広告トレンド予想

サイト:Yahoo!リスティング広告トレンド予想

あまり知られていませんが、Yahoo!の検索エンジン連動型広告から配信されているトレンド予想は見ておくべきですね。実際に当たっているケースが多いですし、その月の旬なキーワードとトレンドが非常によく分かります。

本当に知らない人も多いので、チェックした方が良いです。

リスティングキーワード予想

私はプロのリスティング広告の友人に教えてもらいました。

現在10月ですが、すでに2015年1月の情報も開示されています。過去のデータベースを含めて予想しているようです。

 

6.Googleキーワードプランナー

キーワードプランナー

サイト:Googleキーワードプランナー

こちらは定番ですね。

検索ボリュームを確認するときに利用します。すべてのキーワードを調べた後に、どれぐらいの検索ボリュームがあるのか、また人気のキーワードの関連キーワードってどんなキーワードがあるのかを調べます。

関連キーワード

月間検索ボリューム×3倍で市場の検索数と近しい数になりますので、例えば500検索でも月間で1,500検索あることになります。少し注意が必要ですね。

また、お金はかかりませんが、Googleアドワーズの登録をしないと利用できませんので注意!

 

7.ブログ系でトレンドが調べれるサイトをまとめ

ブログ系もトレンドや旬なキーワードを調べるのに適しているものが多いです。キーワードがばちっと分かるわけではありませんが、どのよなタイトルのつけ方が人気か、どのような記事がアクセスを集めやすいかなどを調べるために利用していきます。

もちろん、全部を利用している訳ではありません。

 

8.その他、使えるYahoo!のサービス

Yahoo!のサービスは意外に利用することができます。ケースバイケースで利用している時が多いですね。

Yahoo!ニュース速報などは、トレンドを行う時にヘビーに利用していました。

 

まとめ

その他にも色々使えるトレンドサイトはあると思いますが、サイトを運営する上で使いやすいものを選びました。また、実際に私が利用しているものを厳選していますので、是非確認をしてみてください。

良いトレンド情報があったら是非教えていください。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント:1件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*