友人Aが商品(サプリ)を売るLP(ランディングページ)を作りたいと言ってきた話

売るLP(ランディングページ)を作りたい

いつも、新しい商売を常に探している・・・(と思われる)友人からLP(ランディングページ)を作ってくれないか、サプリを売りたいから集客してくれないかと相談を受けたときの話をお伝えします。

結論からお伝えすると、作らない、作れないことになってしまったのですが、こんなパターンでウェブビジネスを考えている人も多いのではないでしょうか。面白程度に参考にしてみてください。(個人同士の会話に聞こえるかもしれませんが、法人取引のお話です・・・。)

SPONSORED LINK

そもそも、”売りたい”から話は始める

サプリをウェブで売れないかなぁ?

友人A「ペコ君、サプリをウェブで売れないかなぁ?」

と、まぁこんな風に唐突な相談から始まりました。
時代はサプリ

友人A「ペコ・・・お前は知らんと思うけど、時代はサプリちゃうか!」

(サプリ流行ったのだいぶ前だよね・・・)

美容系のサプリメント商品はウェブサイトを通じて商品化して売れていた記憶がありましたし、酵素やダイエット商品などは、女性に人気があるのが現状です。そこで、私は以下のように回答しました。

売れると思うよ

ペコ「サプリ?まぁウェブサイトで売れると思うよ!(わかんないけどね)」

安易に回答をしてしまったのが、大きな間違いでした。

友人Aはそれでテンションが上がったのでしょう。次の一言目には手伝ってという言葉が返ってきました。

報酬はいくらほしいん?

友人A「じゃあペコ手伝ってや!報酬はいくらほしいん?」

(バブリーな話ですが、全然バブリーではありませんので、あしからず。)

さて、ここまでお話を見た方も、話を聞いていた私も疑問に感じました。「いったい何を売るのか?(何のサプリ?)」「いったい何を手伝うのか・・・?(報酬って?)」Webマーケティングを行っているというだけで、基本的には魔法使い発想をしてくる方もいます。(相談すれば集客できると・・・)

友人Aもたいがい、その発想なのでしょう。仕方ないので詳しく聞くことにしました。

 

サプリを売るって何のサプリ?

サプリにもいろいろ種類があります。私と友人Aの関係上、友人Aが何かしらのサプリを開発したという可能性は0%なため、誰かに売ってほしい等で頼まれたのではないかと思いました。私はどんなサプリかおそおそる背景を伺いました。

売れずに悩んでんねん

友人A「サプリを作った人がいて、売れずに悩んでんねん!」

ああ、そうだよね。やっぱり友人Aがサプリ作ったわけじゃないよね。

時代は医療やで

友人A「ペコは知らんと思うけど、時代は医療やで医療!」

そうなんだ

ペコ「うん・・・そうなんだね・・・ははは・・・」

どんなサプリで、どんな状態なのか

友人Aの情報がばれてしまうので、少し簡単に説明すると以下の通りです。

  • 病気に効くサプリらしい
  • そのため、少し表現によっては薬事法が絡むと思われる
  • サプリを作ったのは、その道の権威の人らしい
  • 売価は12,000円(税抜)
  • 売った額の6割を友人Aは貰えるらしい
  • 友人Aは私に売ってもらい、自分はつなぐだけで楽に収益を得ようとしている
  • ホームページは現在なし、サプリも発明したばかり・・・

上記のようなサプリで上記のような状態でした。

 

では、商品(サプリ)はどうやってウェブで販売するのか

どうやって売るのか

(ペコ思考中)

サプリに限ったことではないですが、企業から、または経営者から「商品をウェブサイトを使って積極的に販売していきたい」という相談はお受けします。繰り返しますが、私は魔法使いではありません。(当たり前ですが・・・)

今回のサプリの話を聞いた段階でウェブサイトの集客方法は以下のことが思いつきました。

考えたこと 懸念点
ホームページは? ・作成する費用は?
・LPなのかHPなのか?ブログ調なのか?
集客方法は? コンテンツマーケティング
広告でのウェブ集客

 

集客方法に関しての思考

コンテンツマーケティングをした場合、コンテンツを書き続けなければならないため、友人Aが続くわけもありませんでしたし、サプリの売価は高いものの、売れる商品かどうかの選定もままならないので頭の中で、却下しました。

一番手っ取り早くチャレンジできるのは、LP(ランディングページ)を作成して、広告を打つことです。LPを作成した段階である程度商品の内容は網羅できますし、その上で、リスティング広告、SNS広告、DSP広告、またはチラシなどを考えても良いかもしれないと思いました。

 

その他危険だと思われること

危険だと思われること

(引き続き思考中)

  • 商品の発送はそうなるのか?
  • クレームを受ける場合はどの誰が受けるのか?
  • 電話対応やメール対応など質が高く可能なのか?
  • ウェブで申し込みを行った時の決済システムはどうなるのか?
  • そもそも、LPは誰がプロデュースするのか?
  • 薬事法のチェックはできるのか?
  • 誰が責任を持って運営するのか?
  • その報酬で採算が合うのか?
  • サプリはそもそも本物なのか?
  • 広告費は持ち出しだろうなー
  • 決済システム付けたときに、誰が代表で契約するのか・・・

などなど、様々な問題点が頭の中に浮かびました。病気に効くサプリなので、私が実際に試してみることもできません。そのため私はその時以下のように思いました。

駄目だ

ペコ「(駄目だ、決めなければいけないことが多すぎる・・・、そして手間がかかる・・・友人Aは丸投げだ・・・やんわり断ろう・・・)」

上記のように考えました。この時、時間にして30秒程度だと思いますが、友人Aは相談してくるぐらいなので、見えていない問題が多すぎます。取りあえず提案ベースで話を進めることにしました。まずは、確認をしました。

管理とかどうするの

ペコ「決済の管理と商品管理・発送・連絡対応とかってどうするの?」

どうするの?

友人A「(決済)何それ?発送と連絡ぐらいするんちゃう!?」

うん、駄目だ。決定だ。と感じました。

 

まずはLP(ランディングページ)を作ってみたらと投げかける

ページ作ってみたら

ペコ「ウェブで集客するにはHPがいるから。LPをまずは自分で作ってみたら?」

LPって何

友人A「LP?LPってなに?」

LP(ランディングページ)の概念は少し曖昧ですが、「ユーザーが着地するページ」を意味します。一般的には1枚ペラのリスティング広告を打つとに利用するのがLPといえます。「ランディングページ集めました」というウェブサイトがあるので、分からない方はこちらを参考にしてください。

私はその中でも、サプリを販売しているLPをいくつか紹介して、まずは友人Aに作成させてみようと思いました。

 

LPの作成の値段

LPって何

友人A「ふーん!これって作るのにいくらぐらいかかるん?」

高くてこれぐらい

ペコ「そうだね、安くて5万とか10万とか、高いと50万とか80万とかだよ」

そのそのLP作成する場合の値段は以下のような構成だとは思います。

  • デザイン制作費用
  • コーディング費用

上記が一般的で、分かっていれば良いデザインでも10万円ぐらいで作成可能だったりしますが、分からない方は以下の費用が発生します。

  • ドメイン、サーバー周りの費用
  • ワイヤーフレーム等のコンサルティング費用
    (集客のストーリーなどの集客コンサル費用)
  • 文章等の費用
  • (一様、SEOも考えた場合の構成費用)

などなど、LP作成は分からないと、おそらくは50万以上はかかるでしょう。そこにドメイン費とサーバー費、さらに分からなければメンテナンスの保守費用も掛かってくるわけですので、問題が多いですね。

 

その後の会話をお楽しみください

一通り時間をかけて、以下に自分で行うのが難しいか、行わないなら費用がかかるのかを説明しました。

パスするね

ペコ「んー俺パスするね。」

どーしたらやってくれる

友人A「どーしたらやってくれるん?」

利益難しいから

ペコ「・・・・・・・物販はメーカーじゃないと利益とかが難しいからね~。」

仕組み作っても売れる気しない?

友人A「仕組み作っても売れる気しない?」

そうだね

ペコ「(いや、だからその仕組み、俺が作るんでしょ・・・)そうだねー。」

俺の時代

友人A「そっか・・・俺の時代やと思ったんやけどな・・・」

まとめ

ウェブユーザーやSNSユーザーを利用して集客したいと願う企業は沢山あります。ただ、それが本当に集客が可能なのか分からず、費用をかけることすらできない企業も多く存在しています。

営業マンを1名雇うように、ウェブも簡単に集客、契約が出来る時代ではなくなっていますね。営業マンのように、努力し、汗をかき、足を運ばないと成果が上がりにくいです。また、「お金を払えば集客できる。」と思っている方もいますが、間違いではないですが、続きません。こちらも、PDCAサイクルを回さなければ費用対効果が合わなくなるでしょう。

このページでは、「ウェブで売るのは簡単ではない」ということをお伝えいたしました。

投稿写真の「友人A」および私「ペコ」の写真はフリー写真のウェブサイト「ぱくたそ様のフリー写真」を利用させていただきました。ありがとうございます。

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
当サイトにお越しいただいてありがとうございます。株式会社peko(ペコ)の代表をしております。 趣味にならないように・・・企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*