SEOコンサルタント募集中

お金を使わずに無料でインスタグラム(Instagram)で宣伝・広告する5つの対策とは?

無料でインスタグラムを広告する対策

体験された方や知っている方も多くいらしゃるとは思いますが、最近、お店で商品を購入したりサービスを受けたりすると、会計時にそのお店のSNSアカウントを自分のSNSに、友達として追加することで、割引をしてもらえたりするサービスが増えています。

お店にとっては、実際にお店で買い物をしていただいたお客様に、SNSアカウントを登録してもうことで、効率的にターゲットを絞って情報が発信できます。

しかし、SNSで公式アカウントを作ったり、宣伝を行うことは、もちろん料金が発生します。そこで、今回は、SNSの中で、今、急成長している「インスタグラム」を利用して、いかにお金をかけずに宣伝できるかを考えてみます。

SPONSORED LINK

1.そもそもインスタグラムとは?

そもそもインスタグラムとは?

近年、若者世代に人気となっているインスタグラム。近年では、宣伝に活用する企業も増えていています。では、そもそも、インスタグラムとはどう言ったものでしょうか。

 

インスタグラムは画像や動画の無料投稿・共有アプリ

インスタグラム(Instagramとは、自分で撮影した画像や動画を、友人や不特定多数の人に、無料で共有できる、モバイルアプリのことです。自分が投稿した画像やアプリは、Feedと呼ばれる領域に一覧表示され、Twitter、Flickr、Facebookといった他のSNSにも簡単に共有することができます。

 

2.アカウントを作成したらまず投稿

アカウントを作成したらまず投稿

インスタグラムを活用して、できるだけコストをかけずに宣伝するためには、まず、アカウントを作成して、投稿をしなければ何も始まりません。

 

とりあえず投稿を100件してみる

インスタグラムで、アカウントを作成したら、まず、100件を目標に、投稿をどんどん行いましょう。ここで投稿するのは、お店の雰囲気やピーアールしたい商品、サービスなどに関するものです。なぜ、いきなり、100件も投稿をする必要があるのかというと、投稿数が10とか20しかないアカウントだと、アカウント自体の賑わいが欠け、ターゲットとなるユーザが、フォローしてくれる可能性が減ってしまうからです。せっかく、アカウントにターゲットとなるお客様が来てくれたとしても、投稿が全然なければ、フォローする気になりません。そのため、とりあえず、100件を目安に投稿を行い、アカウントを充実させ、その上で、フォロワーを増やすための対策を行っていきましょう。

 

慣れてきたら、量より質に変更

投稿数が100を超え、フォロワーもある程度集まってきたら、次は、質の高い投稿を行うことが大切です。質の高い投稿というのは、商品やサービスのより詳細な情報が分かるものや、投稿する画像や動画に加工や編集を加えたものです。もちろん提供する商品やサービスによって、見せ方などは変わってきますが、できるだけお客様が興味をそそられるような投稿を目指して工夫を行いましょう。

 

3.ターゲットを決めていいね♡をしよう

ターゲットを決めていいね♡をしよう

インスタグラムには「いいね♡」というボタンがあります。このボタンは、Facebook等と同じ仕組みで、自分がいいなと思った投稿や、お気に入りの投稿に対して、ユーザが押すことのできるものです。

インスタグラム上では、投稿した画像や動画の左下に♡「ハート」のマークがありますので、そこを押すことで、♡「ハート」が赤くなる仕組みです。

「いいね♡」を押すと、相手に「いいね♡」が押されたこたが、通知されるため、相手に、こちらのアカウントを知ってもらういいチャンスとなります。そのため、「いいね♡」を活用することは、フォロワーを増やすことにつながります。

 

10代〜30代をターゲットとした宣伝にオススメ

インスタグラムの利用者のほとんどは、20代以下の若者世代です。2015年度のインスタグラムの利用率は、20代以下で16%、30代で7.8%、40代で3.5%、50代で2.0%、60代では0.5%となっています。(参照:総務省 第2部 ICTが拓く未来社会)

また、20代以下のユーザに関しては、女性が若干多いものの、男性でもインスタグラムを利用している方が多く見られました。しかし、30代については、男性ユーザはわずかで、ほとんどが子育てを行う主婦であることが場合が多いです。なぜ、30代の子育てを行う主婦が多いのかというと、子供の成長をアップしていたり、家事の合間に息抜きやストレス解消として、利用していることが多いためです。

そのため、インスタグラムでの宣伝に適しているのは、10〜30代に向けた商品やサービスが効果的です。

ターゲットであるユーザのインスタグラムに、積極的に「いいね♡」を押すことで、まずは興味を持ってもらうことが大切です。

 

4.ハッシュタグを活用しよう

名称未設定 2

インスタグラムには、他のSNSでも活用されている「ハッシュタグ」があります。「ハッシュタグ」というのは、「#○○○」という形で、#の後ろにその画像や動画、記事に関する言葉を入れるもので、同じ「ハッシュタグ」をつけている画像や動画、記事は、検索画面などで一覧できるようになっています。

 

専用ハッシュタグを作る

「ハッシュタグ」というのは、「#○○○」の形になっていれば、誰でも活用することができます。そのため、「#ブランド名」「#ブランド特有の言葉」といった広告専用ハッシュタグを独自につけることで、お店のアカウントを探してもらいやすくできます。

 

人気のハッシュタグを使用する

また、ハッシュタグには、ユーザが多く使用する人気のハッシュタグというのがあります。例えば、「#カコイイ」「#かわいい」といった感情を表すハッシュタグや、「#東京」「#○○公園」と言った場所を表すタグはよく使用され、検索する人も多いため、人気のタグと言えます。また、宣伝や広告で活用されるハッシュタグとしては、「#人気」「#最新」「#オススメ」などが多く使用されおり、検索されやすくなっていますので、使用すると良いでしょう。

また、ハッシュタグを利用する際に、専用のハッシュタグと人気のハッシュタグを合わせて使用することで、アカウントへのアクセス数をより伸ばすことができるようになります。

 

5.人気のあるフォロワーをフォローする

人気のあるフォロワーをフォローする

インスタグラムで、自分のアカウントのフォロワーを増やすためには、人気のあるフォロワーをフォローすることが大切です。

芸能人のフォローから始めよう

近年では、多くの芸能人がインスタグラムを利用しています。芸能人のインスタグラムのフォロワーは何万人にもなる場合があるため、まずは芸能人のフォロワーとなることで、その芸能人からその芸能人をフォローしているターゲットユーザのページに飛び、いいね♡やコメントを行いましょう。芸能人の投稿に、「スパム」と呼ばれる悪質な書き込みを行ったり、コメント欄を使って宣伝を行う企業などもありますが、近年では、そう言った投稿は、あまり効果もなく、迷惑にしかならないのでやめましょう。

フォロワーの多い人は積極的にフォロー

芸能人でなくても、人気のあるフォロワーは積極的にフォローしましょう。いいね♡と同じように、フォローしたことは相手に通知されますし、その人をフォロしている他のユーザにも、自分のアカウントを知ってもらうチャンスとなります。

 

まとめ

今回は、どうすればお金を使わずにインスタグラムで宣伝ができるかについて幾つか考えてみました。インスタグラムは、年々利用が増えてきているSNSとなりますので、SNSで宣伝を行いたいと考えている方で、特に10代〜30代をターゲットにした商品やサービスを提供されている方は、インスタグラムの利用をお勧めします。今回ご紹介したやり方の他にも、様々なやり方があると思いますので、興味がある方は是非、さまざな方法を実践してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Edit

[Google Ads and peko]

この記事を書いた人

ゆぅゆ

ゆぅゆ
今年の3月末まで現役女子大生でした。 自由人とよく言われますが自分では普通と思っているタイプ。 最近は自分が運動音痴のためかスポーツ選手が輝いて見えてしょうがない。 九州田舎生まれの22歳。丸の内でWebライター頑張っていきます。

コメント:2件

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*