Google+とFacebookとWordPressコメントをホームページに同時に表示し、ユーザーに選んでもらえるプラグイン

Google+とFacebookとWordPressコメントプラグイン

本日はGoogle+とFacebookとWordpressコメントをホームページに同時に表示しユーザーに選んでもらえる夢のような神プラグインをご紹介します。検索して見つけたときは本当に神だと思いました。

SEO対策の観点でGoogle+を利用している方は多いので、コメントもいただきやすいですね。

下画像のようなプラグインになります。

  • プラグイン名:Comments Evolved for WordPress
  • 用途:SNSのコメントを複合して利用したい場合に使用
  • 設定難易度★☆☆☆☆(超簡単)
  • 速度:導入での速度遅延は見られませんでした
  • バグ:使っていて大きなバグはありませんでした
  • 難あり:Google+の余白が気になる

 

Google+コメント埋め込み

現在当サイトで実装していますが(記事の一番下です)、Google+のコメント欄の下に変なスペースが入り、少し気持ち悪いので、現在修正中ですが、私がまさに探していたプラグインなのでご紹介します。

SPONSORED LINK

プラグイン:Comments Evolved for WordPress

Comments Evolved for WordPress
プラグインダウンロード:Comments Evolved for WordPress

もちろんワードプレスの検索画面からでも検索することができますので「Comments Evolved for WordPress」で検索を行いましましょう。

プラグイン検索

プラグインを有効にして、次は設定を行います。

通常の設定場所から、セッティングできるので、下画像のように探してみてください。

プラグインの設定

 

Comments Evolvedの使い方と設定

プラグインを導入するだけで、基本的には表示されますので、分からない方はそのままでも特に問題ありません。

Comments Evolved設定

英語が苦手な方のために1つ1つ確認をしていきますね。カスタマイズ設定が可能です。是非参考にしてください。

①Tab Orderの設定

設定方法

こちらはコメント枠を表示させるジャンルを決める機能です。デフォルトでは「gplus,facebook,wordpress」になっています。

設定が可能なコメント機能は以下の通りです。

  • Google+    ⇒「gplus」と入力
  • Facebook  ⇒「facebook」と入力
  • Livefyre  ⇒「livefyre」と入力
  • Disqus  ⇒「disqus」と入力
  • WordPressコメント  ⇒「wordpress」と入力
  • トラックバック  ⇒「trackback」と入力

 

上記のような内容と入力が必要になります。

フェイスブックを一番に持ってきたい場合は「facebook,gplus,wordpress」と入力すると順番が変わります。

 

②Disqusと③Livefyrsの設定

初めて聞く方は無視して問題はありません。コメント機能になります。下記に参考サイトをのせていますので興味がある方は調べてください。

・Disqus「高度なコメントサービス、「DISQUS」をWordPressに導入する
・Livefyrs「5分でわかる Livefyre コメントの導入方法と使い方

 

④lcon Themeの設定

プラグイン導入時は「Default(デフォルト)」の設定になっています。アイコンの色合いを白黒に出来る機能になります。通常はデフォルトで問題はありませんが、サイトのテイストに合わせて変更できます。

 

⑤Hide Iconsの設定

アイコンを消すことができる機能になります。

特に使うことはないので、チェックを外しておきましょう。

 

⑥Comment Area Labelの設定

コメント設定

Comment Area Labelはコメント欄の上部に好きなタイトルが付けることができる機能です。

例えは「え?!コメントくれるの?うれしー」などを記入しておけば良いでしょう。使う必要はあまりなさそうです。プライマリー部分の<h4>タグのデザインに合わせて出るようです。<h4>なのでSEO的にも適してはいると思いますね。

 

⑦各種Labelの設定

アイコンの文字

アイコンの横にコメントを付けれる機能です。分かりやすくなりますが、幅の取るので注意ですね。

特に利用しない機能ですかね。全て入れないとアイコンの表示位置が悪くなるので注意ですね。カッコよく英語で入れるのが良いでしょうか。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*