SEOコンサルタント募集中

ホームページ上に他のサイトの画像を自動で簡単に埋め込めるプラグインBrowser Shot

他のサイトの画像を自動で簡単に埋め込めるプラグイン

サイトアフィリエイトを行う上で、利用しておきたいプラグイン「Browser shot」をご紹介いたします。

  • プラグイン名Browser shot
  • 用途:画像加工不要でリンクが簡単に貼れる
  • 難しい設定:★★★☆☆(普通)
  • 速度:プラグイン導入後に速度の変更はありませんでした。
  • バグ:使っていて大きなバグはありませんでした
  • 難あり:少しカスタマイズが必要になります。その方が使いやすいです。

[WPCR_INSERT]

SPONSORED LINK

Browser shotインストール後

browser-shot

普通にインストールが終われば、下記エディタ上に写真のアイコンが表示されます。それをクリックし、横幅サイズを決めると、下記のようになリンク画像が出現し、非常に導入は簡単です。

 

Browser Shotの利用

[browser-shot width=”300″ url=”http://seopeko.com/”]

このような形で簡単にショートコードが発行され、リンクを行うことが可能です。

ただ、初期設定ではリンクをポップアップさせる「”target=”_blank”」のコードが入っていませんので、この仕様のカスタマイズが必要になります。

 

この点だけ何点なので、カスタマイズしていきます。

 

Browser Shotのカスタマイズ

browser-shots.php

プラグイン>プラグインの編集>Browser Shot

上記を選択して、管理画面へ進みます。

「browser-shots/browser-shots.php」を選択して、下記の記述がある部分を探してください。

if ( !empty( $image_uri ) )の場所です。

 

下記が変更前のコードです。

if ( !empty( $image_uri ) ) {
$image = '<img src="' . $image_uri . '" alt="' . $alt . '" width="' . $width . '" height="'.$height.'"/>';
return '<div class="browser-shot"><a href="' . $url . '">' . $image . '</a></div>';
   }

 

下記が変更後のコードです。

if ( !empty( $image_uri ) ) {
$image = '<img src="' . $image_uri . '" alt="' . $alt . '" width="' . $width . '" class="alignnone" />';
return '<div class="browser-shot"><a href="' . $url . '"target="_blank">' . $image . '</a></div>';
		}

$urlの後ろに、「”target=”_blank”」のコードを入れれば、リンクがポップアップに変更になります。

 

アフィリエイトリンクで利用する場合

アフィリエイトリンクをURLに入れさえすれば、リダイレクト先の画像情報が表示されるので、「browser-shots」のプラグインはやはり便利が良いです。

エディタ内の変更なので、ホームページのスピードに害を与えるわけではありませんので、導入しておきたいプラグインの1つです。

リンク先のサイトリニューアルの場合もリニューアル画像を読み込んできますので、ユーザーに新鮮な情報を届けることも可能になります。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK
NNアナリティクス

Edit

この記事を書いた人

辻 昌彦

辻 昌彦
以前はSEOペコの名前で活動をしていました。今では株式会社peko(ペコ)のサイトを東京丸の内で運営しております。 企業や個人の方になるべく役に立つようなSEOの記事、Webマーケティング関連の記事を配信していきますので、よろしくお願いします。

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*