年代別の看護師転職

30代の看護師転職!おすすめ看護師転職サイトは?キャリアプランと職場を考える

30代の看護師転職でお伝えしたいことは、決して焦った転職活動を行わないことが大切です。

自身のライフプランとキャリアプランを整理し、自分自身に合った職場を見つけ、転職する理由や仕事の目標を明確にし、転職活動を行いましょう。

30代の看護師転職で考えるキャリアプランや、利用してほしいおすすめの看護師転職サイト、転職成功へ向けて準備してほしいことを解説していきます。

目次

30代看護師の転職事情:キャリアを見つめ直す時期

30代看護師の転職事情:キャリアを見つめ直す時期

30代看護師の転職事情について確認していきましょう。

30代看護師転職は一番迷いが出やすい

30代は看護師としての経験も、10年を超えてくる方もおり、知識や技術もそれなりに増えてきます。

看護師として一人前である事はもちろん、後輩への指導役割やチーム内のリーダー役割、管理者と若手の間に立ちチームの潤滑油の役割などが期待されやすいでしょう。

  • 職場での責任も増えてくる
  • 子育てが一番忙しい時期に突入する
  • 自分自身の生活や今後を考えるようになる
  • キャリアアップを目指すかどうか迷う
  • 夜勤の仕事に躊躇する
  • 周りに家庭持ちの友人が増えてくる

以上のことから、30代看護師は特に迷いの連続となる場合があります。

特に「このままで良いのだろうか」と考える看護師の方は、転職を考えるタイミングとも言えます。

30代看護師転職のタイミング

30代での看護師転職は、今後のキャリアを決めるターニングポイントとなりやすく、転職先の病院・施設も即戦力の看護師として見てくれるため、キャリア形成が行いやすい傾向にあります。

そのため、以下のようなタイミングで転職することをおすすめします。

  • 現在の仕事が給与・年収と見合っていない場合
  • 業務を通してスキルアップができていない場合
  • 今後のキャリアアップが目指せない場合
  • 結婚・育児などで生活スタイルが変わる・変更したい場合

注意点としては、ただ年収などの希望条件に合う看護師求人を探すのではなく、今後のキャリアや看護師としての自分の働き方を考え転職活動を行いましょう。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

例えば「ずっと病院に勤務していたから、介護施設などで働いてみたい」などの希望でも良いですが、今後の看護師としてのキャリアプランが見えていない場合は転職を繰り返してしまう傾向にあります。

年齢による転職のデメリットは少ない

一般的に30代の後半になると、転職する職場や条件が限られてしまい、30代前半で転職活動を促される場合が多いと言えます。

しかし、看護師の場合30代はもちろんのこと、40代・50代・60代でも転職することが可能になり、焦る必要はありません

美容クリニック希望の場合

※30代の看護師で「美容クリニック」を希望する場合は、こちらの「美容クリニックへの転職でおすすめ看護師転職サイト5選」を確認し、転職活動を行いましょう。

平成30年のナースセンターが出している「看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書」では以下のような結果が出ています。

24歳以下3.6%(2,439人)
25~29歳10.2%(6,878人)
30~34歳10.4%(7,013人)
35~39歳12.9%(8,692人)
40~44歳15.7%(10,591人)
45~49歳14.9%(10,083人)
50~54歳12.9%(8,722人)
55~59歳8.8%(5,966人)
60歳以上10.7%(7,213人)

上記のデータでは、40代で転職を行っている看護師が一番多く、30代は転職に迷う時期だからこそ自分自身のビジョンを明確にしておく必要があるといえます。

また、一般的な看護師転職でのメリット・デメリットは以下を確認してください。

看護師転職のメリット・デメリット

30代看護師転職が難しくなるケース

30代の看護師は、一般的に中堅として転職先にも重宝される年代でとなります。

しかし、30代看護師で転職が難しくなるケースがあり、以下の通りです。

  • 看護師として臨床経験が少ない場合
  • 転職回数が多い(目安3~4回以上)場合
  • 面接時に看護師としてのやる気を感じられない場合

特に30代前半の看護師が何度か転職経験している場合、平均在職年数は3年未満になります。

その場合、転職先には「長続きしないのでは?」と思われてしまうことや、クリニックや介護施設と職場を変更している場合でも、「経験がある看護師であり即戦力」として扱われるため、最初のうちは働きづらさを感じます。

そのため、慎重に転職するように心がけてください。

どんな理由で30代看護師は転職を決めるのか?

30代の看護師は主に以下の理由で転職を決める場合が多いと言えます。

  1. ライフイベント・家庭との両立が大変なため
  2. 勤務体系に負担があるため
  3. 残業が多いため
  4. キャリアアップを希望するため
  5. 仕事内容を変更したいため
  6. さらなる年収アップをはかりたいため
  7. 人間関係に疲れたため
  8. 待遇の改善が見られないため
  9. プライベートを充実させたいため

病院に勤務する看護師の退職理由の本音」で紹介している看護師の退職理由にも同様なものがあり、家庭との両立が一番の転職理由であることがほとんどです。

また、大学病院や規模が大きい病院などの場合、20代の看護師が多く、自分だけ「早く帰りたい」「休日にまで病院に行かなければいけないのは困る」などを伝えられないことから、転職時期を迎えるケースが多いでしょう。

30代前半と後半の看護師転職で求められること

30代の看護師は即戦力として転職先に思われることが多いですが、30代前半と30代後半では多少の違いがあります。

転職活動に向けて、看護師自身が転職先にどのように思われているかを知っておきましょう

30代前半・看護スキルや職務経験を求められる
・今後スタッフをまとめていく役割を期待される
・分野未経験でも採用されやすく求人が多い
30代後半・看護スキルや職務経験を求められる
・新しい環境への順応性が求められる
・リーダー役割を期待される
・ゆくゆくは管理職を望まれる
・未経験の分野も可能だが求人の幅は狭くなる

また、30代の看護師は同僚が上記のようなことを記載するケースもあり、特に未経験の分野に転職する場合は注意が必要だと言えます。

しかし、未経験分野の場合、年齢を重ねるごとに看護師の価値が下がってしまうかと言うと、そうでもありません

しっかりと、看護師の経験を積むことが出来ていれば40代で未経験の分野に挑戦する方も多く、焦らずに転職活動を行うことが大切です。

30代看護師で転職を後悔する場合

30代看護師で転職を後悔する場合

30代の看護師が転職で「失敗した」と後悔する場合をご紹介します。

多くの場合は情報収集不足や検討を行っていないことによって起こりうることとなるため、確認しながら注意しましょう。

また、以下でご紹介する以外に30代看護師が転職を後悔する理由としては以下のことも挙げられます。

  • 年収にこだわりすぎて転職活動を行うこと
  • 転職の動機が曖昧なこと
  • 自分一人だけで転職活動をすること

年収アップだけを考えてしまうと、その他のことがおろそかになり、「実はあまり良くない病院・施設だった」と再度転職を繰り返してしまうのは良くある話です。

以下で30代看護師が後悔しないために注意しておきたいことを確認しておきましょう。

先のことを考えずに転職してしまうこと

「看護師だから転職先は多いだろう」「仕事がなくなることはないだろう」と先のことを考えずに転職活動を行うと失敗して後悔することが少なくありません。

転職を繰り返してしまう原因にもなりますし、転職を失敗したことによって「看護師を一度辞めて、ゆっくりと考えてみよう」「看護師をもう辞めたい」と思う方もいます。

そのようなことにならないために、30代の看護師転職だからこそ、計画的にスケジュールを考えて転職活動をすることが大切です。

一度、自己分析を改めて行い、自分が行いたい看護・分野や今後の方向性を検討しましょう。

看護師転職前の自己分析

新人看護師のような気持ちで転職すること

30代の看護師は、例え未経験の分野でも採用側から見るとキャリアを積んだ看護師として、そして10年以上働いてきた社会人経験者として認識されます。

そのため、新人看護師のような気持ちで、

  • 病院・施設側が学べる環境を用意してくれるだろう
  • 教えられていないことはやらなくて良いだろう
  • 入職した新人だから責任なんて一切ないだろう

以上のことを思い転職を行うと周囲からも認めてもらいにくく、転職に後悔する可能性があります。

例えば、仕事を依頼され「教えてもらってない」と自己主張するようなことは注意し、実務の中で看護スキルを磨く努力と、新しい職場で結果を出すことを考えて行動しましょう。

今までの看護スキルと関係ない転職を行うこと

特に30代後半の看護師に注意が必要ですが、今まで看護師として働いてきたものの、

  • オフィスワークを経験してみたい
  • OLとして一度働きたい
  • 保健師として一度働いてみたい

など、自身のイメージだけで新しい分野に挑戦すると転職を後悔する看護師が多いと言えます。

例えば、「患者さんを看護することが好きだったのに、オフィスワークでは会話もなくパソコン業務ばかり」と不満が出ます。

今までの看護スキルと関係がない転職を行う場合は、仕事内容などをしっかりと確認の上、希望やイメージだけで転職しないように心がけましょう。

すべて当たり前だと思って転職すること

例えば、今まで病院勤務しか行ったことがない30代の看護師の方や、病院勤務で初めて転職活動をする方は、看護師の仕事内容や、働く環境、福利厚生が当たり前だと思って転職すると後悔する傾向があります。

30代の看護師転職では、病院だけではなく介護施設や、訪問看護ステーション、クリニックなども選択肢に入ってきます。

そのため、

  • 福利厚生の内容は当たり前だと思っていた
  • 賞与は毎年固定されて支給されることが当たり前だと思っていた
  • 看護師の仕事内容は看護業務のみだと思っていた

以上のような、あなたの当たり前は、勤務していた病院だけの当たり前であり、実際に転職では一つ一つ確認していく必要があります。

職場経験が少ない看護師の方は、自分の当たり前を捨てて、確認しておくことが大切です。

30代看護師転職はキャリアプランに合わせて職場を選ぶ

30代看護師の転職は人によりキャリアプランやライフプランが大きく違うことが特徴です。

そのため、バリバリ看護師として働き続けたい方もいれば、すでに子育てがひと段落して復職を考える方や、プライベートを充実させるために転職を考える方もいます。

以下のパターンに合わせて、働く職場を検討してみましょう。

育児と家庭の両立を考える場合

育児と家庭の両立を考える場合

育児と家庭の両立を行う場合、働きやすい職場を選択することが大切ですが、まず自分が行いたい看護や分野をまずは定めてみましょう。実際に行ってみたかった分野でも構いません。

看護師として定年まで働き続ける場合、最低でも20年~30年は看護師としての仕事を行います。そのための通過点として考えてみましょう。

また、育児と家庭の両立を考え職場を選択する場合は、以下のような職場が最適です。

  • 看護師の残業が少ない職場
  • 休みを取得しやすい職場
  • 子育て中の看護師が多い職場
  • 看護師の短時間正社員制度がある職場
  • 院内託児所・院内保育等がある職場
  • 自宅から30分以内の距離にある職場
  • 土日・祝祭日が休みである職場

院内保育施設がない場合でも、転職する際は職場や近くに託児所・保育所・学童保育等、があるかどうかも確認しましょう。さらに詳しい施設等に関しては、以下を参照してください。

家庭・子育てと仕事の両立できるポイント

育児後の復職を行う場合

小さい子どもを持つ看護師や、産後の復職で転職活動を行う場合、子育てが生活の中心となるため、子供の急な体調不良などでも休みやすい職場がおすすめです。

  • 総合病院の外来勤務
  • 残業がないクリニック
  • 高齢者施設の日勤

以上が向いており、なるべく自身が行いたい分野も考慮した上で、日勤のみ勤務を選択しましょう。

日勤は看護師のスタッフ数が多く、急に子どもの用事で休みを取りたい場合でも、同僚の負担が最小限で済み、平日日勤のみの勤務だと土日に行われる子どもの行事に参加しやすいこともメリットです。

看護師のブランクが長いと感じる方は、以下も合わせて確認してください。

ブランク明けの看護師の復職マニュアル

管理職を目指す場合(ジェネラリスト)

管理職を目指す場合(ジェネラリスト)

ジェネラリストとは複数の領域で経験があり、幅広い知識が求められる看護師であり、様々な分野で経験を積むことが必要です。

管理職の看護師を目指す場合、

  • 看護師の経験を積むために転職を行うこと
  • 管理職や管理職候補を募集している施設へ転職すること

以上の2点が管理職看護師、ジェネラリスト看護師の道となります。

看護師の経験を積むための転職

将来的に、管理職を目指す場合に看護経験を積みたい場合、

  • 職場内で異動希望や転職を経験し、外科・内科病棟の両方を経験する
  • 循環器で心電図が読めるようになるまで働く
  • 現在の職場から転職し、リハビリ病院や地域看護で働く
  • 急変の対応ができる(ACLS取得など)

以上の知識が必要な場合が多く、これらの知識を習得するまでには長い時間がかかります。

そのため、同じ分野で3年以上は働き、転職や異動を行い他の病棟で働くということを繰り返すと、病院全体の経験は長くなり、昇級の可能性も高くなります。

転職先としては部署異動が可能な比較的規模が大きな病院を選択しましょう。

ジェネラリストという資格はないため、明確に何年の経験が必要とは言えませんが、幅広い知識を持ち、臨機応変に対応できる方がジェネラリスト看護師といえます。

管理職候補を募集している施設への転職

すでに経験が豊富な看護師の場合は、管理職として転職することも可能です。

主に、以下の施設で管理職看護師又は、管理職候補を募集している場合が多いといえます。

  • 200床以下の病院
  • 介護施設(老健・特養)
  • 訪問看護ステーション

ただし、外部から看護師を管理職として採用する場合、周囲のスタッフがあまり良い気分にはならないことから、求人は看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の「非公開求人」となる場合も多く、転職エージェント利用は必須と言えます。

看護の専門性を高める場合(スペシャリスト)

看護の専門性を高める場合(スペシャリスト)

専門性を高めたい場合は急性期病院で自分自身が伸ばしたい分野に転職すると良いでしょう。

特に、日本看護協会の認定看護師専門看護師を目指している場合は、どちらも看護師として5年以上、専門領域で3年以上の経験が必要となり、興味がある分野では3年間は働くことがおすすめです。

看護師自身が伸ばしたい分野に転職する場合は、面接時や入職後に積極的に勉強会への参加、企画、リーダー業務をする、師長へ興味があることをアピールしておくと、外部の勉強会に声をかけてもらえることや、研修のために休みをもらいやすくなることもあります。

認定看護師や専門看護師の支援制度

認定看護師や専門看護師の支援制度が充実している病院も現在増えており、将来的に取得したい看護師は「支援制度」が整った病院が良いでしょう。

しかし、支援制度は病院や施設が独自に行っているものであり、支援の内容が様々あるため転職時には注意が必要です。

そのため、認定看護師・専門看護師支援制度の転職前の確認事項としては、

  • 専門分野への配属の確認(異動の有無の確認)
  • 支援内容の詳細の確認
  • 資格取得までの費用負担についての確認
  • 支援制度を受けるための条件の確認
  • 大学進学で休む場合の給与の確認(専門看護師)
  • 資格取得後に働き続ける必要があるかの確認
  • 資格更新費用や更新時の確認

以上のことを最低限でも確認しておきましょう。

注意点としては、支援制度を受けるために、その病院での勤務年数が必要であることや、資格取得後に看護師のロールモデルとして一定期間は働かなければならないことなどが挙げられます。

特に専門看護師の支援を行っている病院は少ないため、必ず看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を利用し、条件面を確認しておきましょう。

新しい分野チャレンジする場合

新しい分野チャレンジする場合

30代の看護師で新しい分野チャレンジをする場合、必ず以下の下調べを自身で行っておきましょう。

  • 具体的な仕事内容を確認すること
  • 職種や分野・業界の将来性を確認すること
  • 段階的なキャリアが積めるか確認すること
  • 現在の看護スキルを出来る限り活かすこと

以上のことが大切です。

病院看護師から介護施設の看護師の場合は看護スキルを活かすことや、看護師の職種は変わらないため、比較的チャレンジしやすいでしょう。

しかし、例えば、IT業界へ看護師と言う資格を利用したライターへの転職など、「異業界」・「異職種」に転職する場合は、上記の注意点をしっかりと確認しておきましょう。

プライベート優先する場合

プライベート優先する場合

特に30代前半の看護師の方でプライベートを充実させるために、自分の時間を重視することが可能な職場に転職する場合も少なくありません。

30代の看護師がプライベートを優先する場合、転職希望条件は以下のような点に注意しましょう。

年間休日120日以上(多ければ多いほど良い)
休日制度4週8休以上(4週9休、4週10休がおすすめ)
有給消化率60%以上(高ければ高い方が良い)
※2020年度の病院勤務平均は60.5%
休暇産前産後休暇、育児休暇、慶弔休暇、有給休暇は必須
※土日祝日休みはなお可
※特別休暇(誕生日休暇、記念日休暇等)があれば尚可
時間外労働残業無しが好ましい(月10時間以下目安)
交代制夜勤がある場合、自由な時間が増える2交代制を選択
勤務地自宅から30分圏内
給与・賞与看護師の平均年収の近似値を狙う
・平均年収:4,918,300円
・平均賞与額:857,500円

プライベートの時間を確保するためには、残業が少ない職場が向いている一方、給与なども充実している必要があります。

具体的な職場や、さらに詳しくは以下を確認しておきましょう。

プライベートが重視できる看護師の職場6選

妊活を行いたい場合

妊活を行いたい場合

20代でバリバリ看護師の仕事を行い、気づけば30代前半・後半になってしまう看護師も実際には多いのではないでしょうか。

看護師として働きながら妊活を行う場合、夜間に体をしっかり休め、パートナーとの時間を大切できる転職先を探すことが必要となり、働きやすい職場は以下の通りです。

  • 子どもを持つ看護師が多い職場
  • 人手が十分にある職場
  • 産休や育休実績が多い職場
  • 働き方が変更できる職場

また、心身しやすい身体を整えるために、身体に影響を与える可能性がある部署や働き方は、避けた方が良いといえます。

さらに詳しくは以下の内容を確認しておきましょう。

妊活中の看護師の転職注意点!

看護師を辞める・引退する場合

看護師を辞める・引退する場合

看護師の仕事や様々な家庭の事情で、看護師を一時辞める・引退する方も30代には多いと言えるでしょう。

過去に行われた厚生労働省の「看護職員就業状況等実態調査結果」によると、約8割の看護師が続けたいと思う一方、全体の約6割が退職を経験しています。

ご存知のように医療は日進月歩のため、一度看護師としてブランクが空いてしまうと、復帰するためにも努力が必要となります。

家庭の事情以外で看護師を辞めたいと考えている30代の看護師は、

  • 一度自分で希望求人を探してみる
  • 看護師転職サイトを利用して条件にあった求人を紹介してもらう

以上のことを行い、本当に看護師を一度辞めるかどうかを再検討しておきましょう。

希望条件にあった職場でやっぱり辞めたいと考えた場合でも、後悔なく看護師を辞めることが出来ます。

30代看護師の転職成功への準備

30代看護師の転職成功への準備

30代看護師が転職する場合、成功するために準備しておきたいことをご紹介します。

キャリア・ライフプランをしっかりと描くこと

30代の看護師は、仕事面で管理する立場になりやすく、女性も多いことから結婚、出産、育児のライフイベントが多く発生する年代です。

  • 自分の今後ライフプランに合わせて職場を選ぶこと
  • 合わせて看護師のキャリアプランも考えること

以上のことを整理しておくことが大切です。

看護師が働きやすい職場や希望の職場を探すためにも必要ですが、採用担当者も30代の看護師がどのようなプランを描き仕事に取り組むのかを知りたいと思うからです。

看護師としての自己分析」も大切となりますが、30代の看護師はプライベートとキャリア両方の目標や家族イベントを年表などに記入し、整理しておくと良いでしょう。

転職先の情報収集をしっかりすること

病院や施設などに転職する場合、同じ30代の看護師がどのような働き方をしているのかを確認し、転職先の情報収集を行うことが大切です。

特に以下の情報を整理しておきましょう。

  • 看護師の仕事内容
  • 働く環境
  • 看護師の待遇やキャリアアップ
  • 子育てなどの制度
  • 経営理念や看護方針
  • 看護師やスタッフの人間関係
  • 採用する看護師に求められること

病院・施設のホームページで分からないことは、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)などを利用し、第三者から情報収集すると良いでしょう。

また、「採用する看護師に求められること」は、必ず確認しておきましょう。病院・施設側が管理職候補を求めている場合、子育て中や妊活中、復帰したばかりの看護師の場合、働いてミスマッチが起こる可能性が高く、早期退職につながる可能性があります。

情報収集は、病院・施設へ転職するかどうか意思決定するための重要のポイントとなり、さらに、情報を集めることで履歴書や職務経歴書、面接時に自分がアピールしなければならないことが分かるはずです。

そのため、30代の看護師転職は情報収集を優先して行うことを心がけましょう。

譲れない希望条件をはっきりしておくこと

30代の看護師転職は、上記で説明したようにライフプランやキャリアプランが看護師によって大きく異なります

そのため、以下の考えを持って候補となる転職先を探しましょう。

  1. 転職する理由を明確にすること
  2. 転職するための希望条件をすべて出すこと
  3. 希望条件から譲れない条件の候補を出すこと

また、転職する理由は「転職することで何を得たいのか」を考えましょう

例えば、キャリアアップや、プライベートの充実、希望する分野の看護や、自分が好きな仕事をしたいなど、具体的に出しておきましょう。

転職する期間に余裕を持つこと

看護師として働いている場合、転職するために必要な期間はおおよそ3ヶ月前後です。

出来れば、転職する期間に余裕を持ち、4ヶ月・5ヶ月以上の余裕ある期間内に看護師転職を行いましょう。

転職活動を繰り返さないためにも、じっくりと自分にあう職場を探し、少しでも悩む点があるのであれば、他の職場を探す期間を設けておきましょう。

30代の看護師転職は、転職先の病院や施設とのお見合いのようなものです。

そのため、看護師側も希望条件に合った職場を探しますが、採用する側もなるべく雇用側の条件に合う看護師を採用したいと考えます

出来る限り転職活動には余裕を持った状態で、職場を選択することを心がけてください。

転職エージェントをフル活用すること

30代の看護師転職では、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)をフル活用することを考え、自分一人で転職活動は行わないようにしましょう。

30代の看護師が活用する理由としては以下のことが挙げられます。

  • 転職希望条件が多い場合でも求人が見つかりやすい
  • 条件だけでも病院・施設などを提案してくれる
  • 院内・施設内情報を教えてくれる
  • キャリアアップにつながる可能性が高い
  • 長期的なキャリア形成の相談に乗ってくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接設定や手続き等の代行を行ってくれるため楽
  • 好条件で入職するための交渉をしてくれる
  • 退職に関するアドバイスももらえる

自分自身にマッチした求人や職場に出会うためには、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)の活用は欠かせません。

さらに、希望条件が多い場合は、看護師転職サイトは一か所だけではなく複数の転職サイトを利用して職場を探すことがコツで、同じ希望条件でも紹介される求人に違いがあります。

担当者との相性もあるため、30代の看護師転職では必ず複数の看護師転職サイトを登録しておきましょう。

30代看護師におすすめの看護師転職サイト

30代看護師におすすめの看護師転職サイト

30代の看護師におすすめの看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)を厳選して5つご紹介します。

希望にある看護師転職サイトを選択し、2つから3つ程度無料会員登録を行っておきましょう。

1.看護のお仕事「30代看護師に人気!」

看護のお仕事

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
総合評価担当対応求人の質サービス
3.94.13.64.0
サイト名看護のお仕事
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数128,656件
(2022年1月4日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
雇用形態
常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応
診療科目
内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

看護のお仕事は、病院・クリニック・美容クリニック・介護施設等の看護師求人情報が、他のサイトと比較してダントツに多いことが特徴です。

また、パートや派遣、正職員など様々な雇用形態を検討している30代看護師に人気が高く、実際には評判も良いです。

転職支援サービスも充実していることから、30代看護師転職では必ず利用しておきたい看護師転職サイトです。

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

2.マイナビ看護師「丁寧な転職のプロ!」

マイナビ看護師「丁寧な転職のプロ!」

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸2重丸2重丸2重丸
総合評価担当対応求人の質サービス
3.83.93.73.7
サイト名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数55,441件
(2022年1月4日時点)
非公開求人とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネージャー
対応
雇用形態
正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応
勤務形態
常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応
診療科目
美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

看護師転職サイトを複数登録した方は共感できると思いますが、看護師転職サイトによっては担当者の対応が悪い場合があります。

マイナビ看護師は、どの地域で利用しても担当者の教育が行き届いており、丁寧に親身に転職活動の相談から、完了までサポートしてくれます。また、提案される求人も言葉も客観的に意見を伝えてくれるため、本当の意味で良いコンサルタントです。

30代看護師の方で、忙しくて転職活動に気が回らない方は、必ず利用しておきましょう。

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

3.ナースではたらこ「希望条件の求人が見つかる」

ナースではたらこ

転職相談面接対策条件交渉退職相談
まる2重丸2重丸三角
総合評価担当対応求人の質サービス
3.73.83.53.8
サイト名ナースではたらこ
運営会社ディップ株式会社
公開求人数93,931件
(2022年1月4日時点)
非公開求人豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
勤務形態
常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院・施設へ転職可能な逆指名転職がある

ナースではたらこは非公開求人が多く、管理職や管理職候補の転職を考える30代看護師の方に向いています。

また、少しでも条件面を良くしたい看護師にも利用しておきたい看護師転職サイトです。

担当者は、転職のパートナーというよりはコンサルタントのため、時には厳しい意見も伝えられる場合もありますが、看護師が自身の市場価値を知るためには最良の転職エージェントと言えます。

公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

4.ナース人材バンク「介護施設求人はココ!」

ナース人材バンク「介護施設に強い!」

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸マル2重丸三角
総合評価担当対応求人の質サービス
3.73.83.53.7
サイト名ナース人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エスキャリア
公開求人数58,921件
(2022年1月4日時点)
非公開求人とても豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師、看護学生
対応
勤務形態
常勤、日勤のみ、夜勤あり、夜勤のみ、非常勤
対応施設病院、クリニック、訪問看護、企業・学校・保育園、居宅介護支援事業所、有料老人ホーム、地域包括支援センター、デイサービス事業所、訪問介護事業所、グループホーム、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者専用住宅、デイケア事業所、ショートステイ事業所、小規模多機能、訪問リハビリ事業所、訪問入浴事業所、介護療養型医療施設、看護小規模多機能居宅介護
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・非公開求人が豊富
・大規模病院、介護施設の求人が豊富
・希少価値が高い求人も多い

特に介護施設関連で看護師求人を探す場合、ナース人材バンクをおすすめします。

他の看護師転職サイトにはない、介護施設求人も全国的に豊富で30代看護師で転職する場合の選択肢が広がります。

病院やクリニックも同時に探せるため、介護施設の希望がある方は必ず登録しておきましょう。

公式サイト:https://www.nursejinzaibank.com/

5.MCナースネット「家庭との両立に最適!」

MCナースネット「新しいチャレンジはココで!」

転職相談面接対策条件交渉退職相談
2重丸マルマル三角
総合評価担当対応求人の質サービス
3.63.73.43.7
サイト名MCナースネット
運営会社株式会社メディカル・コンシェルジュ
公開求人数14,675件
(2022年1月4日時点)
非公開求人とても豊富
対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
雇用形態
常勤、派遣、非常勤・パート、委託
対応施設病院、クリニック、訪問看護、デイサービス、訪問入浴、介護施設、企業、コールセンター、ツアーナース、巡回健診、学校・保育園、行政、イベント、薬局、その他
対応エリア北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴・全国26拠点
・派遣と常勤(正社員)求人に強い
・全国の求人が豊富
・基本的にほとんどが非公開求人

MCナースネットは、基本的に派遣を行っている看護師転職サイトです。

ただし、正職員の求人も保有しているため、看護師のキャリアプランやライフプランに合わせて提案してくれます。

復職を希望される30代の看護師の方や、家庭との両立を検討している方は一度利用しておきましょう。

公式サイト:https://mc-nurse.net/

関連リンク

年代別看護師転職

まとめ

30代で看護師転職を行う方は多く、看護師になってから定年を迎えるまで、ずっと同じ職場で働く看護師は意外と少ないです。

転職活動では、こちらに書ききれないほど様々な障害があると思いますが、一旦立ち止まって転職に向き合い考えていくことも大切です。

また、30代はライフイベントが多く、「自分に合った看護師としての働き方」として見つけていくのもこの先長い看護師生活をしていく中で重要なことです。

自分に合う職場を選びながら、転職した先でどれだけ自分自身に目標をもって仕事ができるかも合わせて検討してください。

看護師転職にはデメリットもあります。

だからこそ、そのデメリットも納得できる転職先を探し、新しい職場で少しでも長く勤められることが理想です。

みなさんが、「ここに転職してよかった」と思えて、楽しく働ける職場に出会えるよう、キャリアプランとライフプランを合わせて考えていきましょう。

参考文献等

関連記事

最新コンテンツ

看護師の転職準備

看護師転職求人

看護師転職サイト

看護師の履歴書

看護師の病院・施設見学

看護師の面接対策

看護師の退職

看護師の内定・入職

看護師転職後の悩みやトラブル

年代別看護師転職

看護師のライフスタイル別転職

勤務先別の看護師転職

TOP

株式会社peko

法人番号:4010001168708

〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F

 

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。